thum outfortheday

thum outfortheday

事前に防げる?ゴルフの背中が痛む原因と直し方

ゴルフのプレー中やプレー後に背中に痛みを感じて、辛いと思っている人もいるのでは?背中が痛む原因は、体に負担がかかるプレーをしていることが多いです。今回はゴルフで背中が痛む原因と直し方についてまとめました。

2017-02-20 00:00:00

背中が痛む原因

thum _jameshenderson_

ゴルフは、体に負担がないスイングをすれば背中が痛みません。体が上手く動かないままスイング練習を何回もしてしまうと、背中に負担がかかり痛みの原因になってしまいます。

ゴルフのスイングは、前傾姿勢や体の回転などを行うので体に負担がかかりやすくなります。背中に痛みを感じるのは、「過度な練習のやりすぎ」「ストレッチや準備体操不足」「極端な手打ち」などが原因です。

ゴルフのスイングは背骨に沿った筋肉で姿勢を保つ役割の筋肉、肩甲骨を背骨側に引き寄せる役割の筋肉を使用することが多いので、背中の左側を痛める場合が多いです。猫背の人は肩甲骨の動きが悪くなりやすいので、注意が必要です。

フィニッシュは逆C型でなく、I字型にする

thum keijoka

背中の痛みを軽減するには、スイングの終わりの動作を意識しましょう。スイングのフィニッシュは主に2種類あり、「逆C型」「I字型」があります。

逆C型は体がまっすぐな状態でフィニッシュできていなく、逆Cの字のように体が反っているフィニッシュです。I字型は、スイングを終えた時に頭から足までI字のようになっているフィニッシュです。逆C型は体が反っているので、I字型と比べて背中や肩を痛める原因になります。

I字型のフィニッシュにするには、フィニッシュ時にほぼ全ての体重を左ありに乗せる必要があります。

背中が痛まないスイング方法

thum akimhassan

体に負担がかからないスイングをすることで、背中に痛みを感じずにプレーできます。体幹を意識してスイングすることで、体に負担がかからないスイングになります。

スイング時はグリップを優しく握り、バックスイングは右側の鎖骨で引き上げるよう意識してスイングをしましょう。目線はクラブヘッドの最下点を見ます。ボールに対して飛ばしたい気持ちが体のバランスを崩れさせるので、リラックスしてスイングをするよう心がけましょう。

ストレッチで痛みを改善

thum

背中の痛みは、上体の筋肉に緊張が左右で偏っていることが多いです。ストレッチで筋肉の緊張をほぐせます。ストレッチの方法は次の通りです。

1. 両手を上に上げ、上げにくい手を確認
2. 上げにくい手を上げ、反対の手で手首を握り、握った手の方向にゆっくり体を倒す
3. 3~4呼吸後、体を元に戻して手を下ろす
4. 反対側も同様にストレッチをする

体を横に倒すときは、体をねじらないようにしましょう。回転が加わり背中に負担がかかります。脇腹を伸ばすイメージでストレッチをしましょう。

背中の痛みを感じながらゴルフをプレーするのは、苦痛です。しっかり準備体操やストレッチをしてプレーしましょう。

▼ この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます!

1.「ゴルフが上達しない人に共通する4つの原因」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1023/

2.「どこが違うの?プロゴルファーと素人のスイングの差とは」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1028/

3.「ゴルフスコア100を切れない4つの原因」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1029/

thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

GolfPlus編集部

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る