thum matt.wuerth

thum matt.wuerth

初心者必見!ゴルフで飛距離が伸びない2つの原因

飛距離が伸びないと悩んでいる方も多いのでは?飛距離が伸びない理由は、大きく分けて2つあります。1つはヘッドスピードの問題、もう1つはインパクトの問題です。今回は、飛距離が伸びない原因をまとめました。

2017-02-20 00:00:00

飛距離の決まり方

thum andyrobertsgolf

飛距離がどうやって決まるのか知っていますか?理論上、飛距離は (ボールの初速)×4 で決まり、ボールの初速は「ヘッドスピード」と「ミート率」で決まります。

スイングの際、クラブヘッドがボールに当たる瞬間のスピードが「ヘッドスピード」で、その力がどれだけうまくボールに伝るかを示す数字が「ミート率」です。

飛距離が伸びないのは、ヘッドスピードとミート率が低いからです。ヘッドスピードを上げて、ミート率が上がるようなインパクト(ボールへのクラブの当て方)を身につければ飛距離を伸ばすことができます。

原因1:ヘッドスピードが足りない

thum christopherhowardgolf

ヘッドスピードの遅さは、飛距離が伸びない原因の1つです。ヘッドスピードは腕力だけが重要だと思われがちですが、コツをつかめば力の弱い方でも十分なヘッドスピードを出せます。実際、女子プロゴルファーのヘッドスピードは約40m/s、男子アマチュアゴルファーのヘッドスピードも約40m/sと、男女の筋力差があるにも関わらず同程度です。

アマチュアの中には、腕力があるのにヘッドスピードが遅い人もいます。スイングのスピードとヘッドスピードは必ずしも一緒ではなく、クラブを思い切り振りまわすだけではヘッドスピードは上がりません。

クラブを振り上げるスピードや振り下ろすときのスピードより、ボールに当てる瞬間(インパクト)のスピードを意識しましょう。

原因2:インパクトの質が悪い

thum keijokay

ヘッドスピードが上がっても、クラブの芯で打てなければ飛距離は伸びません。インパクト(ボールが当たる瞬間)の質が悪いと、クラブの芯を捉えられず、ヘッドスピードがボールに伝わりません。

インパクトがうまくいかない原因は、スイングです。速く振ることだけを意識したスイングは、ボールにうまく当たらなくなり、ミート率が下がってしまいます。

当たる瞬間にフェース(クラブのボールに当たる面)が開きすぎる、ヘッドがボールにまっすぐ当たらないことで、ボールがあらぬ方向に飛ぶことがあります。当然、ボールに力は伝わらず、コントロールも失われ、飛距離は大きく落ちます。

インパクトの質を上げるには、ボールに当たる瞬間を意識し、丁寧なスイングを心掛ける必要があります。

まとめ

thum saiminrichard

飛距離が伸びない原因を大きく分けると、「ヘッドスピードの問題」と「インパクトの問題」の2つです。どちらも、スイングの見直しで改善できます。

まずは、正しいスイングを身に着け、1打1打丁寧に打つことを心掛けてみましょう。レッスンを行っているゴルフ練習場も多数あり、スイング指導のレッスンもあります。飛距離に不安のある人は、1度レッスンを受けてみることをおすすめします。

スイングを改善して、飛距離アップを目指してみては?

飛距離が伸びない原因について
もっと詳しく知りたい方はゴルフレッスンへ!
レッスン検索はこちら!

▼ golfplusレッスン検索サイト
http://golf-plus.jp/lessons/

▼ この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます!

1.「疑問を解決!女性のゴルフ初心者のためのマニュアル」
http://golf-plus.jp/articles/detail/177/

2.「初心者必見!これだけはダメなゴルフの4つの打ち方」
http://golf-plus.jp/articles/detail/240/

3.「スコアを伸ばしたい人必見!初心者が上達するために意識したい4つのこと」
http://golf-plus.jp/articles/detail/249/

thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

カッキー

ゴルフに興味を持ち始めた大学生です!練習してタメになったことやこれだけは覚えておきたいことなどをまとめます!

ゴルフに興味を持ち始めた大学生です!練習してタメになったことやこれだけは覚えておきたいことなどをまとめます!

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る