• ホーム > ゴルフの基本 > ドライバーでよく起こる?ゴルフのショット時に起きるスライスってなに?

thum kamk725

thum kamk725

ドライバーでよく起こる?ゴルフのショット時に起きるスライスってなに?

カップまでの距離が長いホールでは、ドライバーを使って一打目の飛距離を稼ぐ事が有効です。しかし、ドライバーでのショットはアイアンに比べてボールの軌道が曲がってしまうスライスが起こりやすいです。

2017-02-20 00:00:00

ドライバーでスライスが起こる原因とは

thum thegolflovers

ドライバーでのショットは、長い飛距離を出す事が出来る反面、ボールが左右に曲がってしまうスライスが起こりやすいです。スライスが起こってしまう原因として最も多いのが、飛ばそうとする事に意識が集中するあまりに、身体に力が入ってしまうのが原因です。

ドライバーはシャフトが長いため、アイアンに比べてスイングのタイミングが遅れてしまう可能性が高いクラブだと言えます。また、クラブがボールに当たる瞬間にフェースが開いてしまうことにより、スライスが出やすくなります。

ドライバーでスライスを防ぐためには

thum jachicn2

ドライバーでのショットの際に、スライスが起こらないようにするためには、アドレスを見直す事が大切です。ショットの構えの段階で、普段よりも左足に近い位置にボールを置くことによって、ボールがクラブに当たるタイミングをずらすことができます。

ドライバーでのショットのたびにスライスが出てしまう人は、ショットの際に右足の近くにボールを置いていないか確認する事が大切です。右足の近くにボールを置いてしまうことによって、クラブを振り下ろした瞬間にインパクトしてしまいますので、タイミングの悪いショットになってしまいます。

使用するクラブの種類を変えてスライスを防ぐ

thum jsmedina07

ショットの際のフォームも打球の行方に大きく影響しますが、ゴルフクラブの種類を変える事によってスライスが減る事も多いです。例えば、フェース角やシャフトの長さを自分の好みに調節する事ができるクラブも市販されていますので、試し打ちを繰り返す事によって自分に合った物を選択すると良いでしょう。

ボールをまっすぐ飛ばすためには、ボールの芯を上手にとらえることが最も重要ですので、少し打点がずれてしまったとしてもある程度の距離を稼ぐ事が出来るドライバーを選ぶと安定したショットができます。

ドライバーのキックポイントを意識しよう

thum adrian_joseph88

ドライバーを使う時に最も意識するべき点は、キックポイントの位置です。キックポイントとは、シャフトがしなる位置を意味し、どの位置をしならせるかによって飛ぶ方向は大きく変わります。

初心者の場合は、シャフトの先端部分がしなるドライバーを選ぶことで、簡単にボールを上げることが出来ます。ボールを簡単に上げる事が出来れば、打球の飛ぶ方向の調整を意識する事が簡単になります。そのため、初心者であっても力を使わないドライバーショットが可能になるため、スライスが起こりにくくなります。

もっと詳しく知りたい方はゴルフレッスンへ!
レッスン検索はこちら!

▼ golfplusレッスン検索サイト
http://golf-plus.jp/lessons/

▼ この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます!

1.「初心者必見!ドライバーショットを安定させる3つの方法」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1129/

2.「OB予防に!フェアウェイウッドでティーショットを打つ方法」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1246/

3.「ドライバーは必要?苦手なゴルフクラブをなくすには」
http://golf-plus.jp/articles/detail/247/

KEYWORD/TAGKEYWORD/TAG ショット ミス スライス
thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

レッド

最近ゴルフを初めた社会人です。ゴルフをやっていく中で役に立つ知識や、練習していて思ったことをまとめていきたいと思います!

最近ゴルフを初めた社会人です。ゴルフをやっていく中で役に立つ知識や、練習していて思ったことをまとめていきたいと思います!

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る