thum

thum

初心者でも安心!ゴルフコースでの1日の流れ

ゴルフをしてみたけど、1日の流れがわからない。そんな人に初心者のコースデビューの流れを紹介していきます。コースデビューの流れを知ることで、ゴルフをより身近に感じることができるはずです。どのようにゴルフの1日は流れていくのでしょうか?

2015-11-15 12:24:07

ゴルフ場につくまでが大切です

thum

初心者のコースデビューはゴルフ場についてからではなく、着く前の行動も重要になります。慣れないことも多いと思うので、プレイ開始の1時間前にはゴルフ場に着いているようにしましょう。ゴルフ場のスタッフがクラブなどを運んでくれる場合もありますが、セルフで運ばなければならないところもあり、チェックインに時間がかかってしまう可能性もあります。遅れるとほかの人の迷惑になってしまうので、時間に余裕をもってチェックインや着替えを済ませて待っているようにしましょう。こうした余裕のある大人の時間を楽しむのもゴルフの醍醐味でもあるのです。それを忘れないようにしましょう。これが終了したら、次はスタート準備になります。これも大切な時間なので疎かにしないようにしましょう。

10分前にはスタートホールに

thum

スタートホールにいる時間は10分前が基本的です。時間はきっちり始まるのは珍しく、前後する場合が多いためです。ゴルフのプレイは4人1組で行うことが多いため、その空き時間を利用して参加者とコミュニケーションを取るのも良いでしょう。グリーンの状態を知るためにパット練習などをしておくと安心です。また、時間に余裕があるなら、コース内の練習場で感覚を養っておくこともおすすめします。特に初心者は初めてのコースデビューで緊張している事が多いので、この時間を利用し身体をプレイに慣らしておくようにしましょう。マスター室窓口にはスコアカード、鉛筆、ボールマーカー等必要な道具が用意されています。こうしたスコアカード、鉛筆、ボールマーカー等を忘れるとプレイの流れが悪くなってしまうので絶対に忘れないようにしましょう。

いよいよゴルフのプレイが開始されます

thum

スタートホールに着いたら、4人で順番を決めゴルフを楽しみましょう。順番を決めるくじ引きはその場に用意されています。会場には乗用カートを置いているゴルフ場も多いため、移動の際にはこれを利用すると便利です。ただし、運転操作には十分注意しましょう。
こうして準備が整ったら、アナウンスの合図と同時に、ようやくプレイが開始となります。午前の部では、半分となる9ホールまでを周るのが一般的です。目安は、9ホール2時間となっていますので、素振りなどで時間をとりすぎないように注意しましょう。

昼食から後半戦に突入します

thum

午前のプレーが終わった後は40~60分程度の休憩時間に入り、昼食をとります。ちなみに、お昼休憩をとらずに一気に18ホールを周ることもありますが、これをスループレーと言います。昼食が終われば、後半のプレイが開始になります。食べてすぐに始めるわけではなく、グリーンの練習をしたりする事もできます。開始10分前には集合し、迷惑をかけないようにしましょう。18ホールが終了したら、この日のプレイは終了です。マスター室前に戻る前に自分のクラブの本数が合っているかを忘れないように心がけてください。この後はチェックアウト時に精算をして初心者のコースデビューは終了になります。
今回紹介したのが一般的なゴルフプレイの流れです。場合によっては、後半のプレイがないケースもありますが、大まかな流れとして覚えておきましょう。実際にプレイする際には、まず、緊張する気持ちを抑えてゴルフを楽しむことが大切になってきます。是非、楽しい初心者のコースデビューを飾り、楽しいプレイ時間を過ごしましょう。

thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

あーや

家族の影響でゴルフを始めたゴルフ女子3年生です。 はじめてのコースデビューのときに不安だったことや、都内のゴルフ練習事情など気になることをまとめていきます!

家族の影響でゴルフを始めたゴルフ女子3年生です。 はじめてのコースデビューのときに不安だったことや、都内のゴルフ練習事情など気になることをまとめていきます!

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る