thum cdr_glock

thum cdr_glock

初心者必見!ゴルフのウィークグリップってなに?

ウィークグリップとは、スクエアグリップ、フックグリップと並ぶ、握り方の一つです。左手の勢いを「弱める」という意味合いが込められたこのグリップには、インパクトでフェースを閉じやすいという特徴があります。したがって、ボールを押し込むようなショット(具体的には、ダウンブローショットやパンチショット)を打ちたい場合にオススメのグリップです。今回は、ウィークグリップの特徴と具体的な握り方についてまとめてみました。

2017-02-20 00:00:00

ウィークグリップってなに?

thum proputtgrip

グリップの握り方には、ウィークグリップ以外にもスクエアグリップ、フックグリップ(ストロンググリップ)といった握り方がありますが、ウィークグリップとは、左手の力を制限し、右手に力が入りやすいゴルフグリップのことです。

スイング中、右手に力が入れやすくなると、フェースはややクローズ状態でインパクトしやすくなります。クローズ状態でインパクトを迎えると、ボールは基本的に左回転がかかりやすくなるため、ウィークグリップで放たれたボールは、必然的にフック系の弾道のボールが出やすくなります。

その他、クローズ気味のフェースはロフトが立った状態でインパクトしやすいという特性を生かし、地面に向かってクラブを鋭角に振り下ろすようなショット(具体的には、スティンガーショットやパンチショットなど)を打ちたい場合にも、とても有効なグリップであることが知られています。

ウィークグリップの握り方とは?

thum keijokay

グリップをウィーク気味に握りたい場合は、まず左手のナックル(指関節)の位置を確認しましょう。バックルの位置が自分から見て、1つでも見えている状態は、ウィーク気味のグリップであるとはいえません。

フックグリップやスクエアグリップで握る場合はナックルが1つ、2つ見えている状態がベストですが、ウィークグリップはナックルが完全に見えない状態でクラブを握るよう、意識しましょう。(ナックルが見えない状態でグリップを握ると、左手に全く力が入らないことを実感できるでしょう。)

一方、右手のグリップはなるべく、手の平が下を向いた状態で握ると、力を入れやすいという感覚を実感できると思います。

ウィークグリップのデメリット

thum applegreens_golf

クラブをウィークグリップで握る場合の最大のデメリットは、ボールが左方向に飛んでしまうフック系のボールが出やすくなってしまう点にあります。

したがって、捉まったボールがなかなか打てないゴルファーがスイング修正目的でグリップをウィーク気味に握るというのは「おすすめ」ですが、もともとフック系のボールが出やすいゴルファーがグリップをウィーク気味に握ってしまうと、ボールが高く上がらない、とにかく、左にひっかるボールが出やすくなるという「弊害」を引き起こしてしまう可能性があります。

また、女性がグリップをウィーク気味に握ってしまうと、極端に左手のグリップが落ちてしまうために、テークバックでクラブを持ち上げられなくなる場合があります。男性の場合は、右手のみでクラブを持ち上げられるだけの筋力がありますが、女性の場合は、なかなか右手の力のみでは、クラブを持ち上げるのは難しいからです。(ゴルフグリップはもともと、右手に力が入りづらいグリップです。)


ウィークグリップは古いグリップなのか?

thum champspikes1931

クラブに使用されているシャフトやヘッドがまだ、木製だった頃、ゴルフグリップの主流は「ウィークグリップ」でした。これはスイング中に発生する「慣性モーメント」と呼ばれる「力学」が最近のクラブに比べ、小さかったからだと言われています。

慣性モーメントの値が小さいクラブは、スイング中のフェース面は大きく、開閉します。したがって、昔のクラブでは、そういったヘッド開閉の動きに合わせ、腕を積極的に使い、フェースを開いたり、閉じたりする「フェースローテーション」というテクニックが必要であったとされています。

フックグリップやスクエアグリップはフェースを開きやすいという特徴がありますが、フェースをインパクト時に閉じるという動きは、あまり適さないグリップです。そういった理由もあり、パーシモンやメタルウッドの時代にゴルフを覚えた方は、ウィークグリップでクラブを握る人が多いと言われています。

大型チタンヘッドに、しっかり目のシャフト、というクラブが主流になった今、ウィークグリップは「古い」という意見もあるようですが、つかまったボールがなかなか打てないゴルファーにとっては、ウィークグリップは、まだまだ有効なスイング修正手段の一つであることは間違いありません。

また、少し抑え気味のライン出しショットなど、風が強い日に低空ボールでコースを攻めたいといった場合には、アイアンを使い、ウィーク気味のグリップで「ダウンブロー」がセオリーです。

ボールがつかまらない問題に悩んでいる方は、是非一度ウィークグリップを試してみてはいかがでしょうか?あなたのゴルフ人生を変える、一つのきっかけになるかもしれません。


KEYWORD/TAGKEYWORD/TAG グリップ ウィークグリップ スライス
thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

GolfPlus編集部

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る