thum kamk725

thum kamk725

簡単にできる!?初心者必見の素振りの練習時の4つのコツ

ゴルフの練習でよくする素振りは、ただクラブを振っているだけでは上達が遅くなることがあります。今回は初心者必見の素振りの練習時のコツを4つまとめました。

2017-02-20 00:00:00

1. スローモーションで素振り

thum ma2tbe2l

スローモーションでスイングすることで、ミート率(ボールに効率良くエネルギーを伝えているかの指標)を上げることができます。実際にボールを打つときに力が入ってしまいますが、素振りで極端にゆっくり振ることで、大振りをある程度意識できるようになります。5秒程度かけて、フィニッシュまで振り切るイメージでスイングしましょう。

また、ゆっくり振れば振るほど、スイングの矯正力も増します。スローモーションで素振りをすることで、自分の理想とするリズムやテンポを探しやすくなります。

2. 左右連続素振り

thum susiemckenzie

左右連続素振りをすることで、スイング時の無駄な動きを失くすことができます。左右連続素振りをするときは、できる限り長めのクラブを使用しましょう。

普通の素振りだと、フィニッシュで一旦終わり再びアドレスに入ります。左右連続素振りでは、フィニッシュで止めず反動を利用して逆方向にテイクバック・トップ・ダウンスイングフォローフィニッシュの動作を繰り返します。

左右連続素振りのポイントは、何も考えずに連続でスイングすることです。何も考えずに連続で素振りをすることで、細かく確認する意識が薄らぎ、「リズム」「スイングがシンプルになる」「軸が安定する」などを確認できます。

3.水平素振り

thum bryangolf

水平素振りは、振り遅れ、スライス、誤ったボールの位置を直したいときにおすすめです。前習えをする程度で腕を突き出します。この状態で水平素振りをします。水平素振りは、腕を突き出した方がスムーズにクラブを振ることができます。

水平素振りから徐々に上体を前傾させ、ヘッドの位置も下げて素振りします。ヘッドの位置も下げる水平素振りになれたら、最後はヘッドを地面に置いて素振りをします。

水平素振は、ボールがあると思って素振りをするようにしましょう。

4. 目的別で素振りの内容を変える

thum daysleeper_86

素振りの練習方法は様々です。目的に合わせて素振りの内容を変えるようにしましょう。素振りの種類は次のものが多いです。

・重いクラブで素振り(体幹を使う練習)
・クラブを逆さに持つ素振り(回転の速さを体感する練習)
・クラブを片手に1本ずつ持つ素振り(体とクラブの動きを同調させる練習)
・極端なスローモーションの素振り(スイングの細部を確認する練習)

それぞれの素振りの方法で、自分の苦手な分野を練習することができます。

今回紹介した4つのポイントを確認して、自分に合った素振りで練習してみては?

▼ この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます!

1.「ドライバーの練習に最適!ゴルフクラブをゆっくり振る練習法とは」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1191/

2.「正しいスイングができる!?ゴルフの切り返しってなに?」
http://golf-plus.jp/articles/detail/302/

3.「スイングで重要!ゴルフでの体の軸の重要性」
http://golf-plus.jp/articles/detail/346/

thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

GolfPlus編集部

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る