thum benhereforyears

thum benhereforyears

初心者必見!パッティングの距離感を掴む4つの練習方法

中途半端な距離のパットが残り、ボールがどれくらい転がるのかがイマイチはっきりわからない。そんな時、どうしてもありますよね?パッティングは目で見た距離をきちんと把握し、思い通りに筋肉を動かすことができなければ、カップにボールを沈めることはできません。今回は必ずスコアアップできる、距離感を掴むための練習方法を4つご紹介します。

2017-02-20 00:00:00

1. ボールを投げて距離感を掴む

thum beautyrosequeen

パッティングの距離感を確実に掴む練習方法の1つにボールを投げて距離感を掴むという方法があります。素手で掴んだボールを思い通りの場所へ落とし、しっかりと転がすという作業はパターを使ってボールを思った場所へ転がすよりも意外と簡単です。カップを見た時の直感を大切にしながら、クラブをボールに当てる強さを調整する、当てる感覚を掴めるようになると簡単にカップ近くまでボールを転がせるようになります。

ボールを投げる練習に取り組む際はボールをなるべく左手で持ち、目標方向に対して手の甲を向けた状態で投げるようにしましょう。ボールを転がし投げることでパッティングの際のボールの転がりのイメージが出やすくなります。

2. 練習グリーンで最大の力加減を確認

thum 7_heaven_7

ボールを思い通りの場所へ投げる練習をある程度出来るようになったら、次は練習グリーンで距離感を掴む練習に挑戦してみましょう。練習グリーンでパッティング練習を行う際は、端から端までの距離(約30~40ヤードくらい)をざっくりとしたイメージでゆっくりスイングとしたストロークで転がします。端から端の長い距離(ロングパット)の感覚を掴んでおくことで、当日のラウンドではどんな距離でもカップまではしっかり転がる、そんな思い切りのよいパッティングが出来るようになります。また、ゆっくりストロークでボールをとらえられるようになると、自然と距離感も合わせやすくなるものです。

3. インパクトで真っ直ぐ合わせる練習

thum toteswild

パターヘッドがボールに当たる瞬間にヘッドの面であるフェースが真っ直ぐであれば、打った方向へボールは転がります。したがって、毎回同じ距離感でボールを打てるようになるためには、インパクトでフェース面が真っ直ぐの状態で当たっているかを意識しながら練習する必要があるのです。
まっすぐ引いて、まっすぐ当てる、この感覚を掴むためには振り子イメージを持ってストロークすることが大切です。パターヘッドというものは真っ直ぐヘッドを引こうとすると、インパクトで真っ直ぐ合わせにくくなります。しかし、振り子のイメージでクラブを振れるようになると、なぜかインパクト以降もヘッドがライン上をまっすぐ通過するようなイメージでパッティングできるようになります。また、ライン通りにヘッドを動かしたい時は、50~60cm程度の距離に2つのボールを置き、その間を真っ直ぐ通す練習もおすすめです。

4. 目を閉じて連続素振り

thum breannagillgolf

目を閉じて連続素振りできるようになると、パターヘッドを常に一定のスピードで動かせるようになります。ストロークの軌道が安定していても、毎回ヘッドスピードが変わってしまうようでは同じ距離感でボールを打つことはできません。

そんな時はテークバックとフォローのクラブヘッドの「振り幅」がなるべく同じになるよう、短い振り幅でパターを振る「連続素振り」にトライしてみましょう。連続素振りを繰り返すとヘッド軌道は安定してきますし、ある程度ストロークのスピードを上げてもボールにしっかりとコンタクトできるようになるため、短い振り幅でも長い距離を転がせるようになります。

振り幅を整える練習に慣れてきたら、次はそのタイミングでボールを続けて、3球打ってみます。3球とも同じ距離にボールが集まるようになれば、このドリルは目標達成です。興味がある方はぜひ一度、試してみて下さい!

今回紹介したポイントを確認して、カップにボールが入る確率を上げていきましょう!

▼ この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます!

1.「初心者必見!スコアが上がるパッティングの距離感の4つの合わせ方」
http://golf-plus.jp/articles/detail/391/

2.「初心者必見!ゴルフのショートパットを成功させる2つのコツ」
http://golf-plus.jp/articles/detail/496/

3.「初心者必見!パターのグリップを意識してスコアを上げよう!」
http://golf-plus.jp/articles/detail/526/

KEYWORD/TAGKEYWORD/TAG パッティング 距離感 練習
thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

GolfPlus編集部

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る