thum robertcello

thum robertcello

初心者必見!スコアが上がるパッティングの距離感の4つの合わせ方

パッティングは、ボールをカップに入れることをいい、スコアに直結しています。パッティングの距離感を見誤れば、規定打数よりも多く叩いてしまうことがあります。今回はパッティングの距離感の掴み方を4つまとめました。

2017-02-20 00:00:00

1. 自分のものさしを作ることが重要

thum edouard_b2o

パッティングの距離感の合わせ方は、自分のパッティングの距離感のものさしを作ることが重要です。初めてコースに出る人も、ゴルフ場にあるグリーン練習場で、自分のものさしを作るようにしましょう。

自分のものさしの作り方は、まず2つの基準を作ります。ボールをカップから3~4mに1つ、6~8mに一つ置きます。歩幅の目安は「身長×0.45」です。最初に3~4mをカップに向かって打ち、次に6~8mのボールを打ちます。

2つの距離感の差を自分でどこで打ち分けているかを確認しましょう。打ち分ける差を確認することで、パッティングの距離感を掴むものさしを作ることができます。

2. 同伴者のパッティングから距離感を掴む

thum _panos_pantazo

パッティングの距離感は自分で測るだけでなく、グリーンで2番目以降に打つ場合同じ組の同伴者からも測ることができます。ゴルフはその組の全員のボールがグリーンに乗ったら、カップまでボールが一番遠い人が打ちます。

2番目以降の場合、グリーンの速さや状態、傾斜などの情報を得られます。カップ付近はボールの息おきが一番弱まるところです。芝の状態や傾斜の影響が受けやすい箇所なので、同伴者のパッティングを観察し、自分のパッティングの距離感を掴みましょう。

3. 自分が打ったボールのスピードを覚える

thum overthetopgolf

距離感を測る場合、自分が打ったボールのスピードを覚えておきましょう。6~8mのパッティングで、半分を過ぎた辺りではボールがどのくらいのスピードなのか、カップの手前ではどれくらいのスピードなのかを確認しましょう。

自分の打ったボールのスピードを体に覚え込ませるときに大切なのがフィーリングです。グリップを強く握りすぎていると、感覚が伝わりにくくなります。しっかりと握り、手首や腕は力を抜くのがフィーリングを掴むコツです。

4. リズムを一定にし、振り幅で調整

thum magnusnyblom

ロングパットもショートパットも、振り幅のリズムは一定にしましょう。パッティングの距離感は、リズムと振り幅で作られます。ボールを打つときのリズムが速い場合ボールが転がり、遅い場合ボールは転がりません。ボールを打つときは、自分が心地良いと思う一定のリズムで打ちましょう。自分のリズムが決まれば後は振り幅で距離をコントロールするだけです。


振り幅の感覚は、その日のラウンドするグリーンの状態によって変わります。スタート前の練習グリーンで確認するようにしましょう。

パッティングはゴルフのスコアを上げるために重要なことの1つです。今回紹介したポイントを確認して、パッティングを成功させましょう!

▼ この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます!

1.「初心者必見!パッティングの距離感を掴む4つの練習方法」
http://golf-plus.jp/articles/detail/394/

2.「初心者必見!ゴルフのショートパットを成功させる2つのコツ」
http://golf-plus.jp/articles/detail/496/

3.「初心者必見!パターのグリップを意識してスコアを上げよう!」
http://golf-plus.jp/articles/detail/526/

KEYWORD/TAGKEYWORD/TAG パッティング 距離感 合わせ方
thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

GolfPlus編集部

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る