thum

thum

ゴルフクラブの種類(ウッド・ドライバー・フェアウェイウッド)

ゴルフクラブの1つであるドライバー、ウッドにはそれぞれ特徴があるほか、形状も様々なものがあります。今回ドライバー、フェアウェイウッド、クラブの形状についてまとめました。

2015-08-11 04:09:35

ドライバー

thum

_MG_8358.JPG by Homayon Zeary


ドライバーはウッドの1種類であり、番手(※)では1Wと表記されます。ドライバーはゴルフクラブの中で1番飛距離が出るゴルフクラブです。主にホールの第一打であるティーショットで使用します。ドライバーを使用した場合、男性は平均230ヤード、女性は175ヤードボールが飛びます。

シャフト(柄)がゴルフクラブの中で1番長く、飛距離が1番出るのが特徴ですが、シャフトが長い分遠心力により振り難いです。

※ ゴルフクラブを飛距離で区別したもの。数字が小さいほど飛距離を稼げる。

ドライバーは扱いが難しい

thum

ドライバーはほかのゴルフクラブと比べてシャフト(柄)が長く、ヘッドにボールを当てづらいほか、アイアンやフェアウェイウッドの7番手あたりからの短いゴルフクラブでスイングを練習すると、普段のスイングに慣れているため、扱いが難しいです。そのため、ボールが思うような方向に飛ばない、余計なスピンがかかって飛距離を稼げないということが起こってしまいます。

最初の内はドライバーを使用せず、2~4番手のフェアウェイウッドや打ちやすいユーティリティの3番手などを使用すると良いでしょう。

ウェアフェイウッド

thum

Titleist 910f fairway woods. by Yanki01



フェアウェイウッドはウッドの1種類であり、番手は2W~5Wと表記されます。

フェアウェイウッドはフェアウェイ上で飛距離を出したいときに使用するゴルフクラブです。ヘッドがドライバーのように大きくないため、重心の位置が低くティーアップをしなくてもボールを打つことができます。

また、ドライバー、フェアウェイウッドには2種類のクラブの形状があります。

▼ シャローヘッド
シャローヘッドは、ヘッドが平べったい形をしたクラブです。重心を低く抑えることができるのでボールが上がりやすく、高く弓なりの弾道です。直進性が高く曲がりづらい弾道なので、コントロールが難しいのが特徴です。その分ミスショットをしても曲がりにくいです。

▼ ディープヘッド
ディープヘッドはヘッドが厚い形をしたクラブです。スピンを抑えたボールを打ちやすく、ボールを上がりづらいのが特徴です。また、操作性が高く弾道の制御がしやすいのが特徴です。

最近のフェアウェイウッドは扱いやすい

thum

最近のフェアウェイウッドは、初心者でも使いやすく設計されているクラブが多いです。また、ヘッドがドライバーのように大きくないフェアウェイウッドは、重心の位置が低いので、ティーアップをしなくても、ドライバーと比べて容易にボールを打つことができます。

▼ この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます!

1.「初心者向けゴルフクラブメーカー徹底比較」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1251/

2.「ゴルフでおすすめのベルトの選び方とマナーまとめ」
http://golf-plus.jp/articles/detail/189/

3.「どれぐらいかかる?ゴルフを始めるときにかかる道具の価格」
http://golf-plus.jp/articles/detail/711/

KEYWORD/TAGKEYWORD/TAG 道具 基本 ゴルフクラブ
thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

GolfPlus編集部

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る