thum greenskeeperorg

thum greenskeeperorg

初心者必見!ゴルフの基本のボールの位置はどこ?

ゴルフには、基本のボールの位置があります。基本の位置から状況に応じてボールを打ちやすいようにアドレスを取る必要があります。今回はゴルフの基本のボールの位置についてまとめました。

2017-02-20 00:00:00

基本的なボールの位置は両かかとの真ん中

thum

ボールの位置は両かかとの真ん中が基本です。両かかとの真ん中とは、両かかとの中心を真ん中として考えましょう。左右のつま先の中心だと、ボールの位置がずれてしまい、スイング時にボールが上手く当たらなくなることがあるので注意しましょう。両かかとの真ん中の位置の感覚を養うために、クラブを置いて練習すると良いでしょう。

基本的なボールの位置は両かかとの真ん中ですが、クラブの種類やボールの置かれた状況によって変わります。状況に応じて、ボールの位置を決める必要があります。

アイアンでのボールの位置

thum lgp_inc

アイアンのボールの位置はクラブヘッドで決めます。まず体を真正面に向けて、肩幅くらいにスタンスを取ります。スタンスを取ったら目を閉じ、剣道の中段の構えのようにクラブヘッドを体の正面に位置します。そのまま前傾してヘッドを降ろします。前傾してヘッドを下ろすことでヘッドを降ろすことで肩のラインが開くことはありません。ヘッドが地面についたところがボールの位置です。

ボールの位置は、左かかと内側からボール約2個分右辺りがアイアンのボールの位置になります。

ドライバーでのボールの位置

thum ashmaeb

ドライバーも同様に体を真正面に向けて肩幅くらいにスタンスを取ります。ヘッドを地面に降ろした位置が基本のボールの位置です。ドライバーは、そこからボールの位置をボール1個分左にずらした位置が、ドライバーに適したボールの位置です。このとき、左足とボールの位置関係を変えないようにしましょう。

ヘッドの最下点を過ぎた先で、アッパーブローでボールを捉えることができます。ボールの位置を左にずらすことで、アッパーブローのスイングになるのでアイアンと同じようにスイングしても真っ直ぐボールが飛びます。

傾斜地では種類によって変える

thum worldclassgolf

ボールの位置は傾斜地の種類によって違うので意識して、アドレスしましょう。左足上がり(ボールの目標地点に向かって上り坂の斜面)の位置は少しだけ左に置くとボールを打ちやすくなります。

傾斜地でのボールの位置は、まずボールの真横に向かって歩きましょう。ボールの真横まで歩いたら90度回転し、その時の上半身のバランスをキープしたままアドレスを取ります。90度回転し、上半身のバランスをキープすることでボールの位置を決めやすくなります。

ボールの位置の基本は両かかとの真ん中ですが、状況に応じてボールの位置を変える必要があります。今回紹介したポイントを確認して、正しいボールの位置を覚えましょう!

ゴルフの基本のボールの位置について
もっと詳しく知りたい方はゴルフレッスンへ!
レッスン検索はこちら!

▼ golfplusレッスン検索サイト
http://golf-plus.jp/lessons/


▼ この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます!

1.「スタンス1つで球筋は変わる?ゴルフの「クローズドスタンス」とは?」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1400/

2.「スイングの基本!ゴルフの前傾姿勢の3つのポイント」
http://golf-plus.jp/articles/detail/374/

3.「知っておきたい!ゴルフのアドレスとは?」
http://golf-plus.jp/articles/detail/428/

KEYWORD/TAGKEYWORD/TAG テクニック ボール 位置
thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

GolfPlus編集部

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る