thum mysticteacup

thum mysticteacup

初心者必見!ゴルフクラブのフェースが開く原因と直し方

インパクトでフェースが開いて当たってしまうと、右に曲がるスライスが出やすくなり、ボールは飛びにくくなります。今回はゴルフクラブのフェースが開く原因と直し方について、まとめてみました。

2017-02-20 00:00:00

フェースが開くとスライスになりやすい

thum alessio.carta.76

アドレスで構えた時のフェースの向きは、基本的に全ての人がターゲットラインに対し、スクエアな状態となっています。したがって、最初に構えた時のフェースの向きのまま、インパクトが迎えられれば、全ての人がボールを真っすぐ飛ばせるはずです。

それなのに、なぜ構えた時にはスクエアなフェースの向きがトップからダウンスイング、インパクトまでのフローの流れの中で、戻ってくる時に「開いていたり」、「閉じていたり」するゴルファーがいるのでしょうか?

インパクトでフェースが開いて当たると、ボールには右方向の回転が加わってしまうため、打ったボールは、全てスライス系の弾道となります。(右利きの場合)アプローチショットなど、あえてフェースを開いたり、閉じたりした状態でボールを打つ場合なら、特に問題はありません。しかし、意図していないにも関わらず、「クセ」が原因で開いた状態でボールに当たってしまっている場合、なぜ開いて当たってしまっているのか、その原因を知っておく必要があります。また、原因を知ることで修正点を見出すことができます。

-----
▼ゴルフグッズをお得に買うならamazon.co.jpがおすすめ
1. amazonで購入できるゴルフ関連全カテゴリをチェックする
https://www.amazon.co.jp/ゴルフ用品、ゴルフ用具全カテゴリまとめ

2. タイプ別のおすすめゴルフボールをチェックする。
https://www.amazon.co.jp/ゴルフ用品-ゴルフボールタイプ別紹介

3. 消耗品をamazonでまとめ買い
https://www.amazon.co.jp/消耗品一覧

4. ラウンド必須アイテムをチェックする
https://www.amazon.co.jp/ゴルフ必須アイテムまとめ

バックスイングでは、腕の回旋度合いが重要

thum terry5779

スイング中にフェースが開く「クセ」があるという方は、フェース面を開いてしまう現象がスイングのどの時点で起こっているのかを確認してみましょう。

まず、原因の1つとして考えられるのが、ローテーションの失敗です。テークバックでクラブがターゲットラインと平行になるポジション(左手親指が真上にくる位置)、ハーフウェーバックと呼ばれる、この時点でフェースの開閉が上手くいっていないとボールは真っすぐ飛んでくれません。

ハーフウェーバック時の腕やフェースの向きは、その後のインパクトやフォロースルーにも影響を与えます。バックスイングで腕の回旋度合いが大きすぎる場合はヘッドがプレーンの下側を通過してしまう押し出し気味のスライス、逆に回旋度合いが小さく、フェースが閉じた状態でトップを迎えてしまうゴルファーは、プレーンの外側から覆い被さるようにヘッドが下りてくる人の多くは、アウトサイドイン軌道のスライスに悩んででいるはずです。

トップでは、手首にあまり力を入れ過ぎないように

thum doogleg

インパクトでフェースが開いてしまう「クセ」を持っている人が、ハーフウェーバックと同様にもう一つ、チェックしてほしいポイントがスイングを後方から見た時のトップ時のシャフトの方向やフェースの向きです。

シャフトがスイングプレーンよりも頭寄りの方向に傾いてしまっている人は、トップでフェースが「ややクローズ気味」になっているかもしれません。逆にプレーンの下側、地面側にシャフトが傾いている人の場合は、「ややオープン気味」にクラブを振り上げてしまっている可能性があります。

その他、トップ時のフェースの「向き」でスイング中のフェースの「開閉度合い」を確認する方法もあります。オープンフェース気味にクラブを振り上げている人は、トップ時のフェースは「やや上」を向いてしまいます。逆にクローズ気味に振り上げる人はトップでフェースが「やや左」を向いてしまっているはずです。

特にフェースが上を向いてしまうほど、クローズ気味にクラブを振り上げてしまっている人はケガの原因にもつながってしまうため、注意が必要です。(クローズ気味の人は、トップで右腕に力が入り過ぎている。もしくは、手首の力でクラブを操ろうとしている可能性があります。)



グリップを思い切って握り方を「変えてみる」という選択

thum mee_lovely_

スイング中にフェースが開いてしまう原因、グリップの握り方が間違っている可能性も十分考えられます。例えば、フックグリップは右手の力を抑えることができるグリップですが、トップでフェースが開いてしまいやすくなることがあります。

そんな時は、グリップを少しウィーク気味にグリップを握り直すことでトップ時にスクエアな状態でにクラブを振り上げやすくなることがあります。

ウィークグリップは、ダウンブロースイングに適した握り方ですが、少しフェースがシャット気味のテークバックになりやすいグリップでもあります。

グリップの握り方次第で弾道は大きく変化します。時にはフェースを開閉度合いやローテーションのタイミングを少し変えてみても良いでしょう。

フェースが開かないようにする練習方法

thum iori023

これまでの章では、フェースがどの時点で開いたり、閉じたりしまっているのかを解説してきました。フェースの面を開閉度合いをスイング中に整える感覚は「うちわ」や「下敷き」をクラブのように握ってみると良く分かります。

また、フェース面の向きをインパクトでスクエアにするためには「両手」の力の入れ具合も重要です。右利きゴルファーの場合、左手リードでクラブを振る感覚が理想です。

そういった意味では、左手でテニスラケットを持ってスイングし、インパクトで面をしっかりと正面に向ける練習も意外と役に立つドリルなのかもしれません。

-----
▼ゴルフグッズをお得に買うならamazon.co.jpがおすすめ
1. amazonで購入できるゴルフ関連全カテゴリをチェックする
https://www.amazon.co.jp/ゴルフ用品、ゴルフ用具全カテゴリまとめ

2. タイプ別のおすすめゴルフボールをチェックする。
https://www.amazon.co.jp/ゴルフ用品-ゴルフボールタイプ別紹介

3. 消耗品をamazonでまとめ買い
https://www.amazon.co.jp/消耗品一覧

4. Amazonの中古ゴルフクラブストアをチェックする
https://www.amazon.co.jp/中古クラブまとめ

thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

GolfPlus編集部

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る