thum carrizosa87

thum carrizosa87

初心者必見!ゴルフの4種類の斜面からの打ち方

前日の練習場ではかなり調子が良かったのに、当日のプレーでは思ったほど良いショットが打てない。そんなことはありませんか?練習場はフラットなライの上からボールを打つことができるため、足元の状態などは気にせずとも落ち付いてショットに臨むことができますが、いざコースに行ってプレーするとなると傾斜に合わせた打ち方や構え方を身に付けておかなければ、ボールを「芯」で捉えることができません。今回は、様々な斜面からのショットで気を付けるべきポイントをいくつかまとめてみました。

2017-02-20 00:00:00

斜面にあるボールを打つ場合に注意すべきこととは?golfplus

thum

皆さんは、起伏の激しいコースをラウンド中にどんなことに気を配りながらプレーしていますか?アンジュレーションの利いたコースでは、セカンドショットやサードショットはがどうしても傾斜のあるライの上からボールを打つ機会が増えてしまいますよね。そんな時、真っ先に見直してもらいたいのが、アドレスです。特に斜面の上からボールを打つときは、構え方で結果の6割~7割は決まってしまうと言っても過言ではありません。

アマチュアの方が傾斜からのショットでミスしてしまう場合、バランスの「崩れ」が原因になっていることがあります。右膝がテークバックで流れてしまったり、体重がどちらかの足に偏ってしまうと、体の中心軸が左右にズレてしまい、「ダフリ」や「トップ」のミスを引き起こします。こういったミスを克服するためにも、まずは体全体のバランスを整えた状態でショットできる構えをつくり上げる、これが基本です。

次に、クラブの振り抜き方についてですが、傾斜の上からボールを打つ場合、クラブは必ず傾斜なりに振り抜いていかなければなりません。ライの起伏に沿うようにクラブを振り抜くからこそ、ボールを正確に「芯」で捉えることができるのです。

次章以降は、それぞれの斜面からの打ち方や構え方について解説していきます。

-----
▼ゴルフグッズをお得に買うならamazon.co.jpがおすすめ
1. amazonで購入できるゴルフ関連全カテゴリをチェックする
https://www.amazon.co.jp/ゴルフ用品、ゴルフ用具全カテゴリまとめ

2. タイプ別のおすすめゴルフボールをチェックする。
https://www.amazon.co.jp/ゴルフ用品-ゴルフボールタイプ別紹介

3. 消耗品をamazonでまとめ買い
https://www.amazon.co.jp/消耗品一覧

左足上がりは斜面に沿って打つgolfplus

thum sumittharan

左足上がりの状況から上手にボールを打っていくためには、まず斜面に沿ってクラブを振れるよう、両肩や腰、両膝が斜面と平行になるようにアドレスを取ります。また、左足上がりの傾斜は、ボールが高く上がってしまいやすいため、体の中心よりも少しだけ、左足側にボールを置いた方が、飛距離のロスを抑えることができます。

クラブを振る際は、ボールが普段よりも高く上がるミスを防ぐため、普段よりも1~2番手大きいクラブを選ぶのがセオリーです。特にテークバックからトップへとスイングの流れが移行するタイミングで右膝の位置が左右に流れてしまうと、スイング軸が左右にブレてしまい、思い通りの場所にクラブを振りおろすことができません。ボールの前に立った後は、膝の流れに注意してフォロースルーを高く上げることだけを考えて、フィニッシュまで一気に振り抜いていきましょう。

左足下がりは低く打ち出すイメージgolfplus

thum andreapalk

左下がりのショットはボールの弾道が低くなってしまいがちです。そのため、無理にボールを上げようと手首を使ってしまう、いわゆるしゃくり打ちでボールを打つ「クセ」をお持ちの方は、特に要注意です。そして、クラブを振る時は、傾斜に沿って、フォロースルーを低く長く振り抜いていくことだけを考えましょう。

左足下がりのライで注意すべきは、ダウンスイング時の左ひざの「流れ」です。スイング中に左ひざが流れると、アウトサイドからクラブが進入しやすい、いわゆる突っ込み気味のスイングとなり、スイング中の遠心力も低下するため、打ったボールはスライスや当たりそこないのトップボールなどが出やすくなります。構え方は左足上がりのライからボールを打つ場合と同様、まずは斜面に沿って肩のライン、膝のラインが平行になるように構えます。

ただし打ち方については、アウトサイドからボールを潰すように打ち込むのではなく、できることなら、なだらかな進入角度でクラブがボールに当たるよう、なるべくレベルスイングで打ってあげた方が、ボールも高く上がり、練習通りの距離感でコースを攻めていくことができます。

つま先上がりはクラブを短く握るgolfplus

thum puddin_and_harley

つま先上がりの斜面は、インパクト時にクラブの面であるフェースが左を向いてしまうことが多いため、打ち出したボールが左方向へと飛んでいく、「フックボール」が非常に出やすい状況です。

また、平坦な場所と違って、つま先上がりの斜面はボールと体との距離がいつもより近くなります。そのため、普段通りのクラブを握り、普段通りにスイングしてしまうとアドレス時にとても窮屈な構えになりがちです。そこで、つま先上がりの状況からボールを打つ場合は、クラブをななるべく短く握ることが大切です。

また、打ち方については、大振りせず、コンパクトでシャープな振り抜きをイメージしてクラブを振っていきましょう。スイング中は膝の高さや位置が変わってしまうとインパクト時のクラブの最下点が上下にズレてしまうため、ボールを芯で捉えることができません。
(膝のクッションを上手に使い、目とボールト距離が変わらないようにアドレス時の姿勢を維持しながら振り抜いていくことをイメージすると良いです。)

普段のショットに比べ、クラブのトゥ側が浮いた状態の構えになりやすいつま先上がりからのショットは、ボールをフェースの中心に乗せて運ぶことが難しく、グリップも短めに握ってショットするため、打ったボールはどうしても飛距離が落ちてしまいます。そこで、いつもより大きめの1つ上の番手を選ぶことをオススメします。

つま先下がりは目標地点の左側を狙うgolfplus

thum lucky10230702

つま先下がりのショットは、普段よりも低い位置にあるボールを上手に捉えていく必要があるため、手先が器用な人ほど、ボールを打つのが得意な傾斜です。構えた時にクラブのヒールが浮いてしまいやすいため、打ったボールが右に行きやすいのがこの傾斜の特徴です。

つま先下がりの傾斜にボールが止まってしまった時は、自分の体重がどのあたりにかかっているかを確認してみましょう。この時、もし体重がつま先側にかかっている場合は、かかと側に体重がかかるよう、バランスを調整してみて下さい。

重心はなるべく低い状態の方がミート率が上がるため、スタンスはなるべく広め、膝のクッションは柔らかく使って打っていくとショットのショットの成功率は何もしない状態に比べ、向上します。

斜面によって、ボールの打ち方が変わります。今回紹介したポイントを確認して常にナイスショットを目指しましょう!

-----
▼ゴルフグッズをお得に買うならamazon.co.jpがおすすめ
1. amazonで購入できるゴルフ関連全カテゴリをチェックする
https://www.amazon.co.jp/ゴルフ用品、ゴルフ用具全カテゴリまとめ

2. タイプ別のおすすめゴルフボールをチェックする。
https://www.amazon.co.jp/ゴルフ用品-ゴルフボールタイプ別紹介

3. 消耗品をamazonでまとめ買い
https://www.amazon.co.jp/消耗品一覧

4. Amazonの中古ゴルフクラブストアをチェックする
https://www.amazon.co.jp/中古クラブまとめ

KEYWORD/TAGKEYWORD/TAG テクニック 斜面 打ち方
thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

GolfPlus編集部

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る