thum jc_williams99

thum jc_williams99

初心者必見!スコアが伸びるゴルフのボディターン3つのコツ

ゴルフスイングには、ボディターンとリストターンの2種類のスイング手法が存在します。こ2種類のスイングはどちらか一方を使ってクラブを振るという訳ではなく、両方のスイング手法を上手に使ってスイングします。今回は2つのスイング手法の内の1つ、ボディターンでクラブを振るためのコツを3つまとめてみました。

2017-02-20 00:00:00

ボディターンとは何なのか?

thum giftsharelove

ボディターンとは、手や腕ではなく、体の回転軸を中心に足腰を上手に使ってパワーを生み出し、ボールを上手に打っていくスイング手法の1つです。一般的には、手や腕を積極的に使ってクラブを振るリストターンと対比する形で使用します。

手や腕を使ってクラブを振るリストターンは、ボールを遠くまで飛ばしたい場合やラフに埋まったボールを芝ごと打っていきたい場合など、インパクト時にある程度の力を加えたショットを打ちたい場合などに使用します。一方、距離を上手に調節して打っていかなければならない距離の短いアプローチなど、絶妙な距離感が必要となるショットを打ちたい場合は、ボディターンを使ってスイングした方が良いと言われています。

ボディターンとは、なるべく腕や手首の力を使わずに肩回りや腰回りなど、大きく「鈍感」な筋力を使ってボールを打っていこうというスイング手法です。常に体の近くをクラブが通過するイメージで素早く円運動するように体全体を回転させるため、クラブは腕や手首を使ったスイングに比べ、最短距離を高速で通過していきます。腰の回転が先行し、腕やクラブは遅れてついてくるため、ヘッドスピードの向上とスイング軌道の安定性が同時に達成できます。(軌道の安定=方向性の安定につながります。)

ボディターンでクラブを振るコツ①体の軸を安定させよう

thum johnbeliakoffgolf

ボディターンでクラブを振るためには、まず体の「軸」を固定してクラブを振る感覚をマスターしましょう。理由は身体の中心軸が安定していないと、足腰を積極的に動かした時に、スイング軌道がとても不安定になってしまいます。

次に、中心軸を安定させるために「頭の位置」と「背骨の角度」「両膝の位置」に特に気を付けてスイングします。「頭の位置」が大切な理由は、スイング中の上下運動を防ぐ必要があるからです。アドレス時の目線とボールとの距離が変えずにインパクトまではボールから目を離さないつもりでクラブを振ることが大切です。

「背骨の角度」が大切な理由は、スイング中の伸びあがりや沈み込みによるスムーズな体の回転の妨げを防ぐ必要があるからです。アドレス時の前傾姿勢はなるべく崩さないイメージでクラブを振ることが大切です。

「両膝の位置」を変えずにクラブを振る必要があります。膝の流れや上下運動は、軸ブレをもたらし、下半身の足裏のバランス感覚を阻害する原因となります。

スイングをする際は、以上の3点を意識してスイングすると良いでしょう。

ボディターンでクラブを振るコツ②おへそを意識

thum bro0kie_co0kie

身体の回転力を使ったボディターンのスイングでクラブを振りたい場合に特に軽視されがちなのが、スイング中のグリップの位置です。グリップエンドが向いている方向が体の中心から外れてしまうということは、それだけ腕や手首を使ってクラブを振っているということであり、これは体の遠くをクラブが通過するスイングでボールを打とうとしているということを意味しています。

グリップエンドが指し示す方向は、常に体の中心を向くよう、なるべく「おへそ」を向け続けた状態でスイングするイメージを持ってスイングしましょう。最初は、短い距離のアプローチショットでこのスイングを試してみるのがオススメです。小さなスイングでゆっくりとテークバックし、ダウンスイングでも手元がなるべく体の中心から外さないイメージで何度もボールを手早く、さばいていきましょう!

なお、この練習を試す際に、注意してほしいことがもう1点あります。それが、フィニッシュ時のおへその向きです。フィニッシュでは、なるべく、おへその向きが目標位置に真っ直ぐ向けてスイングを終えることが大切です。ごくたまに腕や肩は良く回転しているのに、おへその位置がアドレス時の向きと全く変わっていない方がいますが、これは大きな間違いです。ダウンスイングでは、膝のクッションを上手に使っておへそがしっかりと目標方向に向くフィニッシュを意識しましょう。

ボディターンでクラブを振るコツ③できる限り、手首を使って振ろうとしない

thum mykiekies

ボディターンで打つためには、手首の使い方が非常に重要です。右利きゴルファーの場合、ダウンスイング時にアドレス時の角度が崩れてしまわないよう、ダウンスイングではなるべく、右わきを締めたクラブを振りおろしてくる感覚を持つ事が非常に大切です。

右手首の角度を意識してスイングする場合、手首の関節が折れる「向き」に特に注意が必要です。手首は左右に向けて折るのではなく、必ず上下に折れるスイングを目指しましょう。

その他、バックスイングのテークバックからトップまでは、腰と肩を十分に回し、上体の捻転や回転が使えるスイングを目指しましょう。右利きゴルファーの場合、トップで左肩をアドレス時の右肩の位置に持ってくるイメージでゆっくりと時間をかけて回していきましょう。

(ボディターンを身に付けるために有効なグッズ)

腕や手首ではなく、体の回転力、上体と下半身が同調するスイングを身に付けるためには、トレーニング用の小さなゴムボールを使った練習がおすすめです。小さなボールをアドレス時の両腕の間に挟み、そのボールを落とさないようにゆっくりとスイングしてみて下さい。この時、腕が体の中心から外れてしまうと必ず、腕に挟んだボールは真下にこぼれ落ちてしまいます。ボールが落ちなくなるまで、繰り返し練習することで飛距離と安定した方向性の両方を手に入れることができます。興味がある方はぜひ、一度試してみて下さい。

ボディターンのスイングをすることで、飛距離を伸ばすことができます。今回紹介したポイントを確認して習得してみては?

ボディターンの正しいスイング方法について
もっと詳しく知りたい方はゴルフレッスンへ!
レッスン検索はこちら!

▼ golfplusレッスン検索サイト
http://golf-plus.jp/lessons/

thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

GolfPlus編集部

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る