thum belenmozo

thum belenmozo

ボールが狙った方向へ!ゴルフのバックスピンをかける3つのコツ

バックスピンとは、主に受けグリーンなど奥からの傾斜が上手く利用できるような状況でボールをよりカップの近くに寄せたい場合に主に使用するアプローチショットのテクニックの1つです。バックスピンがかかったボールはグリーン落下直後にボールがピタリと止まり、場合によっては戻ってくることもあります。今回はバックスピンをかけるための方法と具体的な打ち方をご紹介します。

2017-02-20 00:00:00

バックスピンってなに?

thum donovanhaven

バックスピンとは、ロブウェッジなど、ロフト角が大きい50°や60などを使用して、グリーン上のピンにできる限り近く寄せたい場合に主に使用します。

PGAツアーなどで活躍する海外のトッププロの場合、グリーン奥の傾斜を使い、手前側に切られたピンに上手く寄せたい場合によく使用することがあるため、戻ってくる距離も長く、観る者に多くの感動を与えてくれます。

バックスピンはクラブヘッドがボールに向かって、上から下へと縦方向に動きながらヒットする際に、強烈な垂直回転がかかる事で発生します。

また、より回転数の高いスピンボールを打つためには、長い接地時間を稼ぐ必要があるため、トゥ側から斜め方向にボールをボールの右上方向から斜めに切るように打っていく必要があります。そのため、バックスピンがかかったボールには必ず、若干の右回転がかかります。(もちろん、左利きの方場合は左回転です)

また、空中に浮き上がる際に強い浮力が発生するため、スピンがかかったボールは高く上昇します。浮力が発生する分、向かい風の状況では空気抵抗を受けやすくなるため、放たれたボールは大きく飛距離が落ちます。そこで、向かい風の状況でスピンボールを打つ際は風の計算も入れてショットする必要があります。

【バックスピンのかけ方1】ダウンブローに打つ

thum _jameshenderson_

ボールに強いバックスピンをかけるためには、ダウンブローに捉える必要があります。ダウンブローとは、クラブヘッドの最下点がなるべくボールの前側になるよう、スイングすることを指す言葉です。ダウンブローのスイングで捉えたボールはしっかり高さが出て、グリーンにボールが落ちた後もボールがきちんと止まってくれます。

ダウンブローでボールを打つコツは次の3つです。

・体重を完全に左足側に乗せてボールを捉える
・腰周りを意識して、スイング軸を安定させるイメージを持つ
・ヘッドよりも手元が先行した形でインパクトを迎える、いわゆるハンドファーストの状態で必ずボールを捉える

【バックスピンのかけ方2】アドレスを見直す

thum dixongolfuk

バックスピンをかけてボールを打ちたい場合、アドレスではボールの位置がスタンスの真ん中よりやや右側にセットしましょう。

この時、グリップエンドの位置はボール位置につられるようにして右側にあまり移動させ過ぎないようにしましょう。バックスピンをかける時のグリップエンドの位置は左足太もも前くらいになるようにしてクラブを構えます。

また、グリップエンド以上に気を付けるべきなのが握り方です。クラブを握った時の左手親指は真上でなく、やや左方向を向くように握ると良いでしょう。バックスピンをかけた場合は若干ストロング気味にクラブを握ることが大切です。

親指を左側にあてがうウィークグリップはインパクト時にフェースが閉じた状態で当たってしまいやすく、たとえ短い距離でもボールが飛び過ぎてしまうことがあります。バックスピンをかけたい場合は、クラブヘッドよりも手元を前側に倒して構えるいわゆるハンドファーストで構えて左肘を支点にしながら、クラブを一気に振り抜きます。

【バックスピンのかけ方3】スイング軌道を見直す

thum akolloff

鋭いバックスピンショットをかけるためには、クラブをアウトサイドイン軌道で振るテクニックをマスターする必要がありす。アウトサイドインのスイング軌道を身に付けるためには、ダウンスイング時の左肩の開きを早めてみたり、下半身のスピードを速めてみたりすると良いでしょう

(バックスピンをかける、その他の要因)

その他、バックスピンをかけるためには、思い切って道具を変えてみるというのも一つの方法です。ウェッジには、メッキ有りタイプのモデルとノーメッキタイプのモデルがあります。ただし、できることならメッキ無しのノーメッキタイプのモデルを使用した方がバックスピンはかかりやすくなります。

ボールを打つ際のスタンス傾斜が上り傾斜ではなく、下り傾斜の場合は左体重でボールを打ちやすい状況であるため、インパクト時にハンドファーストでボールに当たりやすく、バックスピンはかかりやすいです。風向きもフォローに比べ、向かい風の方がボールは止まりやすいです。

ボールは飛距離重視のディスタンス系よりも、打感が柔らかめのソフトタイプを使用した方がクラブとボールとの接地時間が長くなります。さらに、クラブフェースが広めのモデルを使えば、ボールとクラブヘッドの接地面積も大きく広がるため、より柔らかいスピンボールを打つことがが可能となります。

ボールにバックスピンをかける正しい方法について
もっと詳しく知りたい方はゴルフレッスンへ!
レッスン検索はこちら!

▼ golfplusレッスン検索サイト
http://golf-plus.jp/lessons/

▼ この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます!

1.「初心者必見!ゴルフの「チャックリ」ってなに?」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1126/

thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

GolfPlus編集部

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る