thum akimhassan

thum akimhassan

初心者必見!ゴルフのレイアップってなに?

ゴルフのレイアップとは、スコアを上げるための方法の1つです。堅実なプレーを目指すことで、スコアメイクがしやすくなります。今回は初心者必見のゴルフのレイアップについてまとめました。

2017-02-20 00:00:00

レイアップは刻むこと

thum ejstretch

レイアップとは、直接グリーンを狙わずフェアウェイにボールを運んでからグリーンを狙うことです。グリーンまで距離があるときに安全策として、次のショットが打ちやすい位置に、距離を押さえて打っていきます。自分のショットの飛距離、正確性とハザードなどの危険性を照らし合わせて、その結果、無理にグリーンを狙わないといった選択することがあります。

上級者になるほど、無理にグリーンを狙わず堅実にレイアップをしてスコアを上げていきます。

レイアップを狙う場面

thum frafrar

ボールがある場所の状態であるライが悪いときや、残りのヤード数が明確でない場合、次のショットに自信がない場合などは、無理にグリーンを狙わず、レイアップを狙っていきましょう。

具体的な例として、グリーンまで残り140~160ヤードの場合、7番アイアンで理想のショットが打てればグリーンに乗ります。ボールをグリーンに乗せるには、ボールが池やバンカーに入ってしまう、飛距離が落ちてしまうミスショットになることを避ける必要があります。そのため、ミスを回避できるクラブを選びましょう。確実に乗せられる100ヤード以上は飛ぶ得意のゴルフクラブを選ぶことで、戦略的なレイアップをすることができます。

コースマネジメントに直結

thum jremy_blake

レイアップは、堅実にプレーをすすめるための判断なので、コースマネジメントに直結します。どのコースにも、攻略ルートは存在します。自分の実力でコース攻めることを考えるコースマネジメントは、狙えるかどうかのショットを考えることが重要です。そのため、ラッキーショットを狙わないレイアップは、確実にボールをカップに入れるために必要になります。

スコアを上げるために、無理にグリーンを狙ってしまうと、バンカーや池に落ちてしまうことがあるので、レイアップは、コースマネジメントをする上で重要な判断ポイントです。

真の実力がつく?

thum 1mooreswing

レイアップはコースマネジメントと直結しているので、ラッキーショットは狙わず、堅実なプレーを考えるようになります。グリーンを無理にでも狙っていく人では、ラッキーショットも多くなりスコアのばらつきが出やすいです。自分のどこが良くて、どこが悪いかの判断ポイントが多くなります。レイアップで、刻んでスコアメイクを重視する人は、コースの攻め方を考えられるようになり、あとはスイングの練習やボールの打ち方を覚えてスコアを上げられるようになります。

レイアップはスコアを上げるために必要な考え方の1つです。今回紹介したことを確認し、堅実なプレーを目指してみては?

thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

GolfPlus編集部

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る