thum

thum

服装はどうする?雨の日のゴルフに便利な4つの道具

雨の日は天気が良い日と比べてコンディションが悪く、道具を多めに持っていく必要があります。今回は雨の日でもプレーを楽しめる道具を4つまとめました。

2017-02-20 00:00:00

1. レインウェアgolfplus

thum

レインウェアは雨の日にプレーする際に必要な道具の1つです。ゴルフをプレーするときにレインウェアを着用しなかった場合、低体温症になることがあります。思うように体を動かせなくなるので、体を冷やさないようにレインウェアを着用してプレーしましょう。

レインウェアの選び方は、「耐水圧」「透湿度」を見て選ぶ、動きやすいものを選びましょう。耐水圧と透湿度は、どちらの数値も高いほうがレインウェアの性能として優れています。

レインウェアの着用後は、レインウェアに記載されている洗濯絵表示と取り扱い方法を守って洗濯しましょう。

2. 濡れても滑らないグローブgolfplus

thum cl0ver628

雨の日にプレーするときは、濡れても滑らないグローブを持っていくと良いでしょう。天然皮革のゴルフクローブは、伸縮性が高く手になじみやすいですが、水分を多く吸った後は硬くなってしまうので注意が必要です。人工・合成皮革は均一性や防水性をあげたモデルを販売していることが多く、雨の日におすすめです。

雨の日は防水性が高くても、グローブが濡れてしまうことが多いので、グローブを複数枚持っていくようにしましょう。複数枚持っていくことで、スイングへの影響を減らすことができます。

ゴルフ場には、乾燥棚が用意されていることもあるので、前半9ホール終了時に乾燥棚へ濡れたグローブを入れて乾かすことができます。

3. ソックスの替えgolfplus

thum

ゴルフシューズに防水スプレーをかけても、靴の中が濡れてしまうことがあるので、ゴルフソックスを天気が良い日よりも多く持っていくと良いでしょう。前半9ホール終了後に着替えられるように持っていきましょう。靴の中が濡れたままプレーすると、集中が乱れてしまうことがあります。余計なことをスイング時に考えてしまい、ミスを誘発することがあります。

プレーに集中するためにも、ソックスの替えを何枚か持っていくと、天気が良い日とスコアがあまりかわなくなることがあります。


4. タオルを天気が良い日よりも持っていくgolfplus

thum

天気が良い日は、汗をふくためのタオルを1~2枚持っていけば足りますが、雨の日は天気が良い日よりもタオルを多く持っていきましょう。雨の日は自分の体だけでなく、グリップ用にもタオルを用意する必要があります。雨の影響でグリップが濡れてしまうので、スイング時に滑ってしまうことがあります。スイングに影響が出てしまう、クラブが手から離れ周りに危険を及ぼすことがあるのでタオルを多めに持っていきましょう。

雨の日は、天気が良い日よりも道具を多めに持っていく必要があります。今回紹介した道具を持って、雨の日でもゴルフを楽しくプレーしましょう!

▼ 以下のページもおすすめです!!

1.「ゴルフウェアで人気のおしゃれなコーディネート5選」
http://golf-plus.jp/articles/detail/183/

2.「どれがおすすめ?ゴルフ用のボストンバッグとは?」
http://golf-plus.jp/articles/detail/206/

3.「あると便利!ゴルフで使用するクラブケースとは?」
http://golf-plus.jp/articles/detail/218/


KEYWORD/TAGKEYWORD/TAG 道具 便利
thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

GolfPlus編集部

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る