thum rateroyal

thum rateroyal

飛距離を伸ばす!ゴルフの手打ち4つの直し方

手打ちスイングとは、下半身よりも手や腕ばかりを使ってクラブを振るスイングのことです。ダウンスイングで右足から左足への体重を移動できなければ、インパクト時の当たりが弱くなり、インサイドからクラブを振り下す感覚が掴めません。極端なスライスや低いトップボールが出やすいのもこのスイングの欠点です。今回は「手打ち」ゴルフの直し方を4つご紹介します。

2017-02-20 00:00:00

1. グリップエンドをへそにつける

thum motsuhiko_shinsaibashi

手打ちスイングでクラブを振ってしまっている場合、まずは、テークバックやダウンスイングで上体の動きばかりに注意が向いてしまい、下半身があまり動いていない可能性があります。

手打ちスイングの方がスイング中に注意しなければならないのは、「グリップエンド」と「フェース面」の「向き」です。グリップエンドは、常に自分の「おへそ」を向け、クラブと体との距離を変えないようにして振らなければなりません。ところが、アマチュアの方の多くは、スイング開始直後にグリップエンドが自分の左足よりもさらに外側方向を向いた状態でテークバックしてしまいます。

グリップエンドがおへその方向を向いた状態でテークバックできないのは、肩の回転を使って、クラブを振れていないこと、また無意識の内に手首の力でクラブを振ろうとしているからです。

「体」の回転に合わせてクラブを振れなければ、手首や指先の力ばかりに頼ってクラブを振ろうとするため、クラブのフェースが右方向を向いた状態でインパクトを迎えてしまうため、打ち出しからボールが右に出るスライスボールばかり出てしまいます。

また、右方向を向いたフェースはダウンスイングで元の真っすぐな状態に戻さなればなりません。腕や手首を使って上手く向きを戻そうとすると、今度はインパクトで左を向き過ぎてしまうため、打ち出しからボールが左へ向かってしまう、フックボールが出やすくなってしまいます。









2.ボールのドリルを実践し、腹筋を使って振る感覚を養う

thum golfzonehesaka

グリップエンドの方向とフェース面の向きを注意して振ることが手打ち防止につながることは、前章で解説しました。

テークバックでクラブと体との距離が遠くなってしまうスイングが長年、染みついてしまっている場合、イメージだけでそういった感覚を磨くのはとても難しいでしょう。

そういった場合にとてもおすすめな練習方法の1つが、アドレス時の両腕の間にボールを軽くはさみ、それを落とさないようにしてクラブを振るドリルです。

最初は大きめのボールを軽く挟んだ状態でクラブを振り、フィニッシュまで一気に振れるようになったら、今度は少し大きさを変えて、小ぶりのボールで同じようにクラブを振ります。ある程度、なれてきたら少し勢いをつけてスピード感のある素振りにチャレンジしてみても良いのかもしれません。

このドリルは、腕や手首に力が入らなくなるため、腹筋や背筋をいつも以上に使って必死にクラブを振らなければなりません。強制的に手打ちスイングを直したいそんな時はチャレンジしてみましょう。

3. 右手グリップにタオルを巻いてスイングする

thum kazuki_tucci

アドレスの時点でグリップに必要以上の力が加わってしまい、手首の柔軟性が失われた状態でクラブを振り上げようとするゴルファーを数多く見かけます。

アドレス時の右手が「ガチガチ」の状態でクラブを握ると、手首や腕の筋力に力が入り過ぎてしまうため、力任せにクラブを振ろうとして手打ちスイングになってしまいます。

アドレス時の右手の力みを抑えるためには、右手のグリップ位置だけに小ぶりのタオルを数回巻き、その上から右手のグリップを握ってボールを打つドリルを試してみましょう。

タオルを巻いた状態でグリップを握ると、指先に余分な力が入りにくくなり、テークバック時に無駄な力を使ってクラブを振る「クセ」を直せます。

また、右手のグリップを握る強さが抜けない場合は、少しウィークグリップ気味にクラブを握り直してみてください。右利きのゴルファーの場合、少しフック気味に握ることで右手に無駄な力が加わりにくくなります。


▼ この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます!

1.「ゴルフのグリップに種類あり?グリップの種類まとめ」
http://golf-plus.jp/articles/detail/188/

2.「パターとドライバーでは違う?クラブによって変えるグリップの握り方」
http://golf-plus.jp/articles/detail/279/

3.「初心者必見!ゴルフのウィークグリップってなに?」
http://golf-plus.jp/articles/detail/396/



4. ゴムホース、足踏みスイングを試してみよう!

thum rinrin_1722

ここまでは腕や手首などの動きを修正する話が中心でしたが、最後は下半身の使い方に関するドリルをご紹介します。

手打ちを修正するには、ダウンスイングで上体の「動き」よりも「下半身」の動きが先行する形でクラブを振らなければなりません。

もちろん、上体の動きを見直すだけでもスイングは多少は変化しますが、さらに飛距離を伸ばそうというのであれは、上体と下半身の捻転差を使ってクラブを振るという感覚を身に付けなければなりません。

そういう意味では、腕をムチのようにしならせ、粘りのある腰の回転力を使って振るイメージが出やすい「ゴムホース」など、柔らかい材質の練習器具を使ったドリルは少し恥ずかしい面もありますが、試す価値は十分あります。

ゴムホースなど、柔らかい練習器具を使用する時は、なるべく腕に力を入らないように注意しましょう。フィニッシュ後のホースがしっかりと体に巻き付き、鋭い音を出せるくらい振れるようになると手振りではなく、下半身を使ってクラブを振れるようになるはずです。

手打ちの直し方についてっと詳しく知りたい方はゴルフレッスンへGO!

▼ golfplusレッスン検索サイトURL
http://golf-plus.jp/lessons/


thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

GolfPlus編集部

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る