thum suzannewrightyoga

thum suzannewrightyoga

スコアが上がる!?ゴルフのプレー前の3つのストレッチ

ゴルフのプレー前にストレッチをすることで、ケガをしない、飛距離が伸びやすくなるなどのメリットがあります。今回は、ゴルフを楽しくプレーできる、プレー前にするストレッチを3つまとめました。

2017-02-20 00:00:00

プレー前にストレッチをするメリット

thum golfepilates

プレー前にストレッチをすることで、ケガをしにくくなるメリットがあります。腰がひざが痛くなるのは、股関節や足首が硬いことが原因です。硬いため、足りない捻転を補おうとし腰やひざに普段がかかってしまいます。

また、体が硬いとアドレスで重心が後ろに係る、スイングの軸がぶれるなど、スイング軌道が不安定になります。ストレッチで体の可動域を広げることで、安定した理想のスイング軌道に近づきます。

プレー前のストレッチは楽しくゴルフをプレーできるようになるので、意識してやるようにしましょう。

1. 肩甲骨をストレッチして腕の可動域を広げる

thum

肩甲骨が硬いと、深いトップやフィニッシュが取れなくなり、スイングが不安定になります。肩甲骨をストレッチすることで、肩甲骨が柔らかくなり、しなやかで力強いスイングができるようになります。また、体のバランスが整えられ、ケガを予防できます。

肩甲骨を柔らかくするストレッチはまず手を後ろに組んで肩甲骨を寄せます。組んだ腕を伸ばしたまま、前傾することでさらにストレッチ効果が高まります。

組んだ腕を伸ばすときは、息を吐きながらゆっくりと行いましょう。伸ばす時間は15秒~30秒程度です。

2. 股関節のストレッチ

thum

股関節が硬いと、ボールが当たる瞬間であるインパクトからフォローにかけてスイング軌道が不安定になるだけでなく、インパクト前の動作であるテークバックにも悪影響が出てきます。テークバックが浅いと、体のねじれが浅くなるので、キレのないスイングになってしまいます。

股関節を柔らかくすることで、前傾姿勢保たれ、ボールを捕まえやすくなります。

股関節のストレッチは、両膝の位置をキープした状態で、腰を左右に回すことです。また、ゴルフクラブを使用したストレッチもあります。ゴルフクラブで体を支え、足を前後にずらし、前足のかかとをつけたままお尻を引く動作を左右10回ずつ行います。太ももの後ろが伸びるので、股関節が柔らかくなります。

3. 体の捻転力を上げるストレッチ

thum

体の捻転力を上げることで、遠心力を最大に生かしたスイングになります。遠心力を生かしたスイングは、力が加わるので、ヘッドスピードが上がり、飛距離が伸びます。また捻転力が上がることで、ゴルフのスイングのぶれが少なくなるので、スイング軌道が安定します。

体の捻転力を上げるには、胸と背中を柔らかくするストレッチをします。まず手を頭の後ろに組みます。足を固定するためにヘッドカバーを股に挟んで方をできるだけ回します。そこから上体を3秒キープします。上体を起こしたらさらに深く方を回して、上体を傾けます。

今回紹介した3つのストレッチはすぐにできます。プレー前に体をほぐして、ケガがないよう楽しくプレーしましょう!

thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

GolfPlus編集部

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る