thum _jameshenderson_

thum _jameshenderson_

初心者必見!ゴルフの飛距離を伸ばす腰の回転

ゴルフの飛距離を伸ばすには、腰の回転が重要です。腰の回転をすることで、手や腕だけのスイングでなくなり、ヘッドスピードも上がります。今回はゴルフの飛距離を伸ばす腰の回転についてまとめました。

2017-02-20 00:00:00

飛距離を伸ばすには腰の使い方が重要

thum akimhassan

飛距離を伸ばすには、腰の使い方が重要です。プレゴルファーは腰のパワー、腰の回転スピードでボールを打って飛距離を伸ばしています。腰だけを動かそうとすると、腰と一緒に上体も回転してしまい、右肩が出てしまうのでスイングの軌道が不安定になってしまいます。スイング軌道が不安定になることにより、下半身と上半身の捻転差が発生せず、飛距離が落ちてしまう、ミスショットにつながってしまいます。

また、腰の回転を上手く使わないスイングは手や腕だけでスイングをしてしまい、ボールを正確に捉えることができず、ヘッドスピードも落ちてしまいます。

回転のスピードが上がってもミート率が悪ければ無意味

thum jasonweese

腰を上手く回転できていないと、飛距離が出ませんが、ミート率(ボールに効率良くエネルギーを伝えている指標)が悪くても、方向性が悪くなり、狙った方向へボールを運ぶことができません。腰を呻く回転させることで、飛距離を伸ばすだけでなく、ボールに方向性を持たせることができます。腰の回転は飛距離だけでなく、方向性をボールに持たせることができるので、意識してスイングするようにしましょう。

腰の回転は体の部位を上手に動かし、前傾姿勢を保つことを意識しましょう。

アドレスで腰を入れるのがコツ

thum mrxonny_d

腰の回転を意識したスイングをするには、アドレスで腰を入れて立つことです。アドレス時に腰を入れていないと、骨盤が立っていて、張りがない前傾姿勢になってしまいます。腰をスムーズに回転させるためには、貼りがある前傾姿勢を保つことが重要です。前傾姿勢を作る場合、直立した上体から、足の付け根を中心にして、骨盤を全景させます。最後に軽くひざを曲げることが大切です。

足の付け根を中心にして骨盤を前傾させることで、重心が低くなり前傾姿勢が安定します。

腰の回転の感覚を養う練習方法

thum

腰の回転の感覚を養う練習方法は、太ももにボールを挟んで練習するのがおすすめです。太ももにボールを挟んでスイングをすることで。腰の暴れを抑えることができ、下半身が安定したスイングを取得することができます。

ボールをはさんだスイングでも、中々感覚を養うことができなかった場合、大きく重いボールを挟んでスイングの練習をすると良いでしょう。お尻の位置はほとんど動かず、下半身が安定し、腰がその場で回転するようになります。

腰の回転はゴルフのスイングで重要です。今回紹介したことを確認してスイングしてみては?

thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

GolfPlus編集部

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る