thum waitwhatbrad

thum waitwhatbrad

初心者必見!ゴルフのトップの3つの原因

ボールの飛距離が落ちてしまうトップは原因があり、確認することによって練習に役立てることができます。今回は、初心者必見のゴルフのトップの原因を3つまとめました。

2017-02-20 00:00:00

トップってなに?

thum jaanaukkola

トップとは、クラブフェースの刃の部分である、リーディングエッジでボール上を叩いてしまうことをいいます。ボールはその場で跳ねてしまう、ゴロが出てしまいボールの飛距離が落ちてしまいます。飛距離が落ちてしまうミスショットなので、目標手前の池やバンカーなどに打ち込む可能性がある、距離間が変わってしまい、グリーンを超えてしまうこともあります。ナイスショットとトップの中間のようなショットをハーフトップといいます。

大事な局面でトップになると、規定打数よりも大幅に叩いてしまうことがほとんどなので、修正する必要があります。

原因その1 体が起き上がっているため

thum _jameshenderson_

トップになる原因として、体が起き上がっていることが挙げられます。アドレスした状態からインパクトにかけて体が起き上がり、ヘッドがボールに届かなくなるため、トップになります。体とボールの距離が遠くなると起きやすく、前傾角度が保てないとトップが出やすくなります。

前傾姿勢が崩れるのは、手先でボールに当てようとする手打ちや、クラブを速く振ろうとしたときです。一度スイングを始めると、自分の力でクラブの動きをコントロールすることが難しくなるので注意しましょう。

原因その2 左肩が上がっている

thum aceasmussen

トップになる原因として、左肩が上がっていることが1つ挙げられます。左肩がインパクトの瞬間に上がってしまうと、手首や腕を伸ばしてもボールが届かなくなります。アドレス、クラブヘッドが頂点にあるトップ、インパクトと左肩の高さをキープできないと、前傾姿勢が崩れてしまい、トップ気味のショットになるので注意しましょう。

左肩を右手で押さえてスイング練習すると改善されます。最初は素振だけ行う、慣れて来たら軽くボールを打って、さらに両手に戻してスイングすると、感覚を掴むことができます。

原因その3 アイアンの場合アッパー軌道のスイングになっている

thum beathemcheeks

トップになる原因はスイングの最下点がボールの手前にあるため起こります。スイングの最下点の軌道がボールの手前にあるスイングは、アッパー軌道のスイングです、ボールを上げようとする意識が強すぎると、アッパー軌道のスイングになりやすいです。

アッパー軌道ではなく、ダウンブローに打つことでトップが解消されます。ダウンブローのスイングは、振り上げと下ろす上から叩くようなスイング軌道です。バックスピンがかかりボールが止まりやすくなるので、狙った方向にボールを運びやすくなります。

ダウンブローの打ち方のコツは、スコアを上げる!ゴルフのダウンブローの3つのコツを参考にしてください。

▼ この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます!

1.「ドライバーの練習に最適!ゴルフクラブをゆっくり振る練習法とは」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1191/

2.「正しいスイングができる!?ゴルフの切り返しってなに?」
http://golf-plus.jp/articles/detail/302/

3.「スイングで重要!ゴルフでの体の軸の重要性」
http://golf-plus.jp/articles/detail/346/

KEYWORD/TAGKEYWORD/TAG テクニック トップ 原因
thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

GolfPlus編集部

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る