thum tlinkgolf

thum tlinkgolf

直したほうが良い?ゴルフのスエーってなに?

ゴルフのスエーは、飛距離が落ちてしまう、ボールが右方向へ飛んでしまう原因になります。今回は、初心者必見のゴルフのスエーについてまとめました。

2017-02-20 00:00:00

スエーはスライスの原因

thum olisar_golf

ゴルフのスエーとは、スイング中に体の軸が両足の間隔より外側にはみ出すことです。主に右側に体の軸がぶれることで起こります。スイング中にスエーになると、肩の捻転が浅くなる、右にずれた軸を左に戻しながらボールを打たなければならないので、カットスイングになりやすいです。カットスイングはスライスの原因になります。

またスライスだけでなく、スピン量が安定しないので、飛距離が落ちるダフリやチョロの原因になってしまいます。

-----
▼ゴルフグッズをお得に買うならamazon.co.jpがおすすめ
1. amazonで購入できるゴルフ関連全カテゴリをチェックする
https://www.amazon.co.jp/ゴルフ用品、ゴルフ用具全カテゴリまとめ

2. タイプ別のおすすめゴルフボールをチェックする。
https://www.amazon.co.jp/ゴルフ用品-ゴルフボールタイプ別紹介

3. 消耗品をamazonでまとめ買い
https://www.amazon.co.jp/消耗品一覧

4. ラウンド必須アイテムをチェックする
https://www.amazon.co.jp/ゴルフ必須アイテムまとめ

スエーの原因

thum gcpixel

ゴルフのアドレスは、少しひざを曲げて前傾姿勢で立ちます。アドレス時に両膝をしっかり意識していないことが原因で、スエーになることが多いです。また、飛ばそうとして、下半身を使いすぎている、無駄な体重移動が多いなど、下半身の動きがスエーの原因になりやすいです。

また、背骨がほとんど地面と垂直になり、右肩の位置が高すぎることも、スエーの原因です。右肩の位置が高すぎることで、体重移動が上手く行えず、スエーの原因になります。

スエーにならないためのコツ

thum cdrik54

スエーをしないでクラブを引く動作であるテークバックをするには、右腰と右肩を自分の後方に引くイメージで体を回転することです。また、右ひざはアドレスの位置から動かないように踏ん張ります。テークバック時は、お尻をボールの目標地点の方向に突き出すようにすると、バランスの良いトップを作ることができ、スエーではないスイングフォームになります。

スエーの場合、お尻がボールの目標地点の方向に突き出せず、パワーがないスイングになってしまうことがあり、飛距離が落ちてしまいます。

スエーを防止するための練習方法

thum jonathan_ship

スエーを防止するための練習方法は、体の軸を鍛える練習がおすすめです。バランスディスクに乗りながら素振りをすることで、体の軸を鍛えることができます。

両足をバランスディスクに乗せて立ち、最初は「腰~腰」の小さなスイングをします。バランスが取れるようになってきたら「肩~肩」、最後に振るスイングに近い大きなスイングをします。この練習方法で体の軸をキープしながら振ることを体に覚え込ませることができます。

また、練習に協力してくれる人がいれば、頭の横にヘッドカバーを置いてもらい、頭がスエーしていないか確認してもらいましょう。

スエーを直すことで、パワーをロスすることなく、ボールを打つことができるので、意識してみましょう。

-----
▼ゴルフグッズをお得に買うならamazon.co.jpがおすすめ
1. amazonで購入できるゴルフ関連全カテゴリをチェックする
https://www.amazon.co.jp/ゴルフ用品、ゴルフ用具全カテゴリまとめ

2. タイプ別のおすすめゴルフボールをチェックする。
https://www.amazon.co.jp/ゴルフ用品-ゴルフボールタイプ別紹介

3. 消耗品をamazonでまとめ買い
https://www.amazon.co.jp/消耗品一覧

4. Amazonの中古ゴルフクラブストアをチェックする
https://www.amazon.co.jp/中古クラブまとめ

thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

GolfPlus編集部

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る