thum keijokay

thum keijokay

スイングで重要!ゴルフでの体の軸の重要性

手や腕主体のスイングをした場合、ミスショットが起こりやすくなります。ミスショットを防ぐには、体の軸を意識してスイングする必要があります。今回はゴルフでの体の軸の重要性についてまとめました。

2017-02-20 00:00:00

遠心力を最大に利用できる

thum scull86

体の軸を意識したスイングは、遠心力を最大に生かしたスイングになります。遠心力を生かしたスイングは自然と力が加わるのでヘッドスピードが上がり、飛距離が伸びやすいです。正しく体を動かすためには、背骨を中心軸として回転運動を行うことです。軸に対して回転することでクラブの動きが安定します。スイング軸はドライバーやフェアウェイウッドなどの長いクラブほど重要になります。

体の軸が定まらないスイングは、ミスショットの原因になるので、意識してスイングするようにしましょう。

軸を意識しないと手や腕だけのスイングに

thum adventureranonymous

体の軸を意識しないスイングは、手や腕だけのスイングになりやすくミスショットにつながります。手と腕を主体にしたスイングは、バックスイングで腕で上げるように、クラブを担ぐように動かすので、体重移動が行われないまま軸が目標方向へ傾いてしまいます。この状態はスイングの始動が外側(アウト側)、終わりが内側(イン側)のアウトサイドインのスイングになりやすく、ボールが右に曲がってしまうスライスになってしまいます。

また、体重移動が上手く行われていないスイングは、ボールが左にいってしまうフックにもなりやすく、ボールの方向が安定しません。

軸回転で横振りになる

thum sunny1114

体の軸を使ったスイングは、背骨を中心とした横振りになります。骨盤をボールの方向に傾けることで、斜めのスイング軌道が作られます。上から下にクラブを振り下ろす縦振りや、腕主体のスイングになり、軸に対する回転が作られません。

横振りのスイングはドライバーやフェアウェイウッドなどウッド系のゴルフクラブの打ち方です。長いシャフトによる遠心力をより生かすことができます。飛距離を出すことが目的のウッド系を使いこなせるよう、体の軸を生かしたスイングを心がけるようにしましょう。

体の軸を鍛える練習方法

thum meanandnia

体の軸を鍛える方法は、背骨と地面と垂直にして立ち、クラブが地面と水平になるようアドレスします。この位置から横振りをすることによって、背骨を軸としてスイングする感覚が高まります。次にヒザの高さにボールがあるとイメージしてスイングをします最後に、前傾角度を深めてボールを打ちます。

骨盤を前傾させてスイングの軌道をフラットにする、背骨を丸めてアドレスしないよう注意して練習しましょう。

体の軸を使ったスイングは、手や腕主体のスイングにならず、ミスショットが起きにくくなります。今回紹介したポイントを確認しスイングしてみては?

KEYWORD/TAGKEYWORD/TAG スイング 初心者 体の軸
thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

GolfPlus編集部

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る