thum rappette1

thum rappette1

初心者必見!飛距離アップに欠かせないゴルフのコックってなに?

ゴルフのコックは飛距離と関係しています。またコックには種類があり、それぞれ特徴があります。今回は、ゴルフで重要な動作の1つであるコックについてまとめました。

2017-02-20 00:00:00

コックとは、手首を曲げること

thum srgolfgrip

ゴルフのコックとは、バックスイングで手首を曲げることをいいます。反対にダウンスイングでコックをほどくことをリリースといいます。

バックスイングでコックをすることによって、ヘッドスピードが上がるので、飛距離を伸ばすことができます。手首を中心にしたクラブヘッドの円運動が生まれるので、クラブヘッドのスピードが上がります。

バックスイングでコックし、ダウンスイングでほどきますが、手首に無駄な力が入ってしまうと、上手くほどくことができなくなってしまうので、飛距離が落ちてしまう原因になってしまいます。

スイングではコックのタイミングが重要

thum baldbarkin

バックスイングでコックしたらダウンスイングでコックをほどきますが、スイングではコックをほどくタイミングが重要です。このタイミングが早すぎるとコックした意味がなくなってしまうことがあります。また、ボールの飛距離が落ちてしまうダフリなどのミスショットの原因にもなってしまいます。また、始動でコックを入れてしまうと、バックスイングで方を回転させなくてもクラブヘッドが上に上がるため回転不足になり、飛距離が落ちてしまうことがあります。

コックには種類あり

thum gordonjarvisgolf

コックには次の3種類があります。

・アーリーコック
・レイトコック
・ノーコック

アーリーコックとは、テークバックの早い段階でコックすることです。テークバックの早い段階でコックすることによって、バックスイングをシンプルに考えることができます。アーリーコックは右手首を甲側に折ることが重要です。

レイトコックとは、トップに近づくにつれてコックする方法です。トップのタイミングが取りやすく大きなバックスイングをすることができます。

ノーコックとは、手首をおらずにバックスイングをする方法です。飛距離が落ちてしまいますが、ボールに方向性を持たせることができます。

コックの練習方法

thum julietbear21

コックが自然に入るようにする練習方法は、まず普段通りのアドレスを取ります。アドレス後はゆっくりテークバックを行います。左腕が地面と平行になった時点で、ゴルフクラブが地面と垂直になっている上体が理想です。ゴルフクラブが地面と垂直になった時点でグリップエンドを地面方向へ落としましょう。何度か練習して自然にできるようになると、コックが自然と入るようになり、ヘッドスピードが上がります。

コックは、飛距離を伸ばすために必要な動作です。今回紹介したポイントなどを確認して、スイング時に意識してみては?

コックの練習方法についてもっと詳しく知りたい方はゴルフレッスンへ!
レッスン検索はこちら!

▼ golfplusレッスン検索サイト
http://golf-plus.jp/lessons/

▼ この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます!

1.「初心者必見!ラフからの打ち方の4つの注意点」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1082/

2.「ゴルフでハーフトップになる原因と直し方」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1132/

3.「初心者必見!ゴルフのフェースコントロール3つの基本」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1134/

thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

GolfPlus編集部

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る