thum utahgolf

thum utahgolf

初心者必見!ゴルフのスイングの1つ「ダウンスイング」ってなに?

ゴルフのスイング動作の1つであるダウンスイングを正しくすることによって、ゴルフの上達がより早まります。今回は理想のダウンスイング、ダウンスイングのコツ、練習方法についてまとめました。

2017-02-20 00:00:00

ダウンスイングってなに?

thum swingjuice

ダウンスイングは、スイングの動作の1つのことで、トップから切り替えして、クラブをボールに対して振り下ろすことです。ゴルフを始めたては、横振りになってしまい、ゴルフクラブによっては、ミスショットにつながることがあります。正しいダウンスイングをすることによって、クラブの芯であるスウィートスポットにボールが当たりやすくなり、飛距離が伸びる、ボールの方向性が安定し曲がり幅が短くなります。

ゴルフの上達を目指すにあたり、上記の2つは重要なので、正しいダウンスイングを覚える必要があります。

理想のダウンスイング

thum andresguzzi

理想のダウンスイングは、クラブヘッドが頂点にあるトップからボールに当てる瞬間のインパクトに向かうハーフダウンの状態で、腕はダウンスイングに向かいながらも、上体は開かずに保つのが、理想のダウンスイングです。トップで上体がすぐに開いてしまうことがあるので、上体を保つよう意識しましょう。

また、クラブを大きく振ってしまうオーバースイングはダウンスイングが乱れてしまう原因になってしまいます。スイングをコンパクトにする意識でダウンスイングを行うと改善されます。

力を抜くのがコツ

thum magdieraats

ダウンスイング時に上半身の上体を開かずに保つためには、不要な力が入ってしまっていると体の上体が安定しません。また、スイング時に不要な力を入れてしまうと、腕が余計に回ってしまいます。そのため、ダウンスイングでは余計に回ったクラブを戻そうとする分振り遅れてしまうので、ミスショットにもつながります。

ダウンスイングで力を抜いて、腕は力を入れずに下半身の動きについていくスイングを意識すると良いでしょう。力を抜くことによって、大きくゆっくりとしたスイングになり、ダウンスイングが安定します。

ダウンスイングの練習方法

thum

ダウンスイングの練習方法は、腕にボールを挟みながらスイングすることです。ポイントは腕と左右の上腕の3点でボールを挟むことです。ボールを挟むことによって、不要な力を入れずにスイングすることができ、腕が必要以上に回らなくないスイングになります。また、ボールを挟むことによって振り遅れも改善し、上体が保たれたままスイングをすることができます。

正しいダウンスイングをすることで、飛距離を伸ばしボールに方向性を持たせることができます。今回紹介したことを確認しながらスイングをしてみては?

▼ この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます!

1.「スコアアップをねらえ!ゴルフのダフリの4つの直し方」
http://golf-plus.jp/articles/detail/231/

2.「これでは飛ばない!?アイアンのスイングで気をつけたい4つのこと」
http://golf-plus.jp/articles/detail/310/

3.「7番アイアンでスイングの基礎をつくる! その2」
http://golf-plus.jp/articles/detail/393/

KEYWORD/TAGKEYWORD/TAG 初心者 スイング ダウンスイング
thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

GolfPlus編集部

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る