thum

thum

初心者必見!ゴルフの筋肉トレーニングで気をつけたい4つのこと

ゴルフの上達のためにする筋肉トレーニングでは、意識して行わないと効果がないことがあります。また、体を痛める場合もあるので注意が必要です。今回はゴルフの筋肉トレーニングで気を付けたいことを4つまとめました。

2017-02-20 00:00:00

1. 必ずストレッチをする

thum

ゴルフの筋トレで気を付けたいことは、筋トレを始める前にストレッチをすることです。ストレッチを面倒に感じてやらなかった場合、筋を痛めたり腰が弱い人は腰痛を悪化させる場合があります。

ゴルフは体をねじる動きが大切なのでストレッチをすることによってさらに柔軟性を鍛えることができます。

基本的なストレッチは手首や足首、首や腰を回す、屈伸をして筋や筋肉を伸ばす一般的なストレッチで良いでしょう。飛距離を伸ばしたいと思う人は、日々のトレーニングに殉難運動も多く取り入れましょう。

2. 鍛えていけない筋肉がある

thum

ゴルフの上達を早くするために行う筋トレでは、鍛えてはいけない筋肉があります。鍛えてはいけない筋肉は「大胸筋」「上腕二頭筋」の2つです。ゴルフのセットアップ、テークバックのときに邪魔になってしまう筋肉です。体の回転を邪魔してしまい、パワー・キレのあるスイングがしにくくなってしまうので注意しましょう。

ゴルフの場合筋トレで筋肉をつける箇所は上半身ではなく、下半身です。脚腰を鍛えることによって、体の可動域が広がり、スイングの土台となります。

3. 足の柔軟性を上げる

thum

ゴルフは上半身よりも下半身が重要なスポーツです。そのため、下半身の土台を作るために足首の柔軟性を上げましょう。足首の柔軟性を上げて下半身を強くすることができます。

足首のトレーニングは、足首を右左に回転させるだけなので簡単です。この方法は、数多くのプロゴルファーもやっているトレーニングで足首が柔らかく強くなることで下半身が安定して、軸がブレないスイングにすることができます。どこでもできるトレーニングなので、意識してやると良いでしょう。

4. スクワットのやり方に注意

thum

スクワットは足は肩幅程度に開きます。この状態でヒザが90度程度になるまで沈み込みます。沈み込む際にヒザがつま先よりも前に出ないようにします。最初からお尻を後ろに少し突き出す形にして、上半身を全景させヒザも軽く曲げておきましょう。

スクワットの姿勢を間違えてしまうと、ヒザを痛めてしまいます。ヒザがつま先よりも前に出ないように注意しましょう。上半身を前傾させてヒザを曲げていくとつま先よりも前に出ることはありません。

今回紹介したトレーニング方法で、ゴルフのための体作りをしてみてはいかがでしょうか?

thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

GolfPlus編集部

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る