• ホーム > ゴルフの基本 > 初心者必見!飛距離を伸ばすゴルフの体幹を鍛えるトレーニングってなに?

thum tourkeyvisuals

thum tourkeyvisuals

初心者必見!飛距離を伸ばすゴルフの体幹を鍛えるトレーニングってなに?

体幹トレーニングをすることによって、健康になれゴルフの上達もより早くなります。今回は、ゴルフの上達に関係する体幹トレーニングについてまとめました。

2017-02-20 00:00:00

体幹トレーニングとは、ゴルフが上手くなる要因の1つ

thum breannagillgolf

体幹とは、両肩と超股関節を結んだ胴体のことをいいます。手足や足先のことは末端部といいます。

ゴルフの上達は、基本のスイングを習得する、ゴルフの知識をつけることも重要ですが、体幹を鍛えることによって、より早く上達することができます。

体幹を鍛えることで、体力もつき今まで重くて触れなかったゴルフクラブも扱えるようになり、より状況に応じてゴルフクラブを選択することができるようになります。スイングの土台である体を体幹で鍛えることによって、パワー・キレが増したスイングをすることができるようになります。

体幹を鍛えることによって飛距離が伸びる

thum golfunfiltered

末端部が主導になるスイングは、動作にムラが出てしまいスイングの良し悪しの幅が大きくなってしまいます。体幹を鍛えることによって、腕力・筋力だけでスイングの一つ一つの動作をするだけでなく、体全体で動くことができ、少ない力でも大きな出力が得るので飛距離を簡単に伸ばすことができます。

また、体幹を鍛えることによって、上半身と下半身の捻転差が大きくなるので、回転の力でより飛距離を伸ばすことができるようになります。

体が安定するので軸がブレない

thum scottandros

体幹を鍛えることによって、体の可動域が大きくなるのでスイング時に体が安定し軸がブレにくくなります。体の可動域が狭い場合、スイングが小さくなる、回転力が鈍る、体の踏ん張りが効かなくなるなど、飛距離やショットの正確性に問題が出てきます。体幹トレーニングを繰り返し、習慣かさせることで、下半身のパワーを伝える感覚を身につけることができます。

また、可動域が狭い場合、無理やり可動域を広げようとするため。関節部分に大きな負担がかかってしまいます。

簡単な体幹トレーニング方法はこれ!

thum

簡単な体幹トレーニング方法は、寝ながらすることができます。仰向けに寝転がって軽くヒザを曲げます。曲げたヒザを上に上げ、ヒザを自分の顔か顎にくっつけるように動かし戻します。この運動を何度も繰り返すことで体幹を鍛えることができます。へその下のあたりが引きつると体幹が鍛えられています。長時間やると、背筋に良くないので無理をしない程度にトレーニングしましょう。

体幹トレーニングは、パワー・キレがあるスイングの土台作りです。スイングを習得出来たあとは体幹トレーニングをしてみてはいかがでしょうか?

thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

GolfPlus編集部

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る