thum canadiangirl_2

thum canadiangirl_2

初心者必見!ゴルフの練習で意識したい4つのこと

ゴルフの練習は、ただゴルフクラブをスイングしているだけでは、上達が遅くなってしまいます。今回は、ゴルフの練習で意識したいことを4つまとめました。

2017-02-20 00:00:00

1. 時間の配分よりも練習方法を意識golfplus

thum olisar_golf

ゴルフの練習は、長くやれば良いわけではありません。自分に合った練習方法を意識して練習するようにしましょう。

練習方法は、ドライバーやアイアンだけではなく、グリーンそばからグリーンにボールを乗せるアプローチ、カップにボールを入れるパッティングも練習しましょう。

パッティングの練習方法は、「10ヤードを寄せる練習」「1~2mを入れる練習」がおすすめです。アプローチの練習方法は、「ウェッジでハーフスイング」「ハーフスイングより小さい2/3スイング「さらに小さいクォータースイング」「10ヤード先にボールを置いてそれにぶつける練習」など、距離感を掴む練習をするようにしましょう。

2. 手首の折れを意識golfplus

thum hocogolf

スイングの練習をするときは、手首の折れ(コック)を意識すると良いでしょう。手首を正しく折ることによって、スイングにパワーがでます。

普段通りのアドレスをし、ゆっくりテークバック(スイング時にゴルフクラブを後ろに引く動作) 左腕が地面と平行になった時点で、ゴルフクラブが地面と垂直になっている状態が理想です。垂直になった状態からグリップを緩めて、グリップエンド(グリップの端)を地面方向にストンと落とすような練習方法で、手首の折れ方を練習することができます。

3. 体の軸を意識して練習golfplus

thum my_life_as_a_golfer

スイングの練習するときは、体の軸を意識して練習しましょう。体の軸がぶれてしまうと、スイングの軌道が安定せず、上手くボールに当たらない、当たったとしてもボールの曲がり幅が大きくなってしまう原因の1つになってしまいます。

体の軸を意識する練習は、9番アイアンで練習することができます。足をそろえて、ボールを体の中心において、アドレスをとります。 ここから右足をうしろにさげてつま先立ちをして、左足でしっかりと重心を感じて下さい。 ここから、ハーフスイングで体の中心をずらさないようにボールを打つ1本足打法の形で練習すると、体の軸を鍛えることができます。

4. スイングのテンポ・リズムを意識golfplus

thum oppsales

ゴルフの練習をするときは、スイングのテンポ・リズムを意識しながらスイングをしましょう。ゴルフのスイングの練習時に1つ1つの動作にかかる時間がバラバラだと、良いショットができないことがあります。テンポ・リズムを一定にすることで、安定した曲がり幅のボールとなります。

スイングのリズムとテンポは個人差があるので、ゴルフスクールやゴルフ練習場などで自分に合ったものを見つけることが重要です。

今回紹介した4つのポイントを確認して、スコアアップのために練習してみては?


▼ この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます!

1.「疑問を解決!女性のゴルフ初心者のためのマニュアル」
http://golf-plus.jp/articles/detail/177/

2.「初心者必見!これだけはダメなゴルフの4つの打ち方」
http://golf-plus.jp/articles/detail/240/

3.「スコアを伸ばしたい人必見!初心者が上達するために意識したい4つのこと」
http://golf-plus.jp/articles/detail/249/

KEYWORD/TAGKEYWORD/TAG 練習 初心者 意識
thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

GolfPlus編集部

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る