• ホーム > ゴルフの基本 > 初心者必見!ゴルフのスイング動作の1つ、フォロースルーってなに?

thum miquel_vb

thum miquel_vb

初心者必見!ゴルフのスイング動作の1つ、フォロースルーってなに?

フォロースルーとは、スイングの動作の1つのことで、おろそかにしてしまうとミスショットの原因にも繋がります。今回はフォロースルーの意識、練習方法についてまとめました。

2015-10-28 16:00:00

フォロースルーは飛距離・方向性に密接している

thum coltboll

フォロースルーとは、ゴルフスイングの動作の1つのことで、インパクトの後、肩を回して腕を伸ばしながらクラブヘッドを飛球線に沿って遠くへもっていきながらフィニッシュに入る過程のことをいいます。

ボールを当てた後の動きですが、フォロースルーがボールを押すのでスイングの結果につながります。フォロースルーを意識しないスイングは前傾姿勢が崩れてしまい、肩から先にスイングを始めてしまう精度の悪いスイングになってしまいます。

フォロースルーは飛距離・方向性と深く関係しているので、確認して練習するようにしましょう。

フォロースルーでは長く大きな軌道を描くことを意識

thum kamk725

フォロースルーでは、長く大きな軌道を描くことを意識しましょう。長く大きなフォロースルーは、目標に対してクラブヘッドをより出すことができます。そのためボールに直進するエネルギーを伝えるため、ヘッドスピードが自然と上がって行きます。早い段階で、クラブヘッドを引き上げてしまうと、エネルギーが上手く伝わらないため、飛距離が落ちてしまいます。

短いフォロースルーは、スイングの最下点の位置がずれてしまい、大きく右のボールが逸れてしまうチーピンなどのミスショットにつながります。

フォロースルーの練習方法

thum iddo_

フォロースルーの練習方法は、ゆっくり行うことが重要です。速いスイングだと、スイングの軌道が不安定なので自分のフォロースルーを確認しづらくなります。

フォロースルーの練習方法は次の通りです。

・正しいフィニッシュの形を取る
・フィニッシュの形からゆっくりとインパクトの位置まで逆動作で戻す
・インパクトの位置からフォロースルーの動作をゆっくり行う

ポイントはゆっくりと行い、3~5回程度繰り返してからボールを打つことです。フォロースルーをキレイに行うことができるようになると、フィニッシュもスムーズに行うことができます。

スイングのフィニッシュについては逆C型?I字型?ゴルフのスイングのフィニッシュってなに?を参考にしてください。

フォロースルーの練習時の注意点

thum clovellycc

フォロースルーの練習時の注意点は前傾姿勢を保つことです。練習をしている際に、フォロースルーの動きに集中しすぎてしまうと、体が傾いてしまって軸がぶれてしまうことがあります。体の軸がぶれていることに気づかず練習を続けてしまうと、悪いクセとして残ってしまうので注意しましょう。

前傾姿勢を保つためには、打った後目線を斜めでボールを追うと自然と前傾視線を保つことができます。

フォロースルーは、ボールの飛距離・方向性に密接に関係しています。今回紹介したポイントを踏まえて練習してみてはいかがでしょうか?

▼ この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます!

1.「飛距離を出すための練習!ゴルフにおける横振りの重要性」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1047/

2.「飛距離が伸びる?ゴルフのへそ打法ってなに?」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1094/

3.「ショットが安定する!ゴルフスイングの最適なテンポとは」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1154/

thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

GolfPlus編集部

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る