thum izumintea

thum izumintea

飛距離が伸びる?ゴルフグローブを両手につける4つのメリット

グローブは通常、右利きの人の場合は左手のみ、左利きの人の場合は右手のみに着用します。ただ、片方の手だけのグリップではクラブの重さを支えきれない女性の方など、中には両手グリップの方がフィット感と安心感があるというゴルファーもいます。今回はゴルフグローブを両手に着用するとはどういったことなのか?解説します。

2017-02-20 00:00:00

グローブで手を保護しよう!

thum

特に女性の方など、グローブ両手に身に付けている人の多くは「手をしっかり保護する」といった目的で両手に手袋を着用している方が多いようです。手袋は片手のみだと、手袋をしていない方の手がどうしても日焼けしてしまいます。

また、冬場の寒い時期など、風が特に強い日のゴルフは手袋が片手のみだと、指先がかじかんでしまい、プレーに集中できない、といったこともあります。そんな時は両手に手袋さえ身に付けておくことで手元に温もりを感じながら余裕を持ってゴルフをプレーすることができます。

グリップ力の強化にもつながる!

thum monrayantiperspirant

また、両手にグローブを身に着けた状態でクラブを握ると、片手のみの時よりも力強く握ることができます。両手グローブは片手グローブの場合に比べ、全体的なフィット感も向上する他、手元と体との一体感が増します。さらに、インパクト直前に手元が緩まなくなるため、パワーをロスすることなくボールに伝えられるようになります。

両手グリップは握力が弱めの女性がするものだという認識の元、両手にグロープを着用することを拒む男性の方も多くいらっしゃいますが、実際には握力不足でクラブをしっかり握ることができない、例えばシニアゴルファーの方など、両手にグリップを着用することで上手くなるきっかけをつかむ方もいます。グリップにしっかり力を入れられるようになると、上体だけでなく、下半身にも力を入れてクラブを振れるようになります。

状況に合わせて着用方法を変えてみよう!

thum rie_4.30

今回は、両手グローブとは何なのかを簡単に紹介させていただきましたが、皆さんはどんな感想をお持ちになられましたでしょうか?中には、今度のプレーで両手グリップを試してみよう。そんな方もいらっしゃるかもしれません。

そこで、最後の章ではこれまで左手のみだった方が、両手グリップを試した場合に感じやすい違和感の克服方法を2つ、事例も交えてご紹介します。

両手グローブを初めて試すといった場合、フィーリングに違和感を感じるタイミングというのは人それぞれ微妙な違いがあります。ただ、以下に示す事例と解決方法は実践中によく戸惑いやすいシーンでもあるため、お困りの際には是非、参考にしてみて下さい。

(事例1)
両手にグローブを身に着けた状態では、繊細なパッティング(グリーンでパターを使用してボールをカップに狙うようなストロークなど)が難しい場合がある。そういった場合は、どんなに短い距離であっても、片手でストロークするのではなく、手袋を外して両手でストロークすることをおすすめします。

(事例2)
両手グリップはどうしても、手元に強い力が加わってしまいがちとなるため、ボールにより効率よくパワーを伝えたいフルショットでボールを打つ場合は両手、グリーンそばからボールをグリーンに乗せるアプローチやパッティングは左手のみといった、状況によって手袋の身に付け方を工夫することが大切です。

▼ この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます!

1.「初心者必見!ゴルフのグローブ選びの3ポイント」
http://golf-plus.jp/articles/detail/447/

2.「ゴルフのグローブサイズを決める時の注意点とは?」
http://golf-plus.jp/articles/detail/201/




thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

GolfPlus編集部

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る