thum etpi_physiounit

thum etpi_physiounit

テンポよく振る!ゴルフのスイング時のリズム

スイングのリズムやテンポを一定にすることによって、スコアを上げやすくなります。今回はスイング時のリズムとテンポとは何か、自分に合ったリズム・テンポの探し方、練習方法をまとめました。

2015-10-26 10:05:50

スイングのリズムとは間合いのこと

thum zhuxing_

スイングのリズムとは、「1、2」「1、2、3」といったスイングの間合いのことです。テンポとは、リズムに対する時間のことです。

通常のスイングは2秒程度といわれています。「1、2」のリズムでスイングをする人は、スイングをし始めてから「1」までが1秒、1から2までの時間が1秒かかります。

スイングのリズムとテンポは個人差があるので、ゴルフスクールやゴルフ練習場などで自分に合ったものを見つけることが重要です。

スイングで大切なのはリズムとテンポ

thum goodkidbaadcity

ゴルフのスイングを練習しているときに、1つ1つの動作にかかる時間がバラバラだと、体と腕のパーツが正しく動いていたとしても良いショットができないことがあります。リズムとテンポを一定にすることで、スイング時の動作が自分に合ったものでなくても、安定した曲がり幅の弾道でボールが飛んで行きます。

ボールの曲がり幅が安定している場合、狙った方向にボールを打つことができるので、スコアを良くすることができます。

スコアアップを目指して行く場合は、飛距離を稼ぐことも大切ですが、リズムとテンポを一定にしてスイングすることも重要です。

自分に合うリズムを見つける方法

thum tylerdicegolf

自分に合うスイングのリズム・テンポを見つけるには、様々なスピードでスイングをすること、グリップを握る強さを変えることです。

スイングのスピードを100%、80%、50%、20%というように変える、グリップを握る力を同様に変化させることで、自分が一番心地よいと感じるスイングのリズム・テンポを見つけることができます。

また、自分に合うリズム・テンポを見つける中で、体重移動や体のねじりの動作も練習することができ、より理想とするスイングにすることができます。

リズムとテンポを良くする練習方法

thum yuvier

リズム・テンポを良くする方法は次の通りです。

1. ボールを約15cm離して3つ並べる
2. ボールより少し離れたところから連続で素振をする
3. ボールに向かって1歩ずつ進む
4. ボールを手前から順番に打っていく

一定のリズム・テンポを維持しながらボールを打つことが重要です。この練習によって、スイングを考えすぎて動けない、スイング時に不要な力を入れてしまうという、ミスショットになりがちな原因も解消することができます。


スイング時のリズム・テンポは、スコアを上げるために必要な項目です。自分に合ったリズム・テンポを確認してみてはいかがでしょうか?

スイング時の正しいリズムの取り方について
もっと詳しく知りたい方はゴルフレッスンへ!
レッスン検索はこちら!

▼ golfplusレッスン検索サイト
http://golf-plus.jp/lessons/

thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

GolfPlus編集部

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る