thum davidifty

thum davidifty

初心者必見!ゴルフのスイング時の右手の3つの使い方

スイング全体の中で、右手が果たす役割とは何なのか?トップやダフりの原因にもなっていると指摘され、少し戸惑いを感じている方もいらっしゃるのでは?確かに、スイングは左手主導で振るのが理想です。しかし、これは右手は全く使わない方がいいということを意味している訳ではありません。今回はスイングにおける右手の正しい使い方とは何か、3つご紹介します。

2017-02-20 00:00:00

右手が上手く使えないとダフリやトップの原因に

thum skylerirvine

ゴルフにおけるスイング中の右手や右手首が果たす役割とはいったい何なのか?これは、結論から申し上げると左手はインパクト時の「ボールが飛び出す方向性」を決め、右手はインパクト時のボールに伝わる「パワーの強さ」を決定する役割を果たす、というのが正しい答えです。

アドレスの状態からテークバックする際、左手は最初の初動では、アドレス位置からほぼ真っ直ぐ後ろに平行移動させるのが正解です。一方、右手に関しては、右ひじを引くような感じで右手が少しづつ、肘を体に近い方向へ徐々に動かしていきます。感覚的には、左手は体の正面で構えたクラブヘッドをターゲットラインの後方に真横に動かすようにしてクラブを引き、右手はタンスの引き出しを引くようなイメージでひじの位置がやや後方にシフトしていくような感じで動かすとクラブヘッドがプレーンをなぞるように動きます。

スイング開始直後の段階で左右の手が正しく動いているかどうかを確認したい場合、グリップエンドを常に体の正面(へその位置)へ向けた状態でクラブをきちんと振れているかどうかを確認してみましょう。スイング中にグリップエンドの向きが正面から大きく外れてしてしまうと上半身と下半身が予想以上にバラバラに動いてしまい、インパクト時にフェースが開いた状態でボールに当たってしまいやすくなります。

テークバック時の両手首はハンマーで釘を「木」に打付けるようなイメージで手首は甲側に折らずにまっすぐ上下に動かすことが大切です。スイング中に手首を左右に動かしてしまう動きは「ヒンジング」と呼ばれ、必要以上に手首を左右に動かしてしまうとプレーンの下をクラブが通過しやすくなります。また、ヒンジングはダフリやスライスを引き起こす原因ともなるため、クラブは真上に持ち上げるように、手首は必ず「縦」に動かすようにしましょう。


ダウンスイング時の右手の使い方

thum rathgeorg

右利きゴルファーにとって、悩みが生じてしまいやすいポイントの1つがダウンスイング時の右手の使い方でしょう。普段の生活でも使用する機会が多い右手は、スイング中においても利き手であるがゆえに、必要以上にムダな力が入ってしまいやすく、スイング軌道が乱れてしまう原因となります。

スイング中の右手の使い方の間違いが原因で起こるミスの中でも特に多いミスの1つが右手を使い、ボールの上からクラブを被せる、いわゆるアウトインサイドイン軌道でクラブが動かしてしまった場合に起こるスライスのミスです。

また、ダウンスイング時に右肩の位置が下がってしまうクセをお持ちの方の場合、スイングプレーンの下を通過せんとする右手をかばうように上から被せてしまい、強烈なフックの悩んでいるといったケースもありがちなミスの1つです。

ダウンスイング時の右手はなるべく、手のひらが下を向けてクラブを振らないように(手の甲を上を向けないように)スイングしましょう。この時、トップで作った手首の角度はが途中でほどけてしまわないよう、ギリギリまで粘ることが大切です。(コックを維持することで、クラブヘッドの最下点が安定し、トップやダフリのミスが起きにくくなります)

コックを維持するためにも、「右肘」積極的に活用しよう!

thum mrandrewshaw

手首のコックをテークバックで作るのが苦手な方やダウンスイングでコックがすぐにほどけてしまうといった方の場合、手首ではなく、「肘」を使ってコックを作るイメージでスイングすれば、しっかりとした「タメ」のあるトップを作ることができます。また、トップで右ひじに余裕があると、ダウンスイングで右ひじを絞るフォームへと移行しやすく、インサイドからヘッドを下しやすくなります。

ひじを曲げるタイミングは、テークバックからトップに移行する途中、具体的にはクラブが右腰のあたりを通過するか、しないかのタイミングがベストです。このタイミングで右肘を徐々に「く」の字になるよう、曲げていくことでスムーズにクラブを振り上げる感覚が掴めます。

「ヒンジング」は角度に気を付ける

thum julietbear21

スイングは体の中心からずれることなく手首は「縦」に動かすのが良いですが、トップの状態でクラブヘッドが頭側に寄ってしまう、いわゆるアップライトに振る「クセ」をお持ちの方やトップでシャフトが地面側に少し寝てしまう、いわゆる「レイドオフ」気味に振る「クセ」をお持ちの方の場合、手首を少しだけ左右に傾ける、「ヒンジング」の動きを取り入れると、オンプレーンにクラブを引き下ろしてこれるようになります。

ヒンジングは、いわゆる腕を左右に動かすスイングのことです。アドレスの状態からクラブが自分の肩よりも少し下にくる状態で構え、水平に動かすようにしてクラブを振ると、徐々に感覚が掴めるようになります。

最初の章で説明した手首を縦に動かす動きとヒンジングの動きは一見すると、相反する全く別の動きをしているようにも思えますが、なるべく両方の動きを取り入れなければ、テークバック時に腕を正しく動かすことはできません。

トップ時の右ひじの角度はちょうど、野球のボールを振りかぶって投げる時のように90度、右手のひらは蕎麦やの出前持ちのときのような形になるのが理想です。右手は、ボールが飛び出す角度や方向性を決める上でとても重要な役割を果たします。少しでも正確にボールを飛ばせるよう、自分の右手の動きのどこに問題があるのか意識してスイングすることを心がけましょう。

正しい右手の使い方についてもっと詳しく知りたい方はゴルフレッスンへGO!

▼ golfplusレッスン検索サイトURL
http://golf-plus.jp/lessons/

▼ この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます!

1.「初心者必見!ウェッジのバンス角を知っておけばスコアアップにつながる!」
http://golf-plus.jp/articles/detail/640/

KEYWORD/TAGKEYWORD/TAG 初心者 右手 スイング
thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

GolfPlus編集部

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る