thum audreypuente

thum audreypuente

緩める意識は正しい?ゴルフスイング時の右脇の3つのポイント

打ち出しからボールが左、左へと飛んでしまう「ひっかけ」はダウンスイングでクラブが外側から下りてくる、いわゆるアウトサイドイン軌道が原因です。今回は、そんなアウトサイドイン軌道のスイングを修正するため右脇の正しい使い方のポイントを4つまとめてみました。

2017-02-20 00:00:00

そもそも、右脇を締めるとは?

thum giuzepp8_5

スイング中の右脇は締めてスイングした方が良い、そんな話は誰しも1度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。しかし、なぜ右脇を締めてスイングする必要があるのか、これについては良く分からないという方が多いのではないでしょうか?

実はここでいう右脇とは、ダウンスイング時の右脇のことを意味しており、フォローやフィニッシュ時の右脇も締めた状態でスイングしなさい、という意味ではないということをまずは知っておいて下さい。

ごくたまに練習場等で右脇にタオルを挟み、フィニッシュまでそれを落とさないように振るドリルを実践している方を見かけることがありますが、この練習は実は大きな間違いです。

タオルを右脇に挟んだままの状態でフィニッシュまで一気に振ってしまうとスイングが全体的に小さくなり、ボールが極端に飛ばなくなってしまいます。

以上のことから、右脇が適度に締まった状態とは、スイングの「弧」が小さくならない程度にダウンスイングで適度に右脇が締まっている、そんな状態がベストであると言えるでしょう。次の章では、具体的な右脇の締め方を説明していきたいと思います。

ポイント①ダウンスイングでは右肘を曲げ、左腕を伸ばす!

thum ingolf_portugal

右脇が締まったダウンスイングを身に付けるためには、バックスイング時でクラブが腰の位置にある状態できちんと左腕がの位置が右腕よりも下の位置にある状態でクラブを持ち上げることができているかどうかを確認してみて下さい。

この時、右腕が左腕よりも高い位置にある状態でクラブを振り上げようとしている方は要注意です。左腕が右腕よりも高く上がってしまう方は、右手を積極的に使い肘を地面の方向ではなく横方向に向けてグラブを振り上げようとしている可能性があります。自分がもし、そのようなスイングになってしまっていると感じた場合は、早めにスイングを修正しましょう。

反対にダウンスイング時の右肘は、やや地面の方向(真下)を向ける、反対に左腕は真っすぐ伸ばした状態でクラブを振りおろすのが正解です。この時、右肘の筋肉は少し「ゆとり」を持たせて体の近くに引き付けるようなイメージで動かしましょう。右肘にゆとりが生まれることで右肘を締めた状態でクラブを振る感覚が徐々につかめてきます。

少しでも右腕の筋肉が張っていると感じた時は、シャフトが柔らかいクラブを使ってボールを打つドリルがおすすめです。ゆっくりと「しなり」を感じながら、時間をかけて丁寧にゆっくりと1球、1球、じっくり打ってみましょう。

ポイント②胸の開きを抑えながらクラブを振る

thum nterceo

クラブが外側から下りてきやすい人の場合、ダウンスイングで左肩が目標よりも左を向いた状態、つまり胸があまりにも早く目標方向へと向いてしまった状態でクラブを振り抜こうとしてしまっている可能性があります。胸をあまりにも早く開いてしまうと、体の近くにクラブヘッドを通過させることができず、フォロースルーの動きも大きく制限されてしまいます。

ダウンスイングからインパクトまではなるべく胸が開いてしまわないように注意しましょう。また、インパクト時は左肩や胸の面が目標方向よりもやや右側を向いた状態でクラブを振りきることが大切です。

飛距離を稼ごうとして上体の動きが速くなると、どうしても胸が開いた状態でインパクトを迎えてしまいがちです。胸の面がすぐに変わらないよう、なるべく胸が閉じた状態でなおかつ右脇の締まったインパクトを目指しましょう。

ポイント③手首、手のひらに力を入れすぎない

thum nyc_yogagirl

右利きゴルファーの中には、体の回転ではなく手首の力に頼ってボールをより遠くへ飛ばそうとするタイプのゴルファーがいます。手首の力を使ってスイングすることに関しては特に問題があるという訳ではありません。

ただ、ダウンスイングであまりにも右腕や手首に力が入ってしまうと右脇を締めるどころか、大きく空いた状態で外側からしゃくるように腕を使ってクラブが外側から下りてきてしまう方がいらっしゃいます。そういった方に限ってボールを左にひっかけてしまったという経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

そんなクセをお持ちの方は、まずグリップを握る手首の力の入れ具合を見直してみることから始めると良いでしょう。この時、グリップは目いっぱいの力で握りしめるのではなく、クラブが下に落ちない程度になるべく「ソフト」に握ってあげることが大切です。

グリップを柔らかく握ることで右腕全体の力が抜け、ヘッドも操作しやすくなります。なお、どうしても力が抜けない場合はグリップにタオルを巻いてスイングしてみたり、少し大きめのグリップを挿入するなどアドレス時の力加減を見直すドリルを試すことで手首の動きが制限され、ショットの方向性がより安定するようになります。

右脇が締まった状態でボールが打てるようになると、スイングにタメが生まれ、ボールは良く飛ぶようになります。また、インサイドからクラブヘッドが下りてきやすくなるため、ひっかけスライスやプッシュアウトのボールが出にくくなります。記事を読んで気になった方は右脇を締めて打つスイングを是非一度、試してみて下さい!


KEYWORD/TAGKEYWORD/TAG スイング 右脇 ポイント
thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

GolfPlus編集部

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る