thum frafrar

thum frafrar

簡単にグリーンオン!ゴルフのアプローチで気をつけたい4つのこと

グリーン周りでボールをグリーンに上手く乗せられず悩んでいる人も多いのではないのでしょうか。今回は、ゴルフのアプローチで気をつけたいことを4つまとめました。

2017-02-20 00:00:00

1. 手首だけで打ってはいけない

thum pat_monte15

20~30ヤードの短いアプローチは、スイングに慣れていないことが多く、難しいです。小さめのスイングはタイミングが取りにくいため、グリーンに上手く乗せられないことがあります。短いアプローチのスイングをする際は、手首だけで打たないように注意しましょう。手首だけで打ってしまうと、ボールを宛に行くスイングになってしまい上手くボールをグリーンまで運ぶことができません。

短いアプローチでは、ボールを打つ瞬間からスイングを振り終わる瞬間であるフィニッシュで両膝をわずかに目標へ向けて、腰をカップ側に少し開くようにすると、手首で打つことのないスイングをしやすいです。

2. 打ち上げるか転ばすか

thum jasongeil

アプローチの方法として、打ち上げるか転ばすかの2つの方法があります。ピンまでの距離、ボールの状態に合わせてどちらにするか選びましょう。アプローチは状況にもよりますが、打ち上げるよりも、ボールを転がした方がグリーンに乗せやすいです。

打ち上げるか、転ばすかのどちらかでアプローチをするかを決めた後はウェッジを使い分けると良いでしょう。打ち上げやすいのがピンチングウェッジ、ボールを転ばしやすいのがアプローチウェッジです。クラブを使い分けることによって、上手くボールをグリーンに乗せることができます。

3. 砲台グリーンへのアプローチ

thum unbelievable_tomi_peace

砲台グリーンとは、フェアウェイよりも高い位置にあるグリーンのことです。砲台グリーンへアプローチをする場合、距離感を掴むことが大切です。グリーンまでの残りの距離と、カップまでの位置をしっかりと確認しましょう。距離感をイメージすることによって、スイング幅を調節することができるので、上手くグリーンにボールを乗せることができます。

高い位置にあるグリーンを狙うには、ボールを高く上げるためにいつもよりクラブの面であるフェースを開いた状態で打つと良いでしょう。

4. ボールの落下地点の傾斜を考慮

thum raymond_rayray

アプローチでボールをグリーンに乗せることだけを考えてしまうと、ボールの落下地点の傾斜を忘れてしまいがちです。アプローチでグリーンにボールを乗せる場合、ボールの落下地点の傾斜を考慮しましょう。ボールが落下してからどういう転がりをするのかということまでイメージするのがアプローチでは大切です。

カップまでの傾斜を計算して、狙った方向にボールを運ぶことができれば、無理なく次のショットでカップにボールを入れることができます。

今回紹介したアプローチの際の注意点を確認して、ボールを上手くグリーンに乗せましょう!

▼ この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます!

1.「初心者必見!ゴルフの「チャックリ」ってなに?」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1126/

2.「アプローチショットでバックスピンをかける4つのポイント」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1138/

3.「意外な上達テクニック!片手打ちでゴルフが上手くなる理由とは」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1168/

KEYWORD/TAGKEYWORD/TAG グリーンオン アプローチ 注意
thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

GolfPlus編集部

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る