• ホーム > ゴルフの基本 > パターとドライバーでは違う?クラブによって変えるグリップの握り方

thum coreykasif

thum coreykasif

パターとドライバーでは違う?クラブによって変えるグリップの握り方

パターをドライバーやアイアンと同じように握る人も多いのではないのでしょうか。握り方を変えることによって、状況に応じて使い分けることができます。今回はクラブによって変えるグリップの握り方をまとめました。

2017-02-20 00:00:00

グリップの握り方は3種類

thum valgrine_putter

ゴルフクラブのグリップの握り方は大きく分けて次の3種類あります。

・オーバーラッピング
・インターロッキング
・ベースボール

オーバーラッピングは右利きの人であれば左手から握ります。左手の人差指と中指の間に小指を乗せる方法で、クラブを包み込むような握り方です。

インターロッキングは左手の人差し指と中指の間に小指を絡める握り方です。

ベースボールは両方の手が全く重ならない握り方です。テンフィンガーとも呼ばれて下り、野球のバットと同じ握り方という意味でベースボールといわれています。

ドライバーやアイアンはオーバーラッピングが基本?

thum blackgirlsgolf

ドライバーやアイアンのグリップの握り方はオーバーラッピングがオーソドックスです。左手主導でスイングしやすく、多くの人が使っているので真似しやすいので、ゴルフを始めた人におすすめです。インターロッキングは、コントロール性が良くなるグリップの握り方です。アイアンなど飛距離を稼ぐことではなく、狙った方向にボールを運ぶゴルフクラブなどでこの握り方にすると良いでしょう。手の小さい人でも握りやすいのもインターロッキングの利点の1つです。

オーソドックスなのはオーバーラッピングですが、コントロール性が良くなるインターロッキングなど、状況に応じて使い分けると良いでしょう。

パターは逆オーバーラッピングがポピュラー

thum bombtechgolf

パターの握り方はドライバーやアイアンと変えることによって、ボールがカップに入りやすくなることがあります。パターの握り方で一番オーソドックスなのが逆オーバーラッピングという握り方です。逆オーバーラッピングとは、名前の通りオーバーラッピングの逆の握り方で左手が上に来る握り方です。左手の人差し指を右手の小指と中指の間に乗せるのが基本の形になります。

逆オーバーラッピングの握り方をするのは次に紹介する理由があるので、グリーンで上手くパッティングすることができます。

パターで握り方を変える理由

thum aniartist_

パターで握り方を変える理由として2つあります。1つめは、右手の感覚を活かしてストロークをしたいという点、2つめの理由として逆オーバーラッピングで握ると手首の動きを抑えられるからです。

右手は利き腕の人が多く、利き腕は感性に優れているので、繊細なタッチを出すことができます。また、手首の動きを抑えることによって、不要な力が入りにくくバックスピンがかかりやすくなってしまい、転がりが悪くなるのを防ぐことができます。

ゴルフクラブのグリップの握り方を変えることによって、飛距離を稼ぐことやコントロール性を良くすることができるので、ゴルフクラブごとにグリップの握り方を変えてみてはいかがでしょうか?

▼ この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます!

1.「ゴルフのグリップに種類あり?グリップの種類まとめ」
http://golf-plus.jp/articles/detail/188/

2.「パターとドライバーでは違う?クラブによって変えるグリップの握り方 」
http://golf-plus.jp/articles/detail/279/

3.「飛距離を伸ばす!ゴルフの手打ちの4つの直し方」
http://golf-plus.jp/articles/detail/366/

KEYWORD/TAGKEYWORD/TAG ゴルフクラブ グリップ パター
thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

GolfPlus編集部

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る