thum rubykavgolf

thum rubykavgolf

ドライバーで打つ時に初心者ゴルファーが気をつけたい4つの事

ドライバーはシャフトが長く難しいですが、今回紹介する打つときに注意したいことを確認することによって、改善されます。今回は初心者必見のドライバーで打つときに気をつけることを4つまとめました。

2017-02-20 00:00:00

1. インパクトが重要

thum volvikgolf

ゴルフクラブの1つであるドライバーは、主にホールの第一打であるティーショットを打つために使用します。そのドライバーで打つときに気を付けたいのが、ボールを捉える瞬間であるインパクトの注目することです。ドライバーで飛距離を稼ぐには、完璧なインパクトを作ることが重要です。

完璧なインパクトを作るためには、正しい立ち方である必要があります。両足の幅は、肩幅よりもやや広め位にし、少しだけ膝を曲げて、中腰位の姿勢でクラブを握り、スクエアスタンスで立つようにしましょう。

2. フィニッシュを意識

thum e_and_p_show

ドライバーは振り終わりのフィニッシュも意識しましょう。フィニッシュには大きく分けて2種類あり、逆C型とI字型があります。初心者のうちはI字型のフィニッシュがおすすめです。I字型フィニッシュとは、スイングを終えたときに頭から足までがI字のようになっていることをいいます。

このときに右肩が必要以上に下がっている場合、右利きの人がボールが右に飛んでいってしまうスライスが多くなってしまうことがあります。I字のフィニッシュのコツはほぼ全ての体重を左足に乗せて、右足はつま先が地面に触れているように意識すると良いでしょう。

3. 大きくクラブを振りすぎない

thum andrewjamesgolf

ドライバーで飛距離を伸ばそうとするときにありがちなのが、より大きくドライバーを振って体の回転をより早くしようとする動きです。インパクトを上手くできないほか、スイングの振り遅れの原因にもなってしまいます。また、ボールがあらぬ方向へ飛んでいってしまうこともあります。飛距離を伸ばすには、クラブを大きく振り回すのではなく、バックスイングで貯めた力を逃さずに伝える必要があります。

地面を蹴る力をより強くすることによって、ねじれを開放させてパワーロスすることなくボールに伝えることができます。

4. シャフトの向き

thum michaelnissen26

シャフトの向きは、ボールと飛ばしたい地点であるターゲットを結んだターゲットラインと平行になります。バックスイング時にターゲットラインとシャフトが平行になるのが、シャフトの正しい向きです。

シャフトの向きが内側、外側になってしまった場合、ボールが曲がってしまう原因になってしまいます。内側の場合左方向、外側の場合右方向にボールが曲がりやすくなってしまいます。バックスイング時にスイングを停めて、シャフトの向きを確認すると良いでしょう。

ドライバーで打つときに気をつけたいのは、大きくクラブを振りすぎず、インパクトをしっかりと行うことです。飛ばそうという意識をあまり持たず、ボールを当てることに集中すると良いでしょう。

▼ この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます!

1.「ドライバーのプッシュアウトの原因と直し方まとめ」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1130/

2.「左利き(レフティ)でゴルフはできる?右利きとの違いまとめ」
http://golf-plus.jp/articles/detail/157/

3.「初心者必見!ゴルフのヘッドスピードを上げる4つの方法」
http://golf-plus.jp/articles/detail/172/

thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

GolfPlus編集部

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る