thum alishakovach

thum alishakovach

初心者必見!パターを打つ時に意識したい3つのこと

ゴルフのパッティングは、スコアに影響するともいわれており、いかにして少ない打数でグリーン上でボールをカップに入れるかが重要です。今回はパターを打つときに意識したいことを3つまとめました。

2017-02-20 00:00:00

ゴルフの成績はパターが占める?

thum mgbram

ゴルフのスコアを上げるためには、飛距離を上げる、コントロール性を良くするといった練習も大切ですが、パターのことも忘れてはいけません。

ゴルフのスコアを上げるには、グリーンでのパット数を少なくすることが大切です。上級者になるほどいかにパット数がスコアに影響を与えるのを身をもって知っていることが多いです。ショットのレベルを上げるのはもちろん大切ですが、スコアの3割以上を占めるといわれているパッティングを、極める努力をするのが、ゴルフ上達の近道となります。

次に紹介するパターを打つときの意識を持って、パッティングしてみましょう。

1. 無理に入れようとしないという意識

thum paytengolfs

慣れない内は、長い距離をカップインしようとは考えないようにしましょう。仮にロングパットが成功したとしても入ってラッキー!と思わずにカップインしたイメージを覚えるようにしましょう。

パターを打つときには、いかにして少ない打数でボールをカップに入れることも重要ですが、着実に近づけることも重要です。そのため、無理に入れようという意識を持たずに、どのようにしてカップまでボールを運ぶかということを意識しましょう。

2. 心に余裕を持つ

thum mystic_love4u

グリーンでは技術よりも集中力が必要といわれているコースの区域です。そのため、集中しすぎて深く考えてしまうこともあります。悩めば悩むほど無駄な意識が邪魔をして、せっかく組み上げ立てた異マージが崩れてしまう恐れがあります。心に余裕を持てば、理想のイメージに近いパッティングもすることができるので、集中しすぎず、落ち着いた気持ちを持てるように意識しましょう。カップに近づければ良い位の意識だと、パッティングが上手くいくこともあります。

3. ボールの転がり方のイメージを強く持つ

thum adam7791

パターはいかにして転がり方のイメージを強く持つかが重要です。特に、ホールの前 1~- 2mからボールが止まる、もしくは、カップに入る時のイメージ (スピードとライン) を 出来る限り鮮明に作ってパットをすることが 大切です。

ボールがカップの先の30~50cmに転がるスピードを まずイメージしてラインを決めると良いでしょう。そして、そのスピードでボールがカップに入るイメージを作ってから打つということを意識して行うようにしましょう。特に、大きく曲がる下りのラインでは、慎重に このイメージを作ることが ポイントです。

今回紹介した3つの意識で、スコアアップを目指しましょう!

▼ この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます!

1.「上達しやすいクラブ選びパター編Part2」
http://golf-plus.jp/articles/detail/360/

2.「上達しやすいクラブ選びパター編Part1」
http://golf-plus.jp/articles/detail/355/

3.「初心者必見!パターの4つの選び方」
http://golf-plus.jp/articles/detail/221/

thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

GolfPlus編集部

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る