thum oshtangohau

thum oshtangohau

初心者必見!アイアンが飛ばない4つの理由

アイアンを使用していて、違う番手なのに同じような飛距離しか稼げなくて悩んでいる人も多いのではないでしょうか。今回はアイアンを使用して飛距離を稼ぐことができない理由を4つまとめました。

2017-02-20 00:00:00

1. インパクトが上手くできていない

thum

アイアンで飛距離を出すには、ボールを捉える瞬間であるインパクトが重要です。そのため、インパクトが上手くできていないと、飛距離を出すことができません。アイアンでインパクトを良くするためには、少しだけクラブを上から下に下降させる途中でボールを打つことであるダウンブローでスイングをすることが必要です。特にテークバックといわれる、クラブを最初に動かすときにクラブヘッドを30cmくらいまっすぐ、飛球線に沿ってまっすぐ後ろに引く意識を持ってテークバックを行うと上手くいきます。

2. ヘッドを先に振ろうとしている

thum khenryjr

アイアインが飛ばない人のほとんどはインパクト前に手首のコック(手首を折ること)がほどけて、左手首が甲側に折れてヘッドが先行してしまっていることが多いです。すくい打ちというスイングになってしまい。通常の番手のアイアンよりもボールが高く上がってしまい、スピンも多くなるので飛距離が落ちてしまいます。アイアン以外のゴルフクラブでは、ヘッドが先行していれば飛距離ができますが、アイアンの場合弾道が弱々しくなってしまいます。

3. 構えが上手くできていない

thum catchmeonthelinks

アイアンの飛距離が出ない場合は、スイングだけではなくスイング以前にも原因があることもあります。スタンスが広くなってしまっていると、腰が揺れてしまい、ボールを打つときにクラブを後ろに振り上げることであるバックスイングがどこまでも上がってしまいます。そのため、スイングやショットの正確性を持たせることができません。スタンスを狭くすれば、ヘッドが上から入ってきやすくなり、飛距離が出ないのを直すことができます。

4. 無駄な体重移動をしてしまっている

thum e_and_p_show

アイアンショットで大切なのは、無駄な体重移動をしないことです。右から左へ体重移動をしてしまっていると、インパクトが上手くいきません。重心を変えない打ち方は、重心は左股関節を意識し、テークバックのときは体重を右に移動するのではなく、肩をしっかり回すことを意識すると無駄な体重移動を抑えることができます。

アイアンは使用する状況も多く、便利なゴルフクラブです。飛距離を稼ぎつつ自分の狙った方向にボールを運べるように、今回紹介した原因を参考にして見直してみてはいかがでしょうか?

アイアンが飛ばない理由についてもっと詳しく知りたい方はゴルフレッスンへ!
レッスン検索はこちら!

▼ golfplusレッスン検索サイト
http://golf-plus.jp/lessons/

▼ この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます!

1.「中級者向けアイアンの4つの選び方」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1250/

2.「打ちやすいものを選ぼう!上達しやすいクラブ選びアイアン編」
http://golf-plus.jp/articles/detail/342/

3.「スコアアップが狙える?ゴルフのチッパーを使うメリット・デメリット」
http://golf-plus.jp/articles/detail/615/

thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

GolfPlus編集部

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る