thum 14iikka

thum 14iikka

初心者必見!アイアンの使い方と使う場面

アイアンは番手が多く、状況に応じて使い分けることができるゴルフクラブです。使う場面も多くゴルフクラブの中でも使用頻度が高いです。今回はアイアンの使い方と使う場面をまとめました。

2015-10-16 18:56:47

アイアンは大きく分けて3種類

thum themtierney

ゴルフクラブアイアンは主に次の3種類に分けられます。

・ロングアイアン:2番アイアン~4番アイアン
・ミドルアイアン:5番アイアン~7番アイアン
・ショートアイアン:8番アイアン、ピッチングウェッジ、アプローチウェッジ、サンドウェッジ

このなかで初心者でも扱いやすいのは、ミドルアイアンである。7番アイアンです。アイアンの中で平均的な番手で、初心者にとっては比較的打ちやすくしっかりボールに当てやすいゴルフクラブです。

使う場面はフェアウェイ上とラフ

thum golfdude19

ゴルフクラブの1つであるアイアンの使う場面はフェアウェイ上とラフです。フェアウェイ上では、フェアウェイウッドも使用できますが、ラフでは使いにくいです。そのため、フェアウェイ上でも比較的芝生が長く生えている場所や、ラフなどを脱出することができるアイアンは、ゴルフのプレーでも使用頻度が比較的高いです。

また、フェアウェイ上で飛距離を稼ぎたい場合はロングアイアン、ラフで上手く脱出するときにはショートアイアンを使います。

使い方は飛距離によって使い分ける

thum xmayce

アイアンはゴルフクラブの中でも番手が多いです。そのため、アイアンの使い方は飛距離によって使い分けることです。アイアンは、番手ごとにクラブのシャフト(柄)の長さとヘッドの角度が異なるので、同じスイングをしても飛距離が異なります。フェアウェイ上からいかにグリーンそばに持ってグリーンを持っていくことがゴルフでは重要なので、番手の多いアイアンはフェアウェイ上で生きるゴルフクラブです。

コースの状況によってアイアンを使い分けましょう。

ロングアイアンは不要?

thum vilaubstarr

ロングアイアンはアイアンの中でもシャフトが長いです。そのため遠心力が生まれるのでスイングが難しいです。ロングアイアンのショットで気をつける点は、ロングアイアンは遠くへ飛ばすものという意識を失くすことです。アイアンはどの番手を使っても同じスイングを心がけることによってボールに当たりやすくなります。

どうしてもロングアイアンが苦手な人は、初心者でも扱いやすいユーティリティーを使用すると良いでしょう。

状況に応じて使い分けることができるアイアンを駆使して、スコアアップを狙っていきましょう!

アイアンの使い方と使う場面について
もっと詳しく知りたい方はゴルフレッスンへ!
レッスン検索はこちら!

▼ golfplusレッスン検索サイト
http://golf-plus.jp/lessons/

▼ この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます!

1.「徹底比較!アイアンのカーボンシャフトとスチールシャフトの違い」
http://golf-plus.jp/articles/detail/640/

2.「使い方では初心者の強い味方!?ゴルフクラブのチッパーの使い方」
http://golf-plus.jp/articles/detail/527/

3.「初心者にお勧め?「キャビティアイアン」ってなに?」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1151/


thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

GolfPlus編集部

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る