thum yokkyun4054

thum yokkyun4054

初心者必見!ドライバーを打つときに意識したい4つのこと

初心者にとって、ドライバーは打ちにくいものと思っている人もいるのではないのでしょうか?今回は初心者必見の、ドライバーを打つときに意識したいことを4つまとめました。

2015-10-16 18:00:27

1. 正しい立ち方を覚える

thum awwtim

ドライバーで飛距離を稼ぐためには、正しい立ち方、立ち位置を覚えると良いでしょう。ドライバーも他のゴルフクラブと同様に、自分決めた打つ方向に対して、左右のかかとを結んだ線が飛球線と並行になるスタンスである、スクエアスタンスで立つようにしましょう。ゴルフのスイングは、スクエアスタンスに対して、直角に、ちょうど両肩のラインが打つ方向に向いて立つことが基本です。

両足の幅は、肩幅よりもやや広め位にし、少しだけ膝を曲げて、中腰位の姿勢でクラブを握りましょう。

2. 飛ばすことを意識しすぎない

thum kumi78

ドライバーで飛距離を稼ぐことはコースの攻略を有利に進める上で大切ですが、飛ばすことを意識しすぎないようにしましょう。飛距離を伸ばすことを意識しすぎると、不用意に力が入り、スウィングの最初にクラブを後方に引く動作のことであるテイクバックが大きくなってしまいます。その結果、飛距離を伸ばすことができません。

飛距離を伸ばすことを意識するのではなく、いつも通りのスイングを心がけて、クラブヘッドの芯をボールに当てることを意識すると、普段よりも飛距離を稼ぐことができることがあります。

3. ティーアップの高さに注目

thum

ドライバーでティーショットを打つときは、ティーをボールがヘッドより半分くらいでているのが理想です。ここで意識したいのが、少しだけ高めにティーの高さを合わせることです。少しだけ高めにティーの高さを合わせることで、ドライバーのクラブヘッドの芯に当たりやすくなります。

あまり高くティーアップをしてしまうと、クラブヘッドの上部に当たりボールが高く上がりすぎてしまうテンプラになってしまうので注意しましょう。

4. いつものリズムを心がける

thum dyckham_7

ボールを打ち上げたいティーショットのときは、いつも通りのリズムとスイングを心がけるようにしましょう。打ち上げのホールでは、ボールを上げたいという意識が働いてしまい、ゴルフクラブがトップに達した時点からボールに当たる動きであるダウンスイングで状態が起き上がりやすくなってしまいます。

スイングのバランスが崩れてしまうと飛距離、ショットの方向性が失われてしまうので、ミスショットにつながってしまいます。

今回紹介した4つの方法で、ティーショットを成功させましょう!

ドライバーを打つときに意識したい4つのことについて
もっと詳しく知りたい方はゴルフレッスンへ!
レッスン検索はこちら!

▼ golfplusレッスン検索サイト
http://golf-plus.jp/lessons/

▼ この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます!

1.「ドライバーのプッシュアウトの原因と直し方まとめ」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1130/

2.「左利き(レフティ)でゴルフはできる?右利きとの違いまとめ」
http://golf-plus.jp/articles/detail/157/

3.「初心者必見!ゴルフのヘッドスピードを上げる4つの方法」
http://golf-plus.jp/articles/detail/172/



thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

GolfPlus編集部

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る