thum kristinabasham

thum kristinabasham

コントロールをよくするには?ゴルフでの左手首の使い方

ボールを思った方向へ必ず飛ばせるスイングを身に付けるためには、インパクト時のフェース面の向きがとても重要です。今回は、フェース面の向きが変わりにくい左手首の上手な使い方とは何なのか、まとめてみました。

2017-02-20 00:00:00

スイング中の左手首は変えてはいけない

thum tanodejijin

ボールを上手にコントロールできるスイングを身に付けるためには、左手首の使い方が重要となります。例えば、アドレス時に作った左手首の角度はスイング中にむやみに変えてしまったり、左右にねじってしまわないように注意しましょう。

ダウンスイング時の左手首は少しでも伸びるとヒールが浮いてしまい、ボールを芯で捉えられなくなります。また、インパクト時のクラブの最下点がボール手前へとズレてしまうため、ダフリのミスが増えます。

その他、手首の「折れ」によるミス以上に心配なのが、手首を使ってフェース面を必要以上の開閉させることによって起こるミスです。

スイング中の左手首は回すような動き(ローリング)が入ってしまうこと自体は特に問題ありません。しかし、あまりにも急激に回し過ぎてしまうとインパクト時のフェース面が開いたり、閉じたりしてしまうため、ボールが狙った方向になかなか飛びません。

逆に回す動きは抑えながらも、アドレス時の角度はなるべく維持できるように手首を動かすことができれば、打ったボールは左右にバラつきにくくなくなります。

正しい左手首のコッキングの動作とは?

thum

コッキングとは、バックスイングで手首を曲げる動作のことです。コッキングには、右手首で行うコッキングと左手首で行うコッキングがあり、今回説明するのは左手首を使ったコッキングの方法です。

スイング中にコッキングを入れるタイミングは人それぞれですが、特にオススメのタイミングは、テークバックでクラブが腰の位置に来たとき、もしくはトップでクラブが目標方向と平行なる切り返し直前の瞬間です。

また、コッキングはなるべく、横方向ではなく縦方向に行って下さい。手首が横方向に折れてしまうとフェースの向きが変わってしまい、インパクト時のフェースの向きが左右にズレてしまいます。

クラブはシャフトやヘッドが横方向を向いた状態で振り上げてしまうと創造以上の重さを手首で受け止めることになります。一方、シャフトが縦方向を向くよう上手にコッキングを行えば、ヘッドの重さは全て真下に向かうため、重たいクラブヘッドの重さを手首で受け止める必要がなくなり、軽々と操作できるようになります。(コッキングは横方向NGです。必ず縦方向に行うようにしましょう!)

左手首の角度が保てなくなるとどうなるのか?

thum fahruddinjamli

アドレスでグリップをした時の左手首の角度は、手の甲側に少し折れ曲がっている状態が一般的です。

フォロー時の左手首は、この少し甲側に折れ曲がった左手首が反対に手のひらが自分の方向を向くようにしてやや内側に向かって曲がっていきます。

左手首がこのような動きになれば、クラブのロフトは少し立ち気味となり、フェース面も少し左を向いた状態で綺麗にヘッドが抜けていきます。

逆に、アドレス時はやや甲側に曲がっている左手首が振り始めと同時にさらに上を向いてしまうような、地面を押さえつけるようなテークバックはNGです。スイング中に左の甲が上を向いてしまうと、フェース面が右を向いた状態でインパクトを迎えてしまいやすく、右利きゴルファーの場合はスライスが出やすくなります。

また、フォロー時の左手首は必要以上に手のひらを自分の方向へ向けて振り抜いてしまうのもNGです。インパクト時に手のひらがあまりにも自分の方向を向き過ぎるとインパクト時にフェースが左を向き過ぎてしまい、大きく左へとボールが曲がるフックボールが出やすく原因となります。

左手1本打ちで練習

thum adam_golightly_

左手首の角度をなるべく維持した状態のインパクトを習得するためには、左手1本打ちのドリルが有効です。はじめは短い距離のアプローチ(20yard、30yard)で左手の角度をキープしながら、ボールを50球くらい打ってみましょう。アプローチでボールを打つ際は、手首の角度と同時にフォローで手のひらを自分の方向にしっかり向けて飛ばすことだけを考えてスイングします。

この動きである程度ボールを打てるようになったら、次はフルスイングの左手一本素振りに挑戦です。腕をフルに使ってフォローが大きくなるよう、のびのびスイングします。フルスイングで左手首の角度をキープするためには、①リズム良く振る②左腕と下半身の動きを同調させる③手元が体から離れないよう注意する④ダウンスイングで左脇をしめる、以上4つが大事なポイントです。

最近、いまいちボールが上手く打てていないという方は是非、左手首の角度を意識したスイングに取り組んでみてはいかがでしょうか?

もっと詳しく知りたい方はゴルフレッスンへ!
レッスン検索はこちら!

▼ golfplusレッスン検索サイト
http://golf-plus.jp/lessons/

▼ この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます!

1.「初心者必見!ゴルフのヒンジングってなに?」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1077/

2.「どんな影響が出る?ゴルフのハンドレイトってなに?」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1097/

3.「最初が肝心!右手親指の正しいグリップでゴルフの基礎を学ぼう」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1170/


thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

GolfPlus編集部

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る