thum dmgolf

thum dmgolf

スコアアップをねらえ!ゴルフのダフリの4つの直し方

ゴルフのダフリには原因があり、ゴルフクラブやスイング時の意識を変えることによってダフリを直すことができます。今回は、ゴルフのダフリの直し方を4つまとめました。

2017-02-20 00:00:00

1. ゴルフクラブを変える

thum kazugolfjapan

ゴルフクラブを変えることによってダフリを直すことができることがあります。ゴルフクラブの種類によっては、クラブヘッドの底の部分であるシールの幅が異なります。ソールの幅が狭いと、抵抗が少なくラフなどでボールを直接打ちやすいのですが、狭い分地面に刺さりやすくなってしまいます。ソールの幅が広いと、少し手前からクラブヘッドが入ってしまったとしても、ソールが滑って飛距離の定価を防いでくれるので、ダフリに強くなり、ミスショットを起こしにくくなります。

2. カットスイングの克服

thum mongmong9

カットスイングとは、ボールが飛ぶラインよりも外側からボールを打つスイングのことです。カットスイングの場合、ボールを捉える瞬間であるインパクトの幅が狭くなってしまいます。

カットスイングはクラブヘッドがVの字のスイングであることがほとんどなので、U字を描くようにスイングするとインパクトゾーンが広くなり、ダフリにくくなります。ボールを上から叩き付けるようなスイングではなく、ボールを横から払いうつ形にすれば、U字のスイングになりやすいです。

3. 体が上下運動してしまうことの改善

thum jen_bean406

スイングで体が上下してしまうと、構えたときの足の位置とは違う位置にクラブヘッドが降りてきてしまいます。この時に右肩の位置をキープできていないことがほとんどなので、クラブがボールに手前に入ってしまいます。

改善するには、体を回転させるのではなく、左肩を後ろへ引くイメージでスイングすると、ダフリを解消しやすくなります。肩を水平に保つことを意識しながらスイングする用にしましょう。また、頭の向きを変えないようにするのも重要です。

4. 体重移動を意識する

thum edwardo1710

多くのダフリの原因として、右足に体重が残っていることから起こります。上手く右足から左足に体重移動ができると、ダフリを起こしにくくなります。ボールの位置は変えず、右足に体重をかけながらスイングをし、そのまま左足に体重移動させながらスイングすることを意識しましょう。このとき、右膝が前に出てしまうのは、上手く体重移動できていない証拠です。右膝をボール方向ではなく、左膝へ向かうように意識しましょう。

今回紹介したダフリの直し方を練習して、スコアを伸ばしましょう!

▼ この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます!

1.「これでは飛ばない!?アイアンのスイングで気をつけたい4つのこと」
http://golf-plus.jp/articles/detail/310/

2.「初心者必見!アイアンの使い方と使う場面」
http://golf-plus.jp/articles/detail/253/

3.「初心者必見!アイアンが飛ばない4つの理由」
http://golf-plus.jp/articles/detail/259/

thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

GolfPlus編集部

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る