thum bigmama_superstar

thum bigmama_superstar

ゴルフでダフリにつながる4つの原因と直し方

ゴルフで慣れないうちに起きるミスショットの1つであるダフリ。ダフリには、いくつかの原因があり直すことでスコアアップに繋げられます。今回はゴルフのダフリの原因を4つまとめました。

2017-02-20 00:00:00

ダフリとは飛距離が極端に落ちるミスショット

thum kajoko

ダフリとは、ボールを打つ動作によって生じる悪いクセの1つでプロのような素振ができる人でもよく起きます。ボールの手前の芝や砂を噛むショットのことです。ダフリが起きてしまうと、横振りのショットでも、飛距離が落ちてしまうほか、数10cmほどしか前に飛ばないこともあるので、直しておきたいゴルフのクセの1つです。

次に紹介するゴルフのスイング、クセが飛距離を落としてしまうダフリを引き起こしてしまう原因です。

1. カットスイングによるダフリ

thum the_wandering_greek

ダフリの大きな要因の1つはカットスイングによるといわれています。カットスイングとは、ボールが飛ぶラインよりも外側からボールを打つスイングのことです。カットスイングは、クラブヘッドがボールに対して振り下ろしているときに、ボールを捉える瞬間に鋭角に入ってしまうので、ボールを捉える部分が非常に狭くなってしまうため、ミスを誘発しダフリが起きてしまいます。

2. 体重移動が上手くできていない

thum jay_evans_

ダフリの原因の1つとして、体重移動が上手くできていないことが多いです。右足体重のまま体を回してスイングしていしまっていることが原因に挙げられます。スイングの頂点の時点で曲げた右腕が早くほどけてしまっているため、右足に体重が残ってしまいダフリが起きてしまいます。

体重移動をしっかりと習得することによって、ダフリ以外のミスショットもある程度防ぐことができるようになります。

3. 体が上下に動いてしまっている

thum golf1magazin

体が上下に動いてしまっているのもダフリが起きてしまう原因の1つです。下半身が暴れていることが多く、左足に体重が残って右に体重移動ができていない、左に乗り切れないまま切り返している、無理矢理に蹴りを入れてインパクトを合わせているなど、キレイなスイングフォームでないときにダフリは起きてしまうので、注意しましょう。

まずは、落ち着いて自分がイメージしたスイングをしっかりと行うことができると体も上下にあまり動かなくなります。

4. 必要以上に右手で打ってしまっているため

thum edwardo1710

カットスイングでダフリを起こしてしまう人は、必要以上右手でボールを打っている可能性があります。右手を必要以上に使ってボールを打ってしまうと、右肩が下がりダフる要因になってしまいます。この打ち方は野球のスイングと同じようになってしまい、ボールに上手く当たらなくなり、飛距離が落ちてしまいます。

ゴルフのダフリを減らすためには、ゴルフクラブを変える、体重移動を意識することで改善されます。

自分のダフリの原因を確認して、飛距離を伸ばしスコアアップを狙っていきましょう!

ダフリにつながる4つの原因と直し方について

もっと詳しく知りたい方はゴルフレッスンへ!
レッスン検索はこちら!

▼ golfplusレッスン検索サイト
http://golf-plus.jp/lessons/

▼ この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます!

1.「初心者必見!ラフからの打ち方の4つの注意点」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1082/

2.「ゴルフでハーフトップになる原因と直し方」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1132/

3.「初心者必見!ゴルフのフェースコントロール3つの基本」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1134/

thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

GolfPlus編集部

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る