thum

thum

飛距離を伸ばせる?ゴルフのリリースってなに?

ゴルフのリリースとは、バックスイングで溜めたパワーをインパクトの瞬間にボールに伝えるために、手首を返すことです。このタイミングが良ければ一気にパワーを解放し、ボールにぶつけることができます。理想のリリースと練習方法をご紹介しています。

2017-02-20 00:00:00

理想のリリースで飛距離を伸ばす

thum

英語で「リリース」というと「逃がす」とか「解放する」というような意味があります。ゴルフの中にも「リリース」というぜひ理解しておきたい言葉があります。

ゴルフのリリースにおいて何を「逃がす」かというと、バックスイングで曲げた手首です。つまり、バックスイング時に曲げた手首を一連の円運動の中で徐々に戻していく、言い換えると手首の動きを解放していくことを意味します。このリリースのタイミングは飛距離を伸ばす上で重要な役割を持っています。

もちろん、一連の動作の中でのタイミングですので手首だけの問題ではありませんが、インパクト時にボールに最大限の力を伝える上でバックスイング時に固めた手首をいつ、どのように返していくのかは飛距離に直接関係することです。リリースの原理を理解し、理想的なリリースとは何かをイメージすることは飛距離アップの近道です。

飛距離との関係

thum

飛距離を伸ばすためになぜリリースが重要なのかをまず理解しておきましょう。
飛距離を伸ばすにはできる限りパワーをのせた状態でインパクトする必要があります。そのためには、ヘッドを遅らせることが必要です。そうすることによってインパクトゾーンと呼ばれる、フェースがボールに向いている時間が長くなり、よりパワーが乗った状態でインパクトすることができるからです。
ですから体全体でボールに向かってクラブをスイングしながら、インパクトの瞬間で手首を返し、つまりリリースすることでよりヘッドを遅らせるというイメージです。当然、それは飛距離アップにつながります。

このリリースができていれば、例え体が小さくても、体力に自信がなかったとしても、飛距離を伸ばすことが可能になります。

理想のリリース

thum

手首を返すのが早すぎてしまうと、つまりリリースが早すぎてしまうと体が開いてしまい、バックスイング時に手首をそり返すことで溜めたせっかくのパワーが逃げてしまいます。そうすると、体重移動もうまくいかず、インパクトの瞬間のヘッドの速度も最大速度ではないため、飛距離は伸びません。
体格はいいのに、いまいち距離が伸びないということがあれば、もしかするとリリースが早すぎているのかもしれません。

ではどこまでリリースを我慢すればいいのでしょうか。理想は右足の前にグリップが来るまでです。
多くの場合、右足の前まで我慢できずに腰のあたりでリリースしてしまうことが見受けられます。そこをできるだけ右足の前まで近づけるように我慢しましょう。なるべくダウンスイングで、手首の角度を変えないように意識します。右足の前まで我慢できれば、意識して手首を返さなくても遠心力で自然にリリースされます。

そうすることでインパクトゾーンが長くなるだけでなく、フェースの向きも安定し、思った軌道でボールも飛ぶようになります。

リリースの練習方法

thum

理想的なリリースに近づけるためにはどんな練習をしたらいいでしょうか?一連のスイングの動作の中で、自分のリリースポイントを見極めるのは難しいことです。それで、意識として、手首はバックスイングの時の形から動かさない意識でスイングを繰り返しましょう。

矛盾しているように感じるかもしれませんが、良いリリースのためにはリリースしない意識でスイングすることが習得への近道です。初めはぎこちなく、いままでの打ち方の王が打ちやすいし、飛距離もでると思うかもしれませんが、あきらめずに続けてみましょう。ボールが中弾道で飛ぶようになれば、方向も安定してくることに気づくでしょう。

そのスイングを体に覚えこませることで、最大のヘッドスピードでインパクトできるリリースを習得できます。

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る