• ホーム > ゴルフの基本 > 真っ直ぐボールで飛距離アップ!ゴルフのドローボールってなに?打ち方は?

thum u_ta.yamamoto

thum u_ta.yamamoto

真っ直ぐボールで飛距離アップ!ゴルフのドローボールってなに?打ち方は?

同伴のプレーヤーからも喝采を浴びるようなビックドライブを一度でいいから打ってみたい。そんな夢を叶える1つの方法がドローボールの習得です。ドロー系の球筋はいわゆる「ひっかけ球」が出やすい傾向にあり、ボールが良く飛ぶ人の中には好きな球筋ではないという方も多い事でしょう。しかし、ボールがあまり遠くへ飛ばない方やスライス系のボールが多い人にとっては、ボールの飛ばし方やつかまえ方を習得できる球筋でもあります。 今回は、ドローボールを打つためのコツをまとめてみました。

2017-02-20 00:00:00

今の弾道に満足しきれていない人のために

thum s.saito72

体調も特に問題はなく、フルスイングで打ったボールは、必ず真っすぐ飛ぶ。それなのになぜか打ったボールがいつも「右」にフェードアウトしてしまう。時には、しっかりボールに当たった感触が手に残ることもあるが、基本はスライスボールばかり。この記事を読んでいる方の中にはそいうった問題に直面している方も多いのではないでしょうか?

もちろん、あえてスライスボールが出やすいスイングを意識したり、もともとそういう弾道のボールが好きだという方は、特にスイングを変える必要もなく、今のスイングのままで特に問題はないでしょう。

しかし、好き好んでスライスボールを打っている訳ではないという方や本来はもっと真っすぐ飛ぶボールを打ちたいと思っている人ほど、今の弾道に不満を持ちつつ、泣く泣く今の現状に甘んじてしまっているのではないでしょうか。

そんな方は、思い切ってスイングを一から作り直すことを検討してみても良いかもしれません。ドローボールを習得できれば、今までまでとは一味違う周囲をアッと驚かせるようなボールが打てるようになるかもしれません。

正しいドローボールの原理

thum y.k.s.r_fukuda

ボールをドロー回転で打っていくとはどういう事なのか?それを知るためには、まずは、インパクト時のフェースの向きとスイング軌道が打ったボールにどのような影響を与えるのか、この原理を知っておくことが大切です。

実は、ゴルフスイングにおけるインパクト時のフェースの向きと軌道の組み合わせは全部で9種類しかありません。下記は、9種類の各組合せと弾道の違いをそれぞれ列記したものです。皆さんは、自分の今のスイングはどの組み合わせに当てはまるのか、分かりますか?確認してみて下さい。

①インパクトでフェースが左を向いている。軌道はインサイドアウト
→最初は左にボールが飛び出す。その後、さらに左に切れていく。

②インパクト時でフェースが左を向いている。軌道はインサイドイン。
→最初から左にボールが飛び出す。軌道はあまり変化しない。

③インパクト時でフェースが左を向いている。軌道はアウトサイドイン
→最初は左にボールが飛び出す。その後、やや右に切れていく。

④インパクト時のフェース面は、真っすぐ。ただし軌道は、インサイドアウト。
→ボールは最初、真っすぐ飛び出す。ただし、その後はやや左に曲がっていく。

⑤インパクト時のフェース面は、真っすぐ。軌道も精度の高いインサイドイン。
→伸びのあるストレートボール。

⑥インパクト時のフェース面は、真っすぐ。ただし軌道は、アウトサイドイン。
→ボールは最初、真っすぐ飛び出す。ただし、その後はやや右に曲がっていく。

⑦インパクト時のフェース面は、右を向いている。ただし軌道は、インサイドアウト。
→最初は右にボールが飛び出す。その後、やや右に切れていく。

⑧インパクト時のフェース面は、右を向いている。軌道は、インサイドイン。
→最初は右にボールが飛び出す。軌道はあまり変化しない。

⑨インパクト時のフェース面は、右を向いている。軌道は、インサイドイン。
→最初から右にボールが飛び出す。軌道はあまり変化しない。

正しいドローボールの原理【解説】

thum ojostagram.3

先ほどの一覧を見た方の中には、お気付きの方もいらっしゃるかもしれませんが、いわゆる左曲がりボールというのは、大きく分けて3つあります。

1つ目は、左に打ち出されたボールがさらに左へと飛んでいく①のケースです。

2つ目は、真っすぐ飛び出したボールが、その後左へと曲がっていく④のケースです。

3つ目は、右に打ち出されたボールが左に曲がりながら目標と同じ方向に着地する⑦のケースです。これら3つの弾道の内、ドローボールと呼ばれているものは、⑦のみです。

スイングは、インサイドアウトの軌道でクラブを振りつつもインパクト時のフェース面はやや左を向いた状態でヒットするからこそ、強い弾道でなおかつ、曲がり幅が予測できる強弾道のドローボールが打つことができます。

他の2つの左曲がりのボールの内、①の弾道は曲がり幅の予測が立たないひっかけフックです。また、④の左曲がりのボールは、巷でいわゆる「フックボール」と呼ばれる、出だしは真っすぐ飛ぶが、その後ボールが左、左へと曲がっていく弾道のことです。



打ち方のコツ その1

thum twobee_onodera

どうしてもドローボールを打ちたいという場合、まず最初に見直すべきは「スタンスの向き」です。ゴルフスイングは、目標よりもやや右方向にスタンスを向けた方が、フォロースルーでクラブヘッドが体よりも遠い位置へと振り抜きやすくなります。

したがって、ドローボールを打ちたい時は特徴を生かし、スタンスをやや右方向に向け、クラブをいつもよりアウトサイド方向に勢いよく振り抜いていくことが大切です。また、アドレス時の体重がつま先側にかかってしまっている場合は、かかと側に体重が乗せて、腰を落としたアドレスを取ると良いでしょう。腰を落とすことでいつもよりもクラブと体の間の「ふところ」に余裕が生まれ、インサイドからクラブを下ろしやすくなります。

打ち方のコツ その2

thum nc2tarheels

ドローボールを打つのに最適な下半身の準備ができた後は、次は上体の動きで実際にドロー回転のボールを打っていく感覚をマスターしていきましょう。フェースが閉じた状態の理想的のインパクトを手に入れるためには、二の腕を使ってフェース面を積極的にローテーションさせていく感覚をつかむ必要があります。(ただし、ローテ―ションは絶対に手首だけで行わない事)

また、インサイドアウトのスイングでクラブを振っていくには、自分の両肩のラインがやや右を向いた状態のインパクトが理想です。左肩がやや右に向いた状態を維持しながら、目標方向のやや右側に向かってクラブを一気に振り抜いていきましょう。

二の腕の使い方が良く分からない時は、両手で握った車のハンドルを思いっきり左に切っていくようなイメージを想像すると良いでしょう。テークバックでは左腕の下にある右肘をインパクト、フォロー時に今度は右肘が上、左肘が下にくるように動かせば、手首を使わずともフェースは必ず、緩やかにローテーションしてくれます。ドロー系のボールを打つ際は、この動きを積極的に活用していきます。(ドローは、インサイドアウトのスイングが理想です。ダウンスイング時に右肘を下に向けることもお忘れなく!)

打ち方のコツ その3

thum

ドローボールを打つためのざっくりした技術的な説明は以上で終了です。前章までのスイングを実践すれば、おそらくほとんどの方が必ずドローボールをマスターできるでしょう。

そこで、最後の章では、よりドローボールが出やすいイメージの持ち方についてお話します。例えば、ドライバーを握ってドロー系のボールを打ちたいと思った時、通常のショットはフェースのど真ん中で打つイメージでスイングします。

一方、ドローボールを打つ場合は、インパクトでクラブヘッドの先端、「トゥ」をぐるりと回し、ボールを横から包み込むようなイメージでボールを捌いていくことが大切です。そのような当たり方で飛ばすことができれば、適度なスピン量を生み出すボールを打つことができます。

自分のスイングで、フェースのどこに当たっているかを知りたい場合は、クラブとボールが当たった位置をマークできるショットマーカーの利用がおすすめです。綺麗な弾道でまっすぐ目の方向に飛ぶドローボールが打てた時は、ヘッドのやや先端側で必ずボールを捉えてられているはずです。

その他、どうしてもドローが出ない場合は、テークバックでクラブをどのように振り上げているかを確認してみましょう。ドローボールを打つためには、必ずクラブを「アップライト」に振り上げる必要があります。

ゴルフスイングはアップライト気味に振り上げれば、ダウンスイングで「8の字」を描くように内側からクラブが下りてきます。逆にテークバックでクラブえをフラット気味に振り上げてしまうと「逆8の字」を描き、ダウンスイングで外側からクラブが下りてきやすくなります。これだけは、覚えておいて損はないでしょう。

クラブを振り上げた後はあとは体が開かないように、両肩を左に向けた状態をできるだけ維持しながら、手元が体の正面にきた時に二の腕をローテーションさせるという意識を持つだけです。ぜひ、チャレンジしてみてください。


飛距離アップにつながる正しいドローボールの打ち方について
もっと詳しく知りたい方はゴルフレッスンへ!
レッスン検索はこちら!

▼ golfplusレッスン検索サイト
http://golf-plus.jp/lessons/

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る