thum leytchi

thum leytchi

初心者が使いやすいゴルフクラブ6選

これからゴルフを始めたい方やコースデビューしたいと思っている方の中には、どのゴルフクラブがおすすめなのか、正直悩んでしまっているという方は多いのではないのでしょうか?今回は初心者でも簡単に使えるクラブを6つまとめてみました。

2015-10-06 16:44:15

1.クラブセット

thum thegolfingnetwork

初心者が最初に購入を検討すべきクラブの1つに「クラブセット」というものがあります。量販店やネットショップで売られているものは、ドライバーからパターまで全て1つのメーカーが製造しているものも多いです。

が、しかし中古ショップで購入する場合、異なるメーカーの中古クラブを組み合わせたものが店頭に並んでいる場合があリます。どちらのセットも初心者が最初に購入するクラブとしてはお得、かつ低価格な商品ではありますが中古のクラブはどうしても苦手という人でなければ、迷わず中古のクラブセットを購入した方が良いでしょう。

2.ハーフセット

thum garth_1980

ゴルフクラブは、バックに14本入ったものをフルセットと呼び、ルール制限いっぱいの本数が入ったものを購入するのが一般的です。しかし、その約半分の本数、つまり7本~9本くらいのクラブをバックに入れてセットが組まれているものが市場に出回っていることも良くあります。こういったクラブセットのことを巷ではハーフセットと呼び、初心者が使いやすいクラブとして扱っているお店もあります。

ハーフセットは、どこかのタイミングでフルセットへと切り替えが必要になることがあリます。しかし、14本のクラブどころか3,4本のクラブしか使いこなすことができない初心者にとっては、非常に扱いやすいクラブでもあります。そこで、楽にゴルフを楽しみたいという初心者の方にとっては購入するメリットがあるセットなのです。

3. シャフトが短いドライバー

thum ch_lamx

これからゴルフを始めてみようという人にとって、最も慎重に検討を重ねた上で購入しなければならないのがドライバーです。ドライバーは主にティーグラウンドの第1打で使用するクラブであることから、十分な飛距離を稼ぐことができなければ、正直ゴルフはあまり楽しいスポーツにはならないでしょう。

また、シャフトが長めのモデルはスイング中に大きな遠心力が発生するため、初心者の方が上手に使いこなすのは正直、難しいです。そこで、できることなら平均的なシャフトよりも少し短い45インチ程度のモデルを選ぶとミート率が上がり、より遠くまでボールを飛ばせるようになります。さらに、もっと振りやすいモデルを使用したいという欲求があるのであれば、なるべく軽いシャフトが挿入されているモデルを選ぶとより振りやすく、プレーでもより良い結果が得られることでしょう。

4. フェアウェイウッド

thum cashconvertersshahalam

フェアウェイウッドは、距離のあるセカンドショットやフェアウェイバンカー、ティーグラウンドなどで主に使用するクラブです。主な番手は「3番」や「5番」ですが、近年はロングアイアンを使う人が減っているせいもあり、「5番」や「7番」といったクラブも一定の需要があります。後述するユーティリティが苦手な方がソールが「広め」でなおかつ、ダフリに強いフェアウェイウッドを使用するといったケースも目立ってきています。

初心者の方がフェアフェイウッドを購入する場合、ヘッドの「形状」と「バランス」、フェースの「向き」が自分に合う適合モデルかどうかを見極めてから必ず購入するようにしましょう。同じフェアウェイウッドでもヘッド形状が縦長のディープなモデルは、スイートスポットも狭く、初心者には少し難しいかもしれません。できることならシャープで横に長めのヘッドが挿入されたモデルを選ぶことをおすすめします。

バランスに関しても少し軽めのモデルよりも、ある程度重さのあるものを使った方がスイング軸は安定します。フェースの向きはストレートなモデルが多いですが、構えた時に少し左を向くように見えるフックフェースのモデルを使った方が相性が良い方もいらっしゃいますので試打が可能なのであれば、2、3球ボールを打ってから決めても特に問題はないはずです。

5. ユーティリティ

thum pelota_de_golf

ユーティリティはウッドとアイアンの中間に位置するクラブでどちらかというと難しいクラブではあります。ただ、ロングアイアンが苦手な人にとっては、たとえ初心者であっても救世主となりえるクラブです。ユーティリティを使うメリットはロングアイアンと同程度の飛距離をロングアイアンよりも簡単に稼ぐことができる点にあります。

ユーティリティの形状は主に2つあり、どちらかとゆうとレベルスイング、フラット気味のスイングでクラブを振っていく方はウッド型の形状がおすすめです。一方、ダウンブロー気味にヘッド上からぶつけるようにしてスイングする方は、アイアン型のユーティリティを使用した方がスイングの特性を十分に生かせます。



6. ピンタイプのパター

thum adam7791

ピンタイプのパターは、ボール当てる面が広く、構えやすいのでコントロール性も良く初心者が最初に使ってみるクラブとしておすすめです。また、ボールを打つのに最適なスイートスポットが広めであるという事もミスショットに強いクラブとの評価を受けている理由の1つです。

今回紹介した8つのクラブで、コースデビューを果たしてみてはいかがでしょうか?

▼この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます!

1.「各ゴルフクラブの番手ごとの飛距離の目安」
http://golf-plus.jp/articles/detail/88/

2.「女性必見!女性の平均的なゴルフクラブの飛距離まとめ」
http://golf-plus.jp/articles/detail/192/

3.「初心者必見!一番練習した方が良いゴルフクラブまとめ」
http://golf-plus.jp/articles/detail/248/

thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

GolfPlus編集部

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る