thum dapperrob

thum dapperrob

初心者でも扱える?ドライバー選びの5つのポイント

ドライバーはゴルフクラブの中で一番飛距離を稼ぐことができますが、苦手という人もいるのではないのでしょうか?今回は、自分に合ったドライバーの選び方の5つのポイントをまとめました。

2017-02-20 00:00:00

1. クラブヘッドの形状に注目

thum pe_golfer

ゴルフクラブのヘッドの形状は大きく分けて2つあり、平べったい形の「シャローヘッド」、シャローヘッドと比べてヘッドに厚みがある「ディープヘッド」です。

シャローヘッドは重心を低く抑えるので、高い弾道のショットになります。まっすぐ飛び曲がりづらいので、とにかく曲がらない、まっすぐな球を打ちたいドライバーが欲しい人におすすめの形状です。

ディープヘッドは、回転を抑えたボールを打ちやすく、シャローヘッドと比べてボールが上がりづらいです。ボールのコントロール、弾道の制御をしやすいので、ボールをコントロールしてドローやフェードボールでコースを攻めたい人におすすめの形状です。

2. ドライバーの重さ

thum fagewhiteness

ドライバーの重量は、ボールに当たる瞬間の衝撃の大きさに関係してきます。ボールにより大きな衝撃を与えるには、ヘッドが重い方が与えられます。重いと衝撃を与えられますが、制御が難しくなってしまうので、自分が扱うことができる範囲で少し重めのドライバーを選ぶと良いでしょう。

3. ヘッドスピードで選ぶ

thum bigtomrob1

ドライバーは一番飛距離を稼ぐことができるゴルフクラブですが、ボールに当たる瞬間にヘッドスピードが最速でなければ、思うように飛距離を稼ぐことができません。クラブが重すぎる場合、ボールに当たる前にヘッドスピードが最速になってしまうことがあります。軽い場合は振り切った瞬間に最速になってしまうことがあります。

自分に合ったヘッドスピードのドライバーを見極めるために何度も試打をすると良いでしょう。

4. シャフトの長さ

thum k.tomocyan

ドライバーを選ぶときのポイントとしてシャフトが長いほど遠心力でヘッドスピードが上がりボールが曲がりやすくなり、短いほど遅くなり曲がりにくくなります。

また、シャフトが短いほどボールに当てやすくなるので、ドライバーが苦手な人はシャフトを少し短くするのも選ぶポイントの1つです。

5. シャフトの硬さ

thum michaelnissen26

ゴルフのシャフトでは硬さの種類を柔らかい方から順にR/SR/S/Xに分けて表記されます。ヘッドスピードが遅い人はRのシャフト、速い人はそれ以上の硬さを選ぶと良いでしょう。

自分に合ったドライバーを使用すれば、飛距離を稼ぐことができスコアアップも間違いなしです。今回紹介した5つのポイントに注目して、ドライバーを選んでみてはいかがでしょうか?

▼ この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます!

1.「上達しやすいクラブ選びドライバー・フェアウェイウッド編」
http://golf-plus.jp/articles/detail/325/

2.「飛距離を伸ばせる!?ゴルフの高反発ドライバーってなに?」
http://golf-plus.jp/articles/detail/447/

3.「上達しやすいクラブ選びドライバー・フェアウェイウッド編」
http://golf-plus.jp/articles/detail/201/

KEYWORD/TAGKEYWORD/TAG 初心者 ゴルフクラブ ドライバー
thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

GolfPlus編集部

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る