• ホーム > ゴルフの基本 > 1人でも回れるゴルフがあるってホント?1人ゴルフの魅力とメリットとは?

thum haleiwa

thum haleiwa

1人でも回れるゴルフがあるってホント?1人ゴルフの魅力とメリットとは?

皆さんは「一人ゴルフ」って聞いたことがありますか?一人ゴルフは、誰かとゴルフに行きたい気分だが、誘えそうな友人や知人が見つからない時やとにかく1人でも良いのでゴルフ場に行きたい、そんな方におすすめのサービスです。 今回は、最近少しずつ認知度も高まりつつある「1人ゴルフ」の魅力とは何なのか?予約の方法や利用メリットなど関する情報をまとめてみました。

2017-02-20 00:00:00

「一人ゴルフ」とは何か?

thum haleiwa

せっかくの土曜日をより充実したものにしたい。家族サービスもいいけれど、たまにはゴルフに行きたい。なんてお考えの方もいらっしゃるのではないしょうか?

近所の練習場は一人なら、身軽な格好で手軽に向かうことができますが、どうせならコースラウンドしたいですよね?そんな時、一度で良いので試してみてほしいのが「一人ゴルフ」です。

一人ゴルフとは、複数人でコースを予約せずとも、一人のみの予約でコースラウンドを楽しむことができるサービスのことです。友人や知人を誘ってのゴルフばかりを経験している方にとっては、あまり聞きなれないサービス名だとは思いますが、一度利用してみると煩わしい連絡や日程調整の必要もないため、気軽にコースラウンドを楽しめます。最近はシニア世代を中心に利用者も増えてきている、そんなサービスです。

たった、一人でコースを回るってホント?

thum dai_dyg

一人ゴルフの言葉の意味をそのまま解釈してしまうと、一人だけでコースを9ホール、ないしは18ホールをプレーすることが、一人ゴルフなのでは?そんなゴルフを想像し、少し不安を感じてしまう方も多いと思いのではないでしょうか?

確かに、「一人ゴルフ」はその言葉通りに、本当に一人のみでのラウンドが可能なサービスを利用できる場合もありますが、海外のゴルフコースに比べ、一人のみのラウンドに寛容なコースが圧倒的に少ない日本では、別の方法で「一人ゴルフ」を楽しむのが一般的です。

※一人のみでプレーできるゴルフ場は雑誌や新聞で言われているほど、数は多くありません。仮に利用できるコースがあったとしても少し割高なのが一般的です。

では、日本で「一人ゴルフ」を楽しみたい場合、どんな楽しみ方が可能なのでしょうか?次の章では、その具体的な楽しみ方を紹介していきます。

他のパーティに交わり、知らない人とゴルフを楽しむ?

thum byjiyoung

日本で「一人ゴルフ」を楽しむには、主に2つの方法があります。1つ目は、プロントやマスター室にて、一人ゴルフを楽しみたい人同士をぺアリングしてもらい、コースラウンドを楽しむという方法です。この方法はいわゆるリバーサイドコース(いわゆる河川敷)や練習場に併設されているショートコースなどで楽しむことができます。


また、2つ目の方法としては、すでに予約が完了している2~3人ぐらいの組に自分をプレイヤーの1人としてパーティに加えてもらい、コースをラウンドするという方法があります。この方法では会員権を保持している自分が所属するゴルフ場にて、研修会や月例コンペに参加する場合などで主に利用することが多い「一人ゴルフ」です。

昔は会員権を持っていないとビジターの方は、少し肩身の狭い思いされていたようですが、2つ目の方法を使ってどこかの組に混ぜてもらえば、河川敷コースでのプレーのような「一人ゴルフ」を本コースでも楽しめます。

一人ゴルフの予約の方法

thum tomioka_c

「一人ゴルフ」を楽しみたい場合、予約に必要な手続きは「インターネット」または「電話」、もしくは「その場」の主に「3つ」の方法で行うことができます。

インターネット予約が必要なのは、会員権を保持していないビジターの方がパブリックの本コースを予約する場合などで主に使用する方法です。インターネットの予約ページでは、常に一緒に一人ゴルフを楽しみたい方を募集しており、会員登録後に早めの予約を完了しておけば、週末や翌週のラウンドを使って「一人ゴルフ」で楽しむことができます。

「電話」予約による1人ゴルフの予約方法は、会員権を保持している方が「一人ゴルフ」を楽しむ場合によく利用する方法です。月例コンペや研修会は、定期的に開催されるものですが、もし仮に当日参加できないという事になりそうであれば、早めのキャンセルの連絡を入れるようにしましょう。

その他、河川敷やショートコースを利用する場合、「その場」予約が一般的です。当日に飛び込み参加でもプレーできるのは大変、魅力的なサービスではあります。しかし、河川敷やショートコースなどといったコースの多くが予約受付時間を設けている場合がほとんどです。そのため、河川敷コースやショートコースを楽しみたいといった場合は、事前に予約受付時間だけでも確認してコースに向かうと良いでしょう。

一人ゴルフのメリットとは何か?

thum captured.seconds

ゴルフの楽しみを「娯楽性」に求める方にとって「1人ゴルフ」は、とても寂しいプレースタイルです。そのため何が楽しいのかよくわからない、そんな感想をお持ちになったという方も多いのではないでしょうか。

ただ、ゴルフというスポーツ通して純粋に「人間としての成長」を図ってみたいという方や「スポーツ」としての「ゴルフ」を純粋に楽しみたい、という方にとって「一人ゴルフ」はとても貴重な経験を得られる時間を過ごすことができるきっかけとなるでしょう。

もちろん多くの方が心配されているように、河川敷やショートコースでの「一人ゴルフ」は確かに、ペアリングによっては自分よりもレベルが高い人や1回りも年齢が上の方とゴルフを一緒にプレーするといった可能性は十分あり得ます。

しかし、そういった方々と同じパーティでの一緒のプレーだからこそ、馴れ合いのゴルフではなかなか習得できない知識や技術の向上を図ることができる場合もあります。

今回は、初めての方には少しハードルが高い「一人ゴルフ」がテーマでしたが、皆さんはどんな感想を持たれましたでしょうか?1人ゴルフは、時には多少の勇気が必要になる時もあります。ただ、場合によってはなかなか一緒にラウンドできないような上級者とのラウンドなど、貴重な機会を得ることができることもあります。少しでも興味があるという方は、是非一度試してみるてはいかがでしょうか?

thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

GolfPlus編集部

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る