thum

thum

ゴルフで使えるおすすめの水筒をご紹介

年々暑くなる日本の夏。毎年「熱中症」対策が話題になりますが、ゴルフのプレーにおいても無視できない問題です。屋外でプレーする以上、適度な水分補給を行わないと脱水症状を起こす危険もあり、最近ではいつでも冷たい水分を取りやすいようにと水筒を持参する人が増えています。 特にプレーに熱中すると水分補給を忘れてしまいがちです。「喉が渇いたら飲めばいいじゃないか」と思うものの、実はそれでは「熱中症」を防ぐことはできないようです。 今回はプレー中の正しい水補給方法とゴルフ場のおともにおすすめの水筒をご紹介します。

2018-07-30 05:49:35

ゴルフ中の水分補給

thum

スタート前のまだ汗をかいていない間はミネラルウォーターやお茶を飲むようにし、汗をかき始めるラウンド中にスポーツドリンクに切り替えるのがおすすめです。スポーツドリンクの甘さが苦手という人はお茶と交互に飲むようにしましょう。粉末タイプのスポーツドリンクを薄めに作って水筒に入れておくという手もあります。

ラウンド中は一度に大量に飲むとお腹にたまってプレーがしにくくなります。トイレも近くなってしまうため、水分補給は複数回に分けて少量ずつ飲むようにしましょう。

-----
▼ゴルフグッズをお得に買うならamazon.co.jpがおすすめ
1. amazonで購入できるゴルフ関連全カテゴリをチェックする
https://www.amazon.co.jp/ゴルフ用品、ゴルフ用具全カテゴリまとめ

2. タイプ別のおすすめゴルフボールをチェックする。
https://www.amazon.co.jp/ゴルフ用品-ゴルフボールタイプ別紹介

3. 消耗品をamazonでまとめ買い
https://www.amazon.co.jp/消耗品一覧

4. ラウンド必須アイテムをチェックする
https://www.amazon.co.jp/ゴルフ必須アイテムまとめ

ワンタッチで開く水筒

thum

ゴルフのおともにおすすめなのが「サーモス 水筒 真空断熱スポーツボトル 【ワンタッチオープンタイプ】 1.0L ネイビーカモフラージュ FHQ-1001 NV-C」です。
蓋がワンタッチオープンになっているため、片手で飲むことができ、スマートに水分補給ができます。滑りにくいボディリング付きで、濡れた手でも手が滑らず握りやすい工夫がされています。ボトルの底にもシリコン製のソコカバーがついており、ボディを衝撃から守ってくれます。口径は4.5cmで大きな氷も入れやすく、長時間冷たさをキープしてくれます。もちろんスポーツドリンクを入れてもOKです。容量は1リットルで、ステンレス製魔法びん構造だから保冷効力は6時間持続します。パッキンは交換できるので長く使うことができます。ネイビーカモフラージュのアクセントカラーは鮮やかなヴィヴィットピンク。他にブラックカモフラージュがあり、こちらはスタイリッシュな黒一色でデザインもオシャレです。


保冷に優れた水筒

thum

保冷に優れた水筒を探すなら「サーモス 真空断熱スポーツジャグ 2.0L ダークブルー FFO-2003 DB【保冷専用 】」がおすすめです。
アスリートの水分補給をしっかりサポートする大容量の2リットルタイプで、保冷専用スポーツジャグです。スポーツドリンクも入れられますが、使用後はすぐに洗うようにしましょう。キャップはワンタッチオープンで、素早く水分補給ができます。キャップユニットは持ち運びの際の水もれを防ぐボタンロック付き。ロックアイスが入れやすい広めの口径で、本体の奥まで洗えて衛生的です。内部は真空断熱構造で冷たさが長時間長持ちします。重量約0.9kgと軽量で持ち運びにも便利です。


軽量の水筒

thum

持ち運びに便利な軽量タイプなら「タイガー 水筒 直飲み ステンレス ミニ ボトル サハラ マグ 軽量 夢重力 ブルーブラック MMJ-A048-KA Tiger」がおすすめです。
重量は360mlが約170g、480mlは約190g、600mlは230gとどのサイズも超軽量で、荷物にならず持ち運びも苦になりません。ワンハンドロック・ワンプッシュオープンで、片手で楽に飲めるので歩きながらでもスムーズに水分補給ができます。スポーツドリンクも入れられますが、やはり使用後はすぐに洗いましょう。保温・保冷どちらにも対応可能で、本体と栓は丸洗いでき、飲み口もはずして洗えます。ボトルの内面には滑らかで光沢のあるスーパークリーンプラス加工を使用、汚れにくく、サビに強いのが特徴です。汚れもにおいもつきにくく、さっと洗うだけでいつも清潔に保てます。カラーは全部で4色。ブルーブラック、パッションピンク、ブラウン、スノーホワイトがあります。


さいごに

thum

気持ちよくプレーするためには健康管理は大切です。かつては常識だった「運動中は水飲み禁止」も、スポーツドリンクが登場する前の時代のお話です。現代では「運動中は水分とナトリウムを摂取する」のが新常識といえます。自分の命を守るためにも常識は常に最新のものにアップデートしていきましょう。
街中では珍しくなくなったマイボトルですが、ゴルフに持参する人も増えてきました。スポーツシーンでの使用を想定してデザインされている水筒の多くがスポーツドリンクを入れての使用が可能となっています。もっともスポーツドリンクには少量ながら塩分が含まれています。水筒を長く使うためにスポーツドリンクを入れた後はすぐに洗うようにしましょう。ドリンクは自販機でも買うことができますが、保冷効果の高い水筒であれば氷も溶けにくく、ずっと冷たいままのドリンクが楽しめます。
プレー中の水分補給は命を繋ぐものでもあります。喉が渇いてから飲むのでは手遅れです。プレー中のこまめな水分補給を習慣にして熱中症から身を守りましょう。

-----
▼ゴルフグッズをお得に買うならamazon.co.jpがおすすめ
1. amazonで購入できるゴルフ関連全カテゴリをチェックする
https://www.amazon.co.jp/ゴルフ用品、ゴルフ用具全カテゴリまとめ

2. タイプ別のおすすめゴルフボールをチェックする。
https://www.amazon.co.jp/ゴルフ用品-ゴルフボールタイプ別紹介

3. 消耗品をamazonでまとめ買い
https://www.amazon.co.jp/消耗品一覧

4. Amazonの中古ゴルフクラブストアをチェックする
https://www.amazon.co.jp/中古クラブまとめ

thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

GolfPlus編集部

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る