thum

thum

初心者必見!正しいドライバーのスイング法

ゴルフを始めたばかりの人はもちろん、ゴルフ中級者にも「ドライバーのスイングがうまくいかない」と悩んでいる方も少なくありません。この記事では、ゴルフプロも採用している正しいドライバーのスイング方法をご紹介します。

2018-03-30 03:48:07

ドライバーショットの上達はスコアアップに直結する!

thum

ドライバーは、ゴルフでもっとも使用するゴルフクラブです。その理由は、ゴルフコースの長さを考えるとわかります。日本のゴルフ場の平均的なコースの長さ(ヤーゲージ)は約6,000ヤードであり、18ホールではショートホールが4つ、ミドルホールが10つ、ロングホールが4つという構成が一般的です。ショートホールではドライバーを使用することは少ないので、ショートホールの4つを除く14ホールでドライバーの出番があります。
仮に14ホールで一般のゴルファーのドライバーショットの平均飛距離である200ヤード前後のボールを打った場合、2,800ヤードとなり全体のコース距離に占める割合は半分近くになります。仮にドライバーショットの改善で飛距離が10%延びて220ヤードになった場合は3,080ヤードとなり、ゴルフコースの半分の距離を超えます。

ドライバーショットが上達すれば、飛距離を延ばすことも可能です。このようにドライバーショットが全てのコースの距離の半分を占めていることを考慮すると、ドライバーの上達は、スコアアップに直結します。

-----
▼ゴルフグッズをお得に買うならamazon.co.jpがおすすめ
1. amazonで購入できるゴルフ関連全カテゴリをチェックする
https://www.amazon.co.jp/ゴルフ用品、ゴルフ用具全カテゴリまとめ

2. タイプ別のおすすめゴルフボールをチェックする。
https://www.amazon.co.jp/ゴルフ用品-ゴルフボールタイプ別紹介

3. 消耗品をamazonでまとめ買い
https://www.amazon.co.jp/消耗品一覧

4. ラウンド必須アイテムをチェックする
https://www.amazon.co.jp/ゴルフ必須アイテムまとめ

ドライバーの握り方

thum

ドライバーの握り方(グリップ)には、これが絶対に正しい、という握り方はありません。一方で一般的な3つの握り方はあります。それは次の通りです。

・プロやアマチュアを問わずもっともオーソドックスな、右手小指を左手に重ねる「オーバーラッピンググリップ」
・手の小さい人向きとされる、右手小指と左手人差し指をからめる「インターロッキンググリップ」
・力の弱い人向きといわれる、10本の指で握る「ベースボール(テンフィンガー)グリップ」

まずは自分がしっくりくる握り方を選びましょう。選ぶポイントは実際にスイングしてみて手とクラブが一体になっている感覚を感じられるものでまずは握ってみましょう。すっぽ抜ける感じやうまく握れていない感覚がないか、何回もスイングを繰り返して確かめると良いでしょう。

ドライバーのスイング方法

thum

まずはスイングの前にボールの位置を調整しましょう。ドライバーショットのボールの位置は、左かかとの線上に置きます。ティーに乗せたボールの高さは、ボールの半分がクラブの高さの上にくるようにしましょう。ドライバーショットが他のショットと大きく異なる点は、ティーアップする点です。そのため、ドライバーのインパクトする瞬間は、最下点でボールにインパクトするのではなく、最下点を過ぎて上がる軌道になった時にインパクトします。
ボールの位置が左側にあることで、インパクトする位置が左側にズレて上がる軌道でインパクトでき、自然に下から上に振り上げるアッパーブローのスイングになります。この仕組みをしっかりとイメージできれば、自然にボールが遠くに飛ばせるようになります。なお、ドライバーショットのスタンス(両足の幅)は、肩幅より多少広めにとり、安定するように構えます。

ドライバーのスイング法は、まず重心は体の真ん中にするように意識して、両足に均等に体重を乗せます。スイングの際は、体は正面を向き、目標方向に対して平行にスイングしましょう。この際によく起こるミスが、左側にボールがあるため目線と体がボールに向いてしまい、左側に体が突っ込んだ状態になり、スイングが崩れてしまうミスです。このようなミスを防ぐために、クラブヘッドが上がりかけたポイントでボールを捉えることを意識しましょう。

また、体の中心にボールがあると意識して、そのボールを最下点で捉えるようなスイングするとうまくボールに当たるという方法もあります。この場合、クラブヘッドの軌道が自然にアッパースイングの軌道を描き、結果的に理想的なドライバーショットの軌道となります。スイング方法は個人によって感覚が異なるため、何度も練習して自分なりのイメージを確立していきましょう。

ドライバーショットの練習方法と練習グッズ

thum

ドライバーの練習方法としておすすめなのがクラブの長さを3段階に変えて、だんだん振り幅を大きくしていく練習方法です。具体的には、下記をイメージして練習しましょう。

STEP1. クラブを短く持ち、振り幅を時計の針の8時から4時と短くしてスイング
STEP2. ボールが当たるようになったら、振り幅を腰から腰の高さに変更
STEP3. さらに当たるようになれば、肩から肩の高さでスイング
STEP4. これで当たってきたら、クラブを少し長く持ち、そして先ほどのように、振り幅を徐々に変更
STEP5. 最後にフルスイングのドライバーショットを打つ

各段階で、ボールが当たらなくないようであれば、一つ前のステップに戻りスイングを修正しましょう。練習の際にも重要なことは。上記の「正しいスイングを身につける」という意識を常に持つことが大切です。現在はクラブの性能が上がっているので正しいスイングさえできれば、ドライバーショットの飛距離は確実に延びます。やみくもに練習回数を増やすのではなく、一打一打本番を意識して行いましょう。

またドライバーショットの練習グッズとして、自宅用のショット練習機や正しいスイングをすると音がなるクラブ型の練習グッズなども充実しています。なかなか練習場に足を運ぶ時間がない人や自宅でも練習したいという人でも気軽に空き時間に練習できるので、試してみてはいかがでしょうか。

さいごに

thum

ゴルフは上達することのみが目的ではなく、上達した結果としてゴルフを楽しめることが目的です。一打一打の出来具合に一喜一憂せずに、ゴルフを楽しむ気持ちを持って望めば、練習自体そのものも楽しめるようになります。今回紹介したスイング方法や練習方法でスコアアップを目指しましょう!

▼ゴルフグッズをお得に買うならamazon.co.jpがおすすめ
1. amazonで購入できるゴルフ関連全カテゴリをチェックする
https://www.amazon.co.jp/ゴルフ用品、ゴルフ用具全カテゴリまとめ

2. タイプ別のおすすめゴルフボールをチェックする。
https://www.amazon.co.jp/ゴルフ用品-ゴルフボールタイプ別紹介

3. 消耗品をamazonでまとめ買い
https://www.amazon.co.jp/消耗品一覧

4. Amazonの中古ゴルフクラブストアをチェックする
https://www.amazon.co.jp/中古クラブまとめ

thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

GolfPlus編集部

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る