thum

thum

初心者ゴルファー必見!アイアンショットのスイングの基本とは?

アイアンスイングのコツが身について、どの場面でも同じ形でスイングを打つことができれば大きな武器になります。この記事では、アイアンのスイングの基本からダウンブローの練習法、多種多様なアイアンクラブの選び方までをお伝えします。

2018-02-28 06:48:31

アイアンを使用したショットの重要性について

thum

アイアンは大きく分けて、フェアウェイからグリーンにアプローチするときに使用する「ショートアイアン」、長距離コースの第1打やグリーンまでまだ距離がある場合の第2打で使用する「ミドルアイアン」、最近はあまり使われない傾向にある「ロングアイアン」の3つがあります。アイアンは、ゴルフクラブの中でもっとも使われる頻度が高いクラブで、グリーンに近づけば近づくほど必要性が増してきます。アイアンショットは打数の5割を占めるともいわれており、アイアンショットが安定しないとスコアに大きく影響します。つまり、アイアンショットの上達はスコアアップに直結します。

-----
▼ゴルフグッズをお得に買うならamazon.co.jpがおすすめ
1. amazonで購入できるゴルフ関連全カテゴリをチェックする
https://www.amazon.co.jp/ゴルフ用品、ゴルフ用具全カテゴリまとめ

2. タイプ別のおすすめゴルフボールをチェックする。
https://www.amazon.co.jp/ゴルフ用品-ゴルフボールタイプ別紹介

3. 消耗品をamazonでまとめ買い
https://www.amazon.co.jp/消耗品一覧

4. ラウンド必須アイテムをチェックする
https://www.amazon.co.jp/ゴルフ必須アイテムまとめ

アイアンショットのスイングの基本

thum

スイングの基本は、自分の各アイアンの飛距離をきちんと把握しておくことです。例えば「自分はいつも通りのスイングをすれば7番アイアンなら140ヤード飛ばせる」と分かっているのであれば、後はその時々に応じたクラブを使用するだけです。

アイアンショットの主なミスは、アドレスとスイングのどちらか、もしくは両方とも乱れていることが原因です。アドレスは、両足を肩幅の大きさに開き、ボールの進行方向に対して平行な立ち位置をとる「スクエアスタンス」をとりましょう。ボールの位置は、7番アイアンを基準に覚えましょう。7番アイアンを使う際のボールの位置は、両つま先の間ではなく、両かかとの間です。7番アイアンを基準に、PW(ピッチングウェッジ)のような7番よりクラブの長さが短いアイアンはボールの位置が後ろにずれ、7番よりクラブが長い5番などはボールの位置が前側(ボールの進行方向側)にずれます。

アイアンのスイングに関しては、他のクラブとは異なったスイング軌道が求められます。アイアンショットは、ティーアップした状態で打つドライバーショットより、正確なゴルフヘッドのコントロールが求められる、上から打ち下ろすダウンブローをする必要があります。ダウンブローとは、クラブヘッドの下降軌道上にボールの下半分を当てる打ち方です。意識の上ではボールを浮かそうと思うので、下から上にすくい上げるように打つ形になり、ミスに繋がりがちです。

次項ではダウンブローの練習方法についてご説明します。

アイアンショットのおすすめ練習方法

thum

アイアンショットでダウンブローを打つ場合に陥りがちなミスは、主にアーリーリリースと、アッパースイングによってインパクトで軸を右足方向に倒してしまうのが原因です。アーリーリリースとは、ボールを高く飛ばしたいという気持ちからアイアンショットのインパクト前に手首の角度を開いてしまうミスです。これが起こると、クラブの最下点がボールより手前になり、ボールの頭を叩いてしまうトップが起こりやすくなります。また当たった場合でも、クラブフェースの傾斜角が増えた状態でインパクトするため、ボールが余計に上がってしまい、飛距離が伸びません。
また、アッパースイングをしてしまうと右肩が下がるか左肩が上がり、体の軸が右足側に傾いてしまいます。その結果、ボール手前を叩くダフリやボール手前にクラブの最下点がくるトップが出やすくなってしまいます。

ダウンブローのインパクトを身につけるためには、名刺を使った練習法がおすすめです。まず名刺を1枚用意して、ボールのすぐ前(進行方向側)に置き、ボールと名刺を2つとも打ちます。スイングのイメージは、クラブヘッドがボールに接触した後に名刺の手前から地面を潜って名刺の先から出てくる形です。正しくダウンブローのスイングができていれば、名刺がボールとともに目標の方向へ飛んでいきます。もし名刺がうまく飛ばない場合は、まずボールを置かずに名刺だけを打つ練習を行ってみてください。もちろん、名刺ではなく、名刺と同じサイズの厚紙などでも問題なく練習できます。

自分にあったアイアンの選び方

thum

アイアンを選ぶ際に注目したいのは、クラブヘッドの形状です。アイアンには「キャビティ」「マッスルバック」「中空」の3つのタイプがあります。キャビティは初級者から上級者まで万人向き、中空アイアンは中上級者向き、マッスルバックは上級者向きです。この中でおすすめなのはキャビティアイアンです。キャビティアイアンの特徴は、フェースの裏が窪んでいることです。フェースの裏が窪んでいるとフェースの中心より外周が重くなり、その重みのおかげで多少インパクトの芯がずれてもカバーしてくれます。
ヘッドの大きさは大きいものがおすすめです。大きければその分、スイートスポット(ボールの真芯の面積)が広くなり、またボールの飛ぶ方向も安定するのでミスを防げます。ヘッドが大きくなると操作性が悪くなりますが、まずは打ちやすいアイアンを選ぶと良いでしょう。
ソール幅は、広いものがおすすめです。ソール幅が広いとクラブヘッドの重量が下部に集まり、重心が下がってボールが上がりやすくなります。
シャフトの材質は、スチールとカーボンがありますが、初心者の人は軽くて振りやすいカーボン製がおすすめです。まとめると、初心者向きのアイアンはヘッドとソール幅が大きく、カーボン製のキャビティアイアンで、ネック形状については自分の好みに合わせるのがよいでしょう。

さいごに

thum

アイアンのスイングの基本は、ダウンブローを意識することです。これはドライバーとは異なるスイングなので、使い分けることができれば、スコアアップに繋がります。また、スイングをするにあたり、自分に合ったアイアンを選ぶことも重要です。

今回の記事を参考にアイアンのスイングの練習をして打ち方のコツを覚え、スコアアップを目指しましょう!

▼ゴルフグッズをお得に買うならamazon.co.jpがおすすめ
1. amazonで購入できるゴルフ関連全カテゴリをチェックする
https://www.amazon.co.jp/ゴルフ用品、ゴルフ用具全カテゴリまとめ

2. タイプ別のおすすめゴルフボールをチェックする。
https://www.amazon.co.jp/ゴルフ用品-ゴルフボールタイプ別紹介

3. 消耗品をamazonでまとめ買い
https://www.amazon.co.jp/消耗品一覧

4. Amazonの中古ゴルフクラブストアをチェックする
https://www.amazon.co.jp/中古クラブまとめ

thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

GolfPlus編集部

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る